銀座でカープ女子とカープファン50名が泣けるほど感動!クライマックスシリーズ1stステージ「阪神vs広島」パブリックビューイング開催!!

~「泣けるほどウマイ!広島泣きメシ」とともに~

広島県は、クライマックス進出を決めた広島東洋カープを応援するため、平成26年10月11日(土)、東京銀座の広島ブランドショップ「TAU」にて、クライマックスシリーズ第1戦“広島東洋カープ×阪神タイガース”戦のパブリックビューイングを開催しました。
これは、23年ぶりの日本シリーズ進出を目指し、クライマックスシリーズに進出した広島東洋カープの泣けるほど感動する試合にあわせて、ぜひ広島県の「泣けるほど旨い泣きメシ」を食べながら応援してほしいとの思いで企画したものです。
main image
当日は、関東の熱烈なカープファン50人が応援に集まり、カープの応援用に創作した「チャンスで焼けばカキーン!とヒット!広島県産焼き牡蠣」、「詰まってもポテッと落ちて、ポテンヒット!音戸ちりめんアンチョビポテト」など、一風変わったネーミングの「泣けるほどウマイ!広島泣きメシ」を食べながら大型ビジョンで試合を観戦しました。

盛り上げ役として、広島県出身のお笑いコンビ「ヴェートーベン」と、「カープ女子神3」のひとり、「天野 恵」さんが登場。プロのバイオリニストでもある天野さんによる、カープ応援歌の生演奏で、関東在住の熱い!カープファン50人が合唱するなど、泣けるほど感動する広島東洋カープのクライマックスの熱戦を応援しました。試合開始前には、占い錦鯉の「カープちゃん」が勝敗を予想。広島東洋カープが勝利するとカープが予想し、会場は沸きました。途中まで0対0の交戦が続いた試合は、途中で阪神タイガースに先制をされましたが、ヴェートーベンさんの声援とカープ女子天野 恵さんのヴァイオリンの演奏により、カープ応援は最高潮に。

最終的には1点を奪い返すことができず、広島東洋カープが1対0で阪神タイガースに敗れ、残念な結果にはなりましたが、翌日以降に続く試合に向けて応援歌「みやじまさん」を合唱し、次なる逆転勝利のために団結力を見せてくれたカープファンたちでした。1991年以来、23年振りの日本シリーズ進出を後押しするため、球場に行けなかったファンの方々と一丸となってのカープ戦応援イベントとなり、最後には、“広島東洋カープのホーム 広島へ行こう!”と広島観光を呼びかけました。

【「泣けるほどウマイ!広島泣きメシ」とは?】
広島県には、思わず涙がこぼれる食べ物があります。うまさ、エピソード、思いなど、泣ける理由はさまざまですが、これらを総称した広島の美味しい食べ物が「泣けるほどウマイ!広島泣きメシ」です。広島の美味しい食べ物「広島泣きメシ」を目的に旅をしてもらいたいという想いを込め、今回のパブリックビューイングでも数々のメニューを提供。

〈お問い合わせ先〉
広島県商工労働局観光課 粟根・吉野
電話 082-513-3398
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 広島県
  4. >
  5. 銀座でカープ女子とカープファン50名が泣けるほど感動!クライマックスシリーズ1stステージ「阪神vs広島」パブリックビューイング開催!!