LUSH 、2015年6月25日(木)より LGBTの人権擁護を目的に「#GAYISOK(ゲイ イズ オーケー)キャンペーン」を世界42ヵ国で実施

~キャンペーン限定ソープ『愛する権利』の売上約4,500万円を世界中の草の根団体に寄付~


【#GAYISOKキャンペーンについて】

フレッシュハンドメイドコスメブランドLUSH(ラッシュ)は、2015年6月25日(木)から7月5日(日)の期間、世界42ヵ国、825のラッシュ店舗にて、LGBTを含むセクシュアルマイノリティの人権を守り、誰もが平等に愛する権利を得られる社会を目指すことを目的とした、「#GAYISOK(ゲイ イズ オーケー)キャンペーン」を実施します。

「#GAYISOKキャンペーン」とは、「#GAYISOK」とデザインされたキャンペーン限定ソープ『愛する権利(120g/650円税込)』を世界中のラッシュ店舗およびオンラインサイトで販売し、売上げの全額(製造原価と消費税を除く)となる総額25万ポンド(約4,500万円)を、LGBTに対する人権・権利侵害に対してアクションを起こす世界中の草の根団体に寄付するものです。

本キャンペーンを実施する店舗では、「もし、あなたが誰かを愛することが犯罪だとしたら?」という問いをお客様に投げかけ、なぜ「人を愛することが、誰もが持つべき平等な権利であるのか」と思うコメントと共に、『愛する権利』ソープを持ったセルフィー(自撮り)写真をハッシュタグ「#GAYISOK」をつけて、TwitterやInstagramなどのソーシャルメディアで発信していただきます。
ラッシュは、「#GAYISOKキャンペーン」を通じて、愛する権利を応援する声を世界中に届けます。

【25万ポンド(約4,500万円)を寄付】
キャンペーン限定ソープ『愛する権利』の売上げの全額(製造原価と消費税を除く)となる総額25万ポンド(約4,500万円)の寄付は、5万ポンド(約900万円)を、本キャンペーンのパートナー団体であるAll Outへ、残りの20万ポンド(3,600万円)を、本キャンペーン限定で立ち上げる「Love Fund」という基金に集め、世界中の草の根団体へ寄付する予定です。
なお、同「Love Fund」の助成先は、6月25日からAll Outの公式サイト内「#GAYISOKキャンペーンページ」にて公募を開始します。

【キャンペーン実施背景】
世界におけるLGBTの現状について、アイルランドでは、2015年5月、世界で初めて同性婚を合法とする憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、賛成多数で同性婚の合法化が決定しました。
また、すでに半数以上の州で同性婚が認められているアメリカでは、国の最高裁判所による判決で、法の下での平等を守る憲法上の保障により、異性間だけではなく、同性カップルにも結婚する権利を与えるか否かの最終判断が下される予定です。
日本においても、2015年2月、東京都渋谷区が同性パートナーシップ条例を可決するなど、日本においてもセクシュアルマイノリティへの対応が進み始めています。

一方、全世界のうち76ヵ国では、同性間の性行為を禁じる刑法を施行しており、その中には、同性愛者に終身刑を含む禁固刑や死刑を科す国も含まれます。これは、それらの国の総人口にあたる約28億人(※1)にとって、ありのままの自分として生きていくことが、自身の自由や安全、尊厳だけでなく、大切な家族や友人の犠牲につながる可能性があることを意味しています。
また、同性婚などが合法化された国を含め、異性間婚姻者が法の下に与えられる権利や保障などを対象に、全てのセクシュアルマイノリティが、真の意味で平等の権利を受けられる国は未だ世界に存在していないのが事実です。
 
ラッシュでは、LGBTの権利は、誰もが平等に持つべき人権であると考えています。
これらの現状を、本キャンペーンを通じて世界に発信することで、誰もが平等に愛する権利を得られ、自分らしく暮らせる社会への実現につながることを願っています。
なお、同キャンペーンは、世界中の様々な都市でLGBTパレードが開催され、ストーンウォールの反乱(※2)を記念する6月下旬に合わせ実施します。

※1  出典:国際レズビアン・ゲイ協会(ILGA/International Lesbian, Gay, Bisexual, Trans and Intersex Association)より

※2     ストーンウォールの反乱とは、1969年6月28日、アメリカ・ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」が警察による捜査を受けた際、その場にいた同性愛者らが初めて警官に真っ向から立ち向かって暴動となった事件と、一連の「権力による同性愛者らの迫害に立ち向かう抵抗運動」を指す。この運動は、後に同性愛者らの権利獲得運動の拠点となった。

【キャンペーンパートナー団体「All Out」について】
「All Out」は、世界中の愛する権利において、真の平等を目指すことを目的に活動する、アメリカで設立された草の根団体です。
現在は、アメリカの他、イギリス、フランス、ブラジル、アルゼンチンにも拠点を置き、SNSやウェブを駆使し、全世界220万人のメンバーに情報を発信しています。


その他概要

【#GAYISOKキャンペーン概要】

キャンペーン名: #GAYISOKキャンペーン(読み:ゲイ イズ オーケー キャンペーン)
実施期間: 2015年6月25日(木)~2015年7月5日(日)
実施場所: 世界42ヵ国、825店舗(内、日本は135店舗参加) およびラッシュ公式サイト
実施概要:・キャンペーン限定ソープ 『愛する権利』の販売。
売上げの全額(製造原価と消費税を除く)となる総額25万ポンド(約4,500万円)が、LGBTに対する人権・権利侵害に対してアクションを起こす世界中の草の根団体へ寄付される。

             ・なぜ人を愛することが誰もが持つべき権利だと思うのかのメッセージと一緒に『愛する権利』ソープ
                を持って写真を撮り、ハッシュタグ「#GAYISOK」をつけてTwitterやInstagramなどのSNSに投
                稿。キャンペーン期間中に世界中で1,000万人へのリーチを目指します。

キャンペーンサイト:http://www.lushjapan.com/tag/gayisok
ラッシュ公式サイト:http://www.lush.co.jp

【Love Fund応募方法】
LGBTの権利を守り、LGBTの人権侵害に対して日々活動する世界中の全ての草の根団体が対象。
キャンペーン開始日の6月25日(木)から、「All Out」のオフィシャルサイト内「#GAYISOKキャンペーンページ」にて、応募申請ページを開設予定。
URL: www.allout.org/gayisok
(※ 同ページは、6月25日より閲覧可能です。)

【『愛する権利』ソープ概要】
商品名: 愛する権利(英語名: LoveSoap)
販売期間: キャンペーン期間限定販売  2015年6月25日(木)~2015年7月5日(日)
価格:650円(税込)
容量:120g
特徴:#GAYISOKのハッシュタグがデザインされた、ゴールドカラーのソープ。
香りは、レモングラスやベルガモット、ジャスミン、ローズ、イランラインなどのアロマを使用し、ラッシュのパフューム『スィート&ラブ(英語名:LOVE)』(既に販売終了)と同様のシトラスの爽やかな香りが印象的。

※「GAY(ゲイ)」の意味は、日本では男性同性愛者の意味として理解されている傾向にあるが、英語の意味は、
男性同性愛および女性同性愛両方を含む。













 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ラッシュジャパン
  4. >
  5. LUSH 、2015年6月25日(木)より LGBTの人権擁護を目的に「#GAYISOK(ゲイ イズ オーケー)キャンペーン」を世界42ヵ国で実施