妻の3人に1人 別の墓を希望

最近のお墓事情と男女の価値観の違いが明らかに!!

最近ではエンディングノートや終活が騒がれています。相続セミナーも数多く開催されていて、どこも受講者でいっぱいな状況です。そして、夏と言えば・・・故郷に帰省してお墓参りに行く方も多いでしょう。保険ショップ『保険クリニック』を運営する株式会社アイリックコーポレーションは、そんなお墓の話題に触れる機会の多い8月に皆さんのお墓事情についてアンケート調査を実施しました。
☆調査結果概要☆

Q1.お墓は準備していますか。


◆お墓を持っていない方の約53%が購入しない!
先祖代々のお墓がある方が全体の約58%、ない方は約42%でした。
終活と言う言葉を昨年ごろからよく聞きますが、意外な結果が・・・ ない方の中で一番多かったのが、お墓を準備しない(約53%)でした。お墓を作るのか?散骨したいのか?誰が費用を負担するのか?など、お墓やお葬式の費用に関する問題はいつの時代にも付き物。家庭では事前に自分の希望を話しておくことが重要だと思います。


Q2.あなたは配偶者と同じお墓に入りたいですか。

◆女性の約32%は、夫と同じお墓に入りたくない!
夫婦なら同じお墓に入るのがあたりまえ!の風潮がありますが、妻の32.4%は別々に入りたいと考えているのが分かりました。理由は色々あると思いますが、夫婦間でも事前に話し合う機会を作ることが必要な事が分かりました。


Q3.お墓はいくらかかりましたか。また、これからの方はいくらを想定していますか。

◆想定金額と実際の金額の平均は約1.5倍!
これから購入しようと考えている人の平均金額は約99万円。購入された方の平均金額は約159万円。差が1.5倍ある事が分かりました。パンフレットやHPに書かれている金額以外にも墓石の彫刻料など付随費用がかかる場合があるので、購入前にはしっかりチェックした方が良さそうです。


Q4.お墓を託せる人はいますか。(複数回答)

◆お墓を託す人・・・1位は「子ども」 「いない」と回答した人が約23%
お墓を託す人の1位は「子ども(40.6%)」2位は「配偶者(22.8%)」3位は「いない(22.6%)」。
少子化の昨今では、将来の負担を考え永代供養墓を購入するケースも増えているようです。子孫の負担なども考慮してお墓を建てる時代なのかもしれません。


Q5.お墓参りに年何回行っていますか。

◆年1~2回が半数以上、約23%はお墓参りに行かない!
お墓参りに行く回数が一番多いのは年1回で132人(26.4%)。ついで年2回で119人(23.8%)。お盆休みやお正月休みなど、まとまった休みの時やお彼岸などに行く方が多いようです。年に1度も行かない方が119人(23.8%)と、意外にも年2回と同様2番目に多い数字となりました。最高では年50回。週に1回は通っていらっしゃる方もいました。お墓が近くにあるかどうかで、足を運ぶ回数に影響があるようです。

■アンケートの詳細
サンプル数 : 500名(男性250名、女性250名)
年    齢 : 40歳~69歳
調査方法  : Webアンケート
調査期間  : 2014年8月4日~8月5日
保険クリニックHP内アンケート詳細ページ http://www.hoken-clinic.com/teach/expedition/detail4.html

※本リリースの調査結果や分析をご利用いただく際は、『保険クリニック調べ』と明記ください。


【株式会社アイリックコーポレーション・『保険クリニック』について】
■本社所在地    
〒113-0033 東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル4・5階
■資本金   
4億4千450万円
■設立         
平成7年7月 (1995年7月)
■代表者    
代表取締役CEO 勝本 竜二
■店舗数     
全国158店舗 (2014年8月5日現在)
■取扱保険会社数  
生命保険22社、損害保険17社、小額短期保険1社 合計40社
■主な事業    
生命保険コンサルタント業、損害保険代理店業、FC店舗展開事業並びにそれに付帯する各種事業、 保険販売支援に関するソリューション事業
■URL     
http://www.hoken-clinic.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 保険クリニック
  4. >
  5. 妻の3人に1人 別の墓を希望