月刊誌『健康』12月28日発売の2月号の大特集は、年末年始に上がりやすい血糖値の対策ヘモグロビンA1cを下げる糖尿病専門医の新常識

キクイモ100名プレゼント!

2015年はいろいろなオイルの健康効果が明らかにされましたが、その決定版がマカダミアナッツ油!
なんと、肌に塗るだけで血糖値・ヘモグロビンA1cが下がることがわかりました。
糖尿病が改善する歯の磨き方も判明。どちらのやり方も、写真つきで紹介しています。
「驚くほど血糖値が下がる」と高血糖に悩む人から厚く信頼されている人気の食材キクイモ。お年玉として100名様プレゼントを実施中! 本誌内の応募券を手に入れてどしどしご応募ください!!

クリスマス、忘年会、新年会と、ご馳走を食べる機会も多いこの時期。いつもは血糖値・ヘモグロビンA1cが上がらないようにきちんと食生活を管理している人でも油断しがちです。でも、大丈夫! お正月明けから試しても、効果がばっちり期待できる【ヘモグロビンA1c下げ】の特効ワザを厳選し紹介しています。

ヘモグロビンA1cが下がる【マカダミアナッツ油のマッサージ法】【歯の磨き方】【キクイモの食べ方】は、実践した人の「強力・ヘモグロビンA1c下げ体験談」は読めば納得の充実内容! 
また、テレビでもおなじみの肥満外来専門医・島野雄実先生(北星クリニック)による、【コンビニ食を利用した楽すぎる食事法】も新年明けから手軽に取り入れられる、ありがたい“新常識ワザ”です。

発酵食品が好き、手作りしたいという人、あるいは便秘やガス腹でお悩みの人におすすめなのが【玄米乳酸菌】。これを飲んで4㎏スッとやせた人や重度の花粉症とサヨナラしたという人など、次々に登場しています。

治りにくい坐骨神経痛も消えると評判の【太ももウラのばし】、高血圧や耳鳴り、不眠など20症状を改善する【爪ツボもみ】、日本古来の食材【吉野葛】の育毛効果は証明写真つきで紹介しています。

きっと、家族全員の体の悩みに対する改善策を見つけられることでしょう。みんなが集まるこのお正月に、ぜひお買い求めのうえ、ご覧ください。
 

健康2月号 定価 本体657円+税 09855-2
12月28日発売 編集長 川内昭治 創刊1976年11月
発行:主婦の友インフォス情報社 発売:主婦の友社


<『健康』2月号内容>
■【ヘモグロビンA1cを下げる糖尿病専門医の新常識】キクイモ100名プレゼント
■【爪ツボもみ】で高血圧・耳鳴り、むくみを一掃!
■便秘、胃痛に!4㎏やせ、花粉症・アトピーにも【玄米乳酸菌】
■くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみが30分で改善!【じゃばら】
■【吉野葛】の育毛エキスでボリューム増
■腰の痛み、坐骨神経痛に3分【太ももウラのばし】
■ヘモグロビンA1c下げに【アカシアポリフェノール】
■糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞を【毒流し植物酵素】で克服
■【低分子化フコイダン】にがん抑制+消去効果を発見
■糖の吸収率を抑制【乳酸菌発酵ぶどう】
■中性脂肪の改善に【脂肪燃焼黒豆エキス】
■付録:【テンペ菌発酵の薬草茶】で血糖値がしっかり下がる


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社主婦の友インフォス情報社
  4. >
  5. 月刊誌『健康』12月28日発売の2月号の大特集は、年末年始に上がりやすい血糖値の対策ヘモグロビンA1cを下げる糖尿病専門医の新常識