【ザ・ノース・フェイス】山岳遭難を未然に防ぐために、「安全登山のためのQ&A」

映像・特設WEBサイトを7月1日に開設

2013年の山岳遭難が、統計で残る1961年以降、最多であると発表されました。
近年の登山人口増加による遭難事故は、過去10年間増加傾向にあります。
山では予測しない事が起こります。
大事なのはそのリスクがあることを認識した上で、どう対処するかを考えることです。

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)のTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)では、山岳遭難を未然に防ぐために、地図読み・気象・山岳医療・ウェアリングとパッキングの観点からそれぞれの専門家にお話を伺いました。
それらをまとめた映像・特設WEBサイト「THE NORTH FACE MOUNTAIN SAFETY Q&A」を、7月1日に開設します。
main image
「THE NORTH FACE MOUNTAIN SAFETY Q&A」WEBサイト
http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/mountain_safety/


1)気象について / 気象予報士 猪熊隆之
Q.遭難の一要因としての気象遭難について教えてください。
Q.夏山で起こりやすい遭難例を教えてください。
Q.落雷を防ぐ方法は?
Q.山の天気が変わりやすいのは何故ですか?
Q.普段の山岳気象の勉強方法は?


2)地図読みについて / 静岡大学教授 村越真
Q.遭難の一要因としての道迷い遭難について教えてください。
Q.道迷いの最大の要因は?
Q.地図読みの学習を登山で活かすためには?
Q.コンパスの勉強方法は?
Q.もし道に迷った際はどのような対処をしたらよろしいでしょうか?
Q.登山に行く方にアドバイスをお願いします。
Q.日常で地図読みをする練習方法はありますか?


3)装備について / 登山ガイド 渡辺佐智
Q.山にはどんな装備を持って行きますか?
Q.意外と知らない重要なアイテムは何ですか?
Q.山に入る前に必ず行うことは?
Q.レイヤリングの基本とその重要性は?


4)医療について / 国際山岳医 大城和恵
Q.山で多い病気や怪我は何ですか?
Q.日頃の対策は?
Q.入山中に発症しないためには?
Q.入山中に発症した際の対処方法は?
Q.熱中症とかくれ脱水症に関して教えてください。
Q.熱中症の予防方法は?
Q.注意しなければならないことは?


それぞれの回答は、ぜひ映像・特設WEBサイト「THE NORTH FACE MOUNTAIN SAFETY Q &A」をご覧ください。(7月1日開設)
http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/mountain_safety/


※ご参考資料:平成25年中における山岳遭難の概況/警察庁生活安全局地域課(2014/6/12発表)
http://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki28/h25_sangakusounan.pdf



*「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」 WEBサイト http://www.goldwin.co.jp/tnf/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ゴールドウイン
  4. >
  5. 【ザ・ノース・フェイス】山岳遭難を未然に防ぐために、「安全登山のためのQ&A」