『スマイルタッチ デンタル』を開発、販売。 歯科診療の現場をアニメ映像で支援

 株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:岡村秀樹 以下トムス)は本日、歯科診療における治療や検査を受ける子どもの診療意欲を高めるとともに、効果的・効率的な歯科診療環境を実現することを目的としたアニメ視聴端末『スマイルタッチ デンタル』を発表しました。
main image

3月中旬より同製品の予約を受け付け、5月中旬から日本国内の歯科診療施設向けにレンタルを開始する予定です。トムスは、2010年にアニメ映像を活用した小児医療向けプレパレーション(※)支援ツール『スマイルタッチ』を販売し、病児のケアを通じて小児医療の現場の効率化に貢献して参りました。今回はそのノウハウを生かし小児歯科診療の現場のサポートを図ってまいります。


 今回発表した製品は、アニメ映像を活用することで患児の不安や恐怖を緩和し、治療に対する理解や協力の取付けを促進する歯科診療施設向けアニメ視聴端末であり、小児歯科専門医との協業で制作した歯科診療を楽しく分かり易く説明する専用アニメ「はいしゃさんってなにするの?」を収録しています。また、患児に楽しみを提供し、治療中にもリラックスしてもらうための「それいけ!アンパンマン」「ドラえもん」「ふたりはプリキュア」等の人気アニメも同一端末に収録していることが特長です。これらのアニメを収録した端末を専用のアームに取り付けることによって、患児の不安や恐怖がピークにある診療チェア上での治療中にも視聴することができます。


 本製品の導入により、小児歯科診療における効果的な患児ケアの実践を促し、また患児が前向きに治療に臨める環境を整えることで「子どもの歯医者嫌い」といった課題の解決につながることも期待されます。綿密な市場調査と歯科医との協業によって開発されたハードウェアは、歯科診療のあらゆる場面で安心・安全に利用することが可能です。さらに、収録アニメを定期的に更新することにより、小児歯科診療の現場のニーズに応じたサービスを継続的に提供していきます。

◆詳細な製品概要に関しましては下記URLをご参照ください◆

http://www.tms-e.co.jp/pdf/news/2013/130304smile.pdf

 

 トムスは「世界中のあらゆる人に夢と感動を」を社是に掲げ、アニメ作品の制作を通じて社会への貢献を果たしてきました。これまで培ってきたアニメーション技術、ノウハウ、コンテンツホルダーとしての強みを集結した『スマイルタッチ デンタル』の販売を通じて、小児歯科診療のさらなる充実と発展に貢献します。

 

(※)「プレパレーション」とは、病気・検査・治療等について子どもの年齢や理解度に応じた説明を行い、理解を促すことで、子どもだけでなく家族がともに前向きに治療に取り組む意欲を引き出す医療概念であり、実践手法です。また、治療中に”大声で泣く” “治療を拒否する” 等のストレス反応を示す子どもに対し、そういった不安や恐れを軽減する手法(ディストラクション)も「プレパレーション」の一種と捉えられています。「プレパレーション」は、近年では病児ケアを行う際の重要な要素として急速に小児医療の現場に広まりつつあります。

 

©2012 Gullane (Thomas) Limited. © SANRIO CO.,LTD. © ABC・東映アニメーション
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK © baby toi
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS

 

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社トムス・エンタテインメント  スマイルタッチ企画営業部 E-mail:iryou@tms-e.co.jp
TEL:03-6382-7031(直) FAX:03-6382- 7279(直)

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社トムス・エンタテインメント
  4. >
  5. 『スマイルタッチ デンタル』を開発、販売。 歯科診療の現場をアニメ映像で支援