月刊誌『健康』3月2日発売、4月号の大特集は、治りにくくて悩ましい「耳鳴り」「難聴」封じ! 名医が発見した「耳が遠い」を解決する驚きの最新事情!!

血液サラサラには、「皮ごと玉ねぎスープ」!

不愉快な音がずっと聞こえている耳鳴り、その耳鳴りの音に邪魔されたり、そもそも聞き取る力が弱っている難聴。
「加齢現象だからしかたない」「原因がわからないから、治療法もみつからない」と言われ、苦しんできた人に、ぜひ、この特集を読んでいただきたい! 
たしかに加齢は関係しているが、何に影響し、耳鳴り・難聴を引き起こしているかが判明。
その改善策も大公開しています。

■まず、最近解明されてきた耳鳴り・難聴の原因について少し紹介しましょう。
耳の奥には音の振動に反応して揺れ、その揺れを信号化して脳に伝える器官があります。
この器官が、長く酷使され続けた結果、誤作動を起こすと耳鳴りに、磨耗してしまい音を伝える力を失うと難聴といった症状を引き起こすのです。
じつは、この大切な器官を防壁のように守っている筋肉が、やはり耳の奥に存在します。この筋肉を活性化すれば、音を脳に伝える器官も元気を取りもどし、耳の悩みは一掃! 
そうです、その具体的な特効法を今月の『健康』では大特集しています。

■自分の家族の耳鳴りを治したことから、耳鳴り治療の専門家となり5年で500人の耳鳴り患者を救った鍼灸マッサージ師監修の、「聴くだけでピタリととまる耳鳴り解消CD」も強い味方です!

■およそ100年の歴史を持つ西式健康法を代表する動作を「手足ぷるぷる」としてご紹介。血流アップの効果はすばらしく、心臓・肝臓・腎臓の難病が治った人たちの体験談も必読です。

血圧や血糖値を下げNo.1食べ物として人気の玉ねぎ。もっとも薬効を含む皮から有効成分を余すことなく抽出、作り置きができて手軽な「皮ごと玉ねぎスープ」にもご注目。管理栄養も父親の脳梗塞改善に使った特製スープです。
 

『健康』4月号 定価 本体657円+税 09855-04
3月2日発売 編集長 川内昭治 創刊1976年11月 
発行:主婦の友インフォス情報社 発売:主婦の友社


<『健康』4月号の主な内容>
■「耳が遠い」を解決する驚きの最新事情・難聴編「耳栓ウォーキング」「耳うらほぐし」、これで耳の器官が若返る!
■「耳が遠い」を解決する驚きの最新事情・耳鳴り、めまい編「首すじ押しもみ」「耳鳴り解消CD」「ハチの子」「ナギイカダエキス」でストレスなく耳鳴りが消える!
■寝ながら手足を小刻みにふるだけ。血液が勢いよく流れ出す「手足ぷるぷる」
■腸内環境もすっきり整う! 血管をしなやかにして血圧・血糖値を下げる「皮ごと玉ねぎスープ」
■寝ている間に代謝があがる「脂肪の溶ける毛布」
■たった2週間でヘモグロビンA1cが下がった!「テンペ菌発酵の薬草茶」
■肥満、高血圧、高血糖などに効果大!「発酵黒豆エキス」
■別冊付録・毒流し植物酵素



 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社主婦の友インフォス
  4. >
  5. 月刊誌『健康』3月2日発売、4月号の大特集は、治りにくくて悩ましい「耳鳴り」「難聴」封じ! 名医が発見した「耳が遠い」を解決する驚きの最新事情!!