【ダスキン】 ディーン・フジオカさんが“家事シェルジュ”に就任 新TVCM「家事シェルジュ登場」篇 3月26日(土)よりオンエア開始

ディーン・フジオカさんが“家事シェルジュ”に就任 「お待たせしました奥様…全て私にお任せください!」 家事に疲れた奥様の助っ人を、クールに熱演

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村輝治)は、暮らしのお困りごとに応える新アンバサダーとして、俳優のディーン・フジオカさんを起用し、新TVCM「家事シェルジュ登場」篇(30秒)を3月26日(土)から全国で放送開始いたします。
<企画意図>
ダスキンでは、キッチン、浴室、エアコンなどのハウスクリーニングや家事代行サービス、マット・モップのレンタルから害虫駆除まで、毎日の暮らしを快適にしてトータルにお困りごとを解決するさまざまな商品・サービスを提供しています。


新CMの訴求ポイントとしては、「おうちに関することなら、なんでも真っ先に相談できる、そんな存在でありたい。」という想いで“家事シェルジュ”(家事+コンシェルジュの造語)という言葉とアンバザダーを設定。アンバサダーには俳優のディーン・フジオカさんを起用しました。ストーリーを通じて、「家事のお困りごとは、なんでも“家事シェルジュ”=ダスキンにお任せください。」というメッセージを込めています。

<CMストーリー>
呼び鈴を押す手元のアップ。「チーン!」という音が鳴ると同時に、暗闇の中から、スポットライトの中心へゆっくりと歩を進める男性の人影が見えてきます。「おうちの中では日々、目を背けたくなるような出来事が起きています」と姿を現したのは、“家事シェルジュ”ことディーン・フジオカさん。一歩足を踏み出すと、床にたまったホコリが次々と舞い上がり、浴槽やエアコン、レンジフードと、家の中に汚れたものを見つける毎に表情が険しくなり、「舞い上がるハウスダスト」「手に負えない汚れ」「汚れ!」「汚れ!!」と語気を強めます。今度は床下に潜り込んだディーン・フジオカさん。そして襲い来る害虫たちと、シロアリに食い荒らされた柱のあまりの惨状に声を震わせます。リビングに戻り、「もはや事件です。そう!2時間ドラマを一本作れるほどの」と俯瞰のカメラに向かって語気を強め、どこかへ歩いていくディーン・フジオカさん。たどり着いた先には、まるで事件現場のように倒れる女性が。その手元には、冒頭に出てきた呼び鈴も見えます。倒れている女性に、ゆっくりと顔を近づけたディーン・フジオカさん。眼鏡を外し、「お待たせしました、奥様」と優しく囁くと、精根尽き果てた女性が「私にはもう時間がないわ」と声を振り絞ります。そんな彼女に優しい眼差しを向けるディーン・フジオカさん。ラストは、「全て私にお任せください。“家事シェルジュ”に」と、頼もしい言葉をかける姿で締めくくります。

<CM概要>
作品名 : 「家事シェルジュ登場」篇(30秒)
撮影時期 : 2016年2月
出演 : ディーン・フジオカ
放送日 : 2016年3月26日(土)より全国(一部地域を除く)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ダスキン
  4. >
  5. 【ダスキン】 ディーン・フジオカさんが“家事シェルジュ”に就任 新TVCM「家事シェルジュ登場」篇 3月26日(土)よりオンエア開始