MRシステム「MREAL(エムリアル)」の操作性が向上 2種類のアプリケーションソフトウエアと基盤ソフトウエアを発売

キヤノンは、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実感)システム「MREAL」の、利便性の向上を実現する2種類のアプリケーションソフトウエアと、バージョンアップした基盤ソフトウエアを、2014年10月14日より発売します。
「MREAL」(2012年7月発売)は、製造業や建築・建設業における設計・製造の現場などで、デザインの検証や試作回数を削減し、開発期間やコストの圧縮を実現する支援ツールとして、市場から高い評価を得ています。このたび、11種類(※1)の3Dデータフォーマットを「MREAL」に読み込み表示させることが可能な“MREAL Visualizer 2.0”と、3Dソフトウエア(※2)を「MREAL」へダイレクトにつなぎ連動させることが可能な“MREAL Direct Viewer 1.0”の2種類のアプリケーションソフトウエアを発売します。さらに、「MREAL」の基盤となるソフトウエア「MREAL Platform MP-110」(2013年12月発売)の後継として、各種設定作業の簡略化を実現する“MREAL Platform MP-120”シリーズ(※3)を発売します。

■ 11種類の3Dデータフォーマットの読み込みを可能にする“MREAL Visualizer 2.0”
“MREAL Visualizer 2.0”と、各フォーマットに対応したImporterを組み合わせることで、11種類の3Dデータフォーマットを「MREAL」に読み込み、表示することができます。

■ 3Dソフトウエアと「MREAL」の連動を実現する“MREAL Direct Viewer 1.0”
3Dソフトウエアと「MREAL」を接続する、アプリケーションソフトウエアです。3Dソフトウエア上の編集作業がリアルタイムに「MREAL」に反映され、3次元での確認を同時に行うことが可能です。

■ 容易に設定作業を行うことが可能な“MREAL Platform MP-120”シリーズ
“MREAL Platform MP-120 Professional”は、従来複雑でノウハウを必要としたシステム環境設定の作業を簡略化します。さらに、CGと現実の物体の奥行きを判定し、前後関係を正しく表示する機能など、よりリアルに表現することができます。

●MREAL Visualizer 2.0
希望小売価格(税別):150万円
発売日:2014年10月14日

●MREAL Direct Viewer 1.0
希望小売価格(税別):270万円
発売日:2014年10月14日

●MREAL Platform MP-120 Professional/Basic
希望小売価格(税別):200万円/150万円
発売日:2014年10月14日

※1 VRML以外のフォーマットを読み込むには別途Importerが必要です。詳しくは下記へお問い合せください。
※2 iCAD SX V7L3、VridgeR V4に対応します。今後順次、対応する3Dソフトウエアを増やしていく予定です。
※3 Windows8.1に対応する“MREAL Platform Basic”が「MREAL Platform MP-110」の後継です。
※4 ユーザーの用途により種類や価格が異なりますので、詳しくは下記へお問い合せください。
*iCADは、富士通株式会社の登録商標です。VridgeRは、デジタルプロセス株式会社の登録商標です。

<新製品の主な特長>
1.11種類の3Dデータフォーマットの読み込みを可能にする“MREAL Visualizer 2.0”
・主要な11種類の3Dデータフォーマットの読み込みが可能な、汎用性の高い「MREAL」専用ビューワ。各フォーマットに対応したImporterと組み合わせることで、5種類の3DCADデータは直接、その他の3DCADデータでも6種類からいずれかの中間ファイル形式への変換で、「MREAL 」へ読み込み表示させることが可能。


2.3Dソフトウエアと「MREAL」の連動を実現する“MREAL Direct Viewer 1.0”
・3Dソフトウエア(CADやビューワー)と「MREAL」を接続し、連動するアプリケーションソフトウエア。3Dソフトウエアで作成されたデータが、リアルタイムに「MREAL」に反映され、編集作業と「MREAL」による3Dでの検証作業を同時に行うことが可能。

3.容易に設定作業を行うことが可能な“MREAL Platform MP-120 Professional”
・事前に登録した特定の色に対してCGの表示を制御することで、現実映像とCGの前後関係を正しい位置に表示することが可能な「カラーマスキング機能」に、容易な色設定を可能にする新機能を追加。ガイドに合わせて30秒程度のオペレーションを行うだけで色設定の登録が可能。
・現実の物体とCGの前後関係を正しく表示させる「オブジェクトマスキング機能」を追加。奥行きを伴う正しい位置関係での検証が可能。

・「MREALマーカー」を用いたシステムの構築を行う際には、部屋の広さや体験領域などの情報から、適切な配置を算出し図面を作成することで、マーカーレイアウトを支援。
・MREALディスプレイを使用中に、他のユーザーや壁などの障害物に近づいた時には、ディプレイの画面上に衝突警告のアイコンを表示。周囲の人や障害物への接触を避けながら「MREAL」の体験が可能。

 



<MR(Mixed Reality)技術について>
MR(Mixed Reality:複合現実感)とは、現実世界とCGをリアルタイムに違和感なく融合させる映像情報処理技術です。MRをシステム化した「MREAL」は、CGがあたかも目の前で現実世界に存在しているかのような臨場感を提供します。


(1) MREALディスプレイに内蔵された左右一対のビデオカメラによって現実世界を撮影し、その映像をコンピューターへ送る。
(2) 映像処理や位置検出センサー、あるいはその両方を組み合わせた位置合わせ技術により、コンピューター内のCGと現実世界の映像を高精度に融合し、MREALディスプレイに搭載された小型表示ディスプレイに表示。
(3) 先進的な技術を結集した光学システムでディスプレイの映像を拡大し、臨場感のある立体映像をユーザーの眼に伝達。

<製品展示情報>
MRシステム「MREAL」は、キヤノンの下記拠点で実際に使用感や操作性を体感することができます。

●キヤノンITソリューションズ 天王洲MREALスタジオ(天王洲)
所在地:東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
電話番号:03-6701-3328(要予約)

●キヤノンITソリューションズ 大阪MREALスタジオ(大阪)
所在地:大阪府大阪市西区土佐堀2-2-4 土佐堀ダイビル
電話番号:03-6701-3328(要予約)

※ご検討のお客さまはキヤノンITソリューションズまでお問い合わせ下さい。


<一般の方のお問い合わせ先>
キヤノンITソリューションズ株式会社 MR事業部
03-6701-3328(直通)
MRシステムホームページ:http://www.canon-its.co.jp/mr
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノンITソリューションズ株式会社
  4. >
  5. MRシステム「MREAL(エムリアル)」の操作性が向上 2種類のアプリケーションソフトウエアと基盤ソフトウエアを発売