『花椿』11月号はJeanne Detallanteによるイラスト特集 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

 今年で創刊77周年を迎えた資生堂の企業文化誌『花椿』は現在、"こいする"や"きそう"など、ひとつのことばをテーマにビューティーやファッション、アート、カルチャーなど現代女性のうつくしく心豊かな生き方に寄与する情報をお送りしていきます。また本誌だけでなく、『花椿』ウェブサイトやスマートフォンに対応した『花椿』アプリを展開し、紙媒体と電子とが融合したコンテンツを随時提供しています。

 『花椿』 11月号のテーマは"たのしむ"。巻頭特集はフランス人イラストレーター、Jeanne Detallanteによるイラスト特集です。Detallanteはプラダの2014年春夏コレクションのコラボレーションで大きな注目を集めた、いま注目のアーティストで、今回は「大人の楽しみ」をテーマにオリジナル・ストーリーを創作しました。「クレイパックをすると、ローマ時代のブロンズ像のように美しくなったような気がするわ…」「星占いの隠れた意味をじっくりじっくりじっくり吟味すること… 何時間もね」といったポエムとヴィヴィッド・カラーで彩られたシュールなイラストが並びます。何度も味わいたくなるような滋味深いストーリーをご覧ください。つづく、歌人・穂村弘の対談ゲストには翻訳家の鴻巣友季子が登場。ほぼ同世代というふたりの軽妙かつ真剣な語らいをお楽しみください。ほか、美術家・森村泰昌の「美の毒な人々」やイラストレーター・浅生ハルミンによる「美肌歳時記」などの人気連載もどうぞお見逃しなく。(文中敬称略)



■本誌の主なコンテンツ
Words / 中尾太一 「テトラの話」
Creation / C'est Rigolo! by Jeanne Detallante
Beauty&Fashion / Joy
Talk / 穂村弘×鴻巣友季子(翻訳家)
Science & Art / 「浄化」が開く美への扉(クレ・ド・ポー ボーテ)
Skincare / 美肌歳時記 秋祭
Binodoku / 森村泰昌連載 テーマ:チャーリー・チャップリン
Moment / 自然とアートとサイエンスの境界線
Museum / 「小村雪岱展 挿絵、装丁、雪岱版画」
Woman / 永井友紀子(モザイクアーティスト)
タート "美"とはなに?
Museum / 「せいのもとで lifescape」 資生堂ギャラリー
Woman / 狭間美帆(ジャズ作曲家)

■『花椿』
編集長:石井光学
アートディレクター:澁谷克彦
発行日:毎月5日
発行部数:10万部
発行形態:B5版、カラー44P
配布場所:全国百貨店の資生堂カウンター、
資生堂ギャラリーなど資生堂関連施設、代官山蔦屋書店、ナディッフなど一部書店、
VACANTなどイヴェントスペース


■WEB『花椿』
本誌では取り上げなかった撮影秘話が満載の編集後記「ハナツブヤキ」や、過去の『花椿』を厳選してご紹介する「花椿アーカイヴ」などウェブ限定コンテンツを毎月更新しています。
更新日:毎月5日、21日(月2回)

■スマートフォンアプリ『花椿』
本誌をそのまま読めるデジタル版『花椿』ほか、ビューティーページで実際に使用した商品の紹介などをiPad、iPhone、Androidでご覧いただけます。
更新日:毎月5日前後
※互換性、Android要件についてはウェブサイト上でご確認ください。

▼ 花椿ウェブサイト
http://www.shiseido.co.jp/hanatsubaki/?rt_pr=tr205

▼ 花椿11月号目次ページ
http://www.shiseido.co.jp/hanatsubaki/table/index.html?rt_pr=tr205

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr205
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 『花椿』11月号はJeanne Detallanteによるイラスト特集 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中