トップは成人1人あたりビールジョッキで年間90杯!奈良・鹿児島・埼玉がワースト3! 「ビールをよく飲む都道府県ランキング」公開

インフォグラフィックで見る全国のビール消費量

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)は、「ビールをよく飲む都道府県ランキング」のインフォグラフィックを公開しました。
■公開日:2013年7月9日(火)  ■URL: http://r.gnavi.co.jp/sp/beer/infographic/

 

 

 各都道府県の年間ビール消費量を成人1人あたりの消費量に換算し都道府県別ランキングをまとめました。

1位は「東京」45.2ℓ、年間でビールジョッキ約90杯分、1週間にビールジョッキ2杯弱飲む計算です。2位「大阪」32.4ℓ、3位「京都」30.0ℓという結果となり、大都市での消費が目立ちました。

 一方、消費量が少ないのは、47位「奈良」17.8ℓ、 46位「鹿児島」18.2ℓ、 45位「埼玉」18.8ℓという結果で、焼酎の消費量が全国1位の鹿児島は、飲むならビールよりも焼酎という認識が強いようです。ワースト1、3位の奈良、埼玉は、いずれも隣接する大都市で消費している傾向があるほか、奈良は新し物好きでミーハーな県民性であるがゆえに、飲み飽きたビールよりもフルーツカクテルやスパークリングワインなど流行のお酒を好むようです。また、埼玉は人口当たりの飲食店数が全国45位と最低水準で、飲みに行きたくても店が少ないという現状があり、ビールに限らずアルコールの消費量は少なめです。それに加えて、教育費1位、習い事費1位、旅行費2位、スポーツの年間行動者率2位と、飲酒以外にお金を使う埼玉県民の特徴がこの結果につながっていると思われます。

盛夏に向けて需要が高まるビールですが、ぐるなびでは今月からビールが探せるお店特集を開始しています。
◆ビール・ビアガーデン特集2013 URL: http://r.gnavi.co.jp/sp/beer

(※)出典:国税庁/平成23年度財務統計

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ぐるなび
  4. >
  5. トップは成人1人あたりビールジョッキで年間90杯!奈良・鹿児島・埼玉がワースト3! 「ビールをよく飲む都道府県ランキング」公開