adidas『adizero takumi sen boost 2』、『adizero takumi ren boost 2』 1月15日(金)発売

名工・三村仁司が4年をかけて開発した、勝つための保形メッシュアッパー搭載。 - 青山学院大学駅伝チーム着用モデル -

 

 

マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役: ポール・ハーディスティ)は、アディダス専属ランニングアドバイザー三村仁司(みむらひとし)氏と共同開発を行い、昨年、多くの日本人ランナーの記録更新に貢献したモデルの新作、シリアスランナー向けレーシングモデルadizero takumi sen boost 2(アディゼロ タクミ セン ブースト ツー)とシリアスランナー向けトレーニングモデルadizero takumi ren boost 2(アディゼロ タクミ レン ブースト ツー)の 2種類のランニングシューズを、2016年1月15日(金)より販売開始します。

三村仁司氏がおよそ4年をかけて開発した「Mim-lite MESH X(ミムライト メッシュ クロス)」
「日本選手を世界で勝てるように強くしたい」。その想いを胸に三村氏がおよそ4年の歳月をかけ、総力をあげて開発したメッシュ「Mim-lite MESH X(ミムライト メッシュ クロス)」が完成しました。
今回メッシュの開発に力を入れた最大の理由は、BOOST™フォーム(*1)のパフォーマンスの最大化を目論んだことにあります。BOOST™フォームの反発性を無駄なく推進力に変えるため、ダブルラッセル構造によりしっかり立ち上がった中間層が、3次元フォルムの復元性と通気層を担保し、それは同時に、走行中のシューズの形状変化にも柔軟に対応する安定したフィッティングを実現しました。
足当たりの良さが大幅に向上し、履いた瞬間から最後の一歩までフィット感が持続します。長距離を走るランナーだからこそ陥りやすい、シューズ内の“足の遊び”による不十分な力の伝達やトラブルを防ぐこのモデルは、ランナーを勝利へと導きます。

■日本人ランナーを速くするために-adizero takumi の誕生-
現代の名工、アディダス専属アドバイザー三村 仁司氏と“日本人を速くするために”をコンセプトに共同開発してきたadizero takumiは、2012年の発売以来、数多くのエリート アスリートのレースシーンを支えてきました。
2014年9月に開催されたベルリンマラソンでは、デニス・キメット選手(ケニア)がBOOST™ フォーム搭載のadizero Japan boost 2を着用し、2時間2分57秒の世界新記録を樹立。BOOST™ フォームのパフォーマンスの高さが世界に証明された翌年、初めてadizero takumiシリーズにBOOST™ フォームを搭載したadizero takumi sen boostを着用した青山学院大学 駅伝チームが活躍をみせるなど、「adizero takumi」はアスリートの挑戦と勝利を足下から力強くサポートする、まさに職人三村氏の知恵と技が詰まったシリーズです。

4代目adizero takumi 製品特徴
■安定したフィット感を実現。開発期間およそ4年の勝つ為の新素材アッパー「Mim-lite MESH X」
アッパーには三村氏がおよそ4年をかけて独自開発した保形性の高いメッシュ「Mim-lite MESH X」を使用。現在のadizero takumi sen boostと比較して、通気性、フィット感が格段に向上し、前作と比較して更なる軽量化を実現。足の可動域にあわせた適度な伸び止め、また、元の形状を維持する力が増したことで、使い込んでも崩れにくく、走る間も通気性を継続的に維持することから、まさにパートナーと呼べる1足に仕上がりました。


日本人ランナーの足型に3D でフィットする『micro FIT (マイクロフィット) レーシング ラスト』
日本人のために開発された3D 形状の『micro FIT レーシングラスト<足型>』とヒールモールドは前作同様に採用、前足部から踵までぶれないフィット感を提供します。また踵部分の補強を薄型のTPU(*2)を用い熱圧着し、ヒールカウンターのエッジをスカイビング加工したことに加え、薄素材を使用し縫製を排除したことで、ヒールカウ
ンター周りにも足当りがよく高いフィット感を実現しています。

■スピードアップを実現するBOOST™フォーム搭載
フォア・ミッドフット走法(前足部〜中足部)で接地するトップランナーのためのミッドソールには、前作同様『高
反発性能』を誇るBOOST™ フォームを小指の付根から前足部に搭載。加重と蹴り出しを推進力に、よりスピー
ドを生み出す構造に設計しています。
また、前足部から後足部に配置されたtorsion system(*3) (トルション システム)が、スピードランナーのプロネーション(足裏のねじれ運動)を制御し、着地の安定感とコントロール性能を向上させています。

■グリップ性能の追求
アウトソール前足部には、『コンチネンタルラバー』を採用。濡れた路面で約39%、乾いた路面で約32%(当社比)向上させたグリップ性能により推進をサポートし、日本人の足にあった『Dual Stencil Process quickstrike(*4)』は、トレッド(独立した接地面部分)の耐久性、耐摩耗性に加え、強いしなやかな蹴り出しや、軽量性、そしてグリップ性能の向上を実現しています。踵部分には優れた耐摩耗性を誇るadiWEAR を採用することでソール寿命を高めました。

*1. 構想から商品化まで約8 年。ドイツに拠点を置く化学会社である、アディダスのテクノロジー パートナーBASF(ビーエーエスエフ)社と共同開発したミッドソール素材。主な機能として、単一素材で高次元の相反する衝撃吸収性と反発性を併せ持ち、高い耐久性と耐温性を誇る。
※(自社研究機関adidas Innovation Team 調べ。)
*2. Thermoplastic Polyurethane(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)
*3. 1989 年に初めて採用されたプロネーションを制御する機能
*4. ウレタン樹脂を突起上に成形した分割配列形状のアウトソール


【商品情報】
●商品名 :
adizero takumi sen boost 2 (アディゼロ タクミ セン ブースト ツー)
adizero takumi ren boost 2 (アディゼロ タクミ レン ブースト ツー)
adizero takumi ren boost 2 Wide (アディゼロ タクミ レン ブースト ツー ワイド)
adizero takumi ren boost 2 W (アディゼロ タクミ レン ブースト ツー ウィメンズ)
●URL: http://shop.adidas.jp/running/takumi/

■adizero takumi sen boost 2 「駅伝、サブ3ランナー向けレーシングモデル」
●展開カラー:
AF4019: ショックグリーン S16/コアブラック/ブルーグロー S16
AF4020: スーパーパープル S16/コアブラック/セミソーラーライム
AF4021: クリアオニックス/コアブラック/ビスタグレイ S15
●サイズ: ユニセックス: 22.0cm〜30.0cm
●高低差: 6mm
●シューズ片足重量: 約170g(27cm)
●発売日: 2016年1月15日
●自店販売価格: ¥16,500(税別)

■adizero takumi ren boost 2 / adizero takumi ren boost 2 Wide / adizero takumi ren boost 2 W
「”sen”より踵のクッション性を向上させ、コンチネンタルラバーと後足部の耐摩耗性ラバーを大型化した、エリートランナー向けトレーニングモデル、サブ3.5ランナー向けレーシングモデル。」
●展開カラー:
AF4042: FTWRホワイト/コアブラック/ショックグリーン S16
AF4043: スーパーパープル S16/コアブラック/FTWR ホワイト
AF4037: FTWRホワイト/コアブラック/パープルグローS16(W)
AF4036: FTWRホワイト/コアブラック/プリズムブルーF13(W)
AF4041: クリアオニックス/コアブラック/ソーラーレッド(Wide)
●サイズ: メンズ: 24.5cm〜30.0cm、ウィメンズ: 22.0cm〜26.0cm、ワイド: 24.5〜30.0cm
●高低差: 9mm
●シューズ片足重量: 約195g(27cm)
●発売日: 2016年1月15日
●自店販売価格: ¥15,500(税別)

■取扱い店舗:
全国のアディダス直営店(http://www.adidas.jp/shop/)、
アディダス オンラインショップ(http://shop.adidas.jp/running/takumi/)、
adidas RUNBASE(http://adidas.jp/running/runbase/)、
アディダス取扱店(一部店舗除く)

商品イメージ
■adizero takumi sen boost 2

品番: AF4019
カラー:
ショックグリーン S16/
コアブラック/
ブルーグロー S16

■adizero takumi ren boost 2
 


品番: AF4042
カラー:
FTWRホワイト/
コアブラック/
ショックグリーン S
 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アディダス ジャパン株式会社
  4. >
  5. adidas『adizero takumi sen boost 2』、『adizero takumi ren boost 2』 1月15日(金)発売