パイオニア 「社会イノベーション2014 老朽化対策展」に出展

~物体内部の透過イメージングが可能な「テラヘルツスキャナー」を参考展示~

パイオニアは、2014年10月29日(水)~31日(金)にパシフィコ横浜で開催される「社会イノベーション2014 老朽化対策展」に出展します。
「社会イノベーション2014」は、さまざまな社会問題の解決策を模索している国内外の企業や団体が、新たなパートナー関係の構築や技術・ソリューションを生み出すために集まる総合展示会です。「老朽化対策展」は、限られたリソース(資金、人手)で、効率的かつ正確にインフラの維持管理を実現するためのソリューションが集まる展示会です。
当社は、光と電波の両方の特性を持つテラヘルツ波を利用して物体内部の透過イメージングを行える「ヘッドスキャン型テラヘルツスキャナー」と小型の「ハンディヘッド型テラヘルツスキャナー」を参考展示します。
【「社会イノベーション2014 老朽化対策展」概要】
・期間 : 2014年10月29日(水)~31日(金)
・会場 : パシフィコ横浜
・公式サイト : http://expo.nikkeibp.co.jp/social/exhibit/infrastructure/
・パイオニアブース : 3207

【主な出展内容】 
■ヘッドスキャン型テラヘルツスキャナー
光励起(れいき)方式のテラヘルツ発生素子を用い、さまざまな測定対象物の内部を簡単に透過イメージングできるヘッドスキャン型テラヘルツスキャナーです。物体の奥行き方向の計測が可能なテラヘルツパルスエコー方式を採用したヘッド部を、スキャンメカニズムに搭載することで、物体内部の透視像を3次元的に得ることができるほか、積層された物体の断面形状の観察が可能です。封筒やかばん内部に隠された危険物の透視などのセキュリティー用途や、塗装/薄膜の厚み計測、壁や構造物の欠陥/欠損診断、コーティングの剥離診断などの非破壊検査用途を想定しています。

■ハンディヘッド型テラヘルツスキャナー
光励起方式のテラヘルツ発生素子をテラヘルツ発信/受信源に採用した、ハンディヘッド型テラヘルツスキャナーです。テラヘルツパルスエコー方式の採用と小型軽量なハンディヘッドを採用することでコーティングや塗装膜の厚み、剥離状況を非接触で簡単に計測することができます。また本体部は、新開発の光学遅延機構と励起光源をコンパクトに収納。バッテリー駆動も可能で設置形態、測定環境も選びません。

<テラヘルツ波について>
光と電波の両方の特性を兼ね備えているテラヘルツ波は、布、紙、木、プラスチック、陶磁器を透過し、金属や水は透過しない特性を持つため、物体内部の透過像の取得や分子相互作用の検出が可能です。セキュリティー分野や分光分析分野(物質に入射した光が、物質に含まれる原子や分子の種類に特徴的な変化を示すことを利用した分析)などへの応用に大きな期待が寄せられています。

【当社の研究開発成果を出品する展示会予定と展示内容(既出品展示会情報も含む)】
http://pioneer.jp/corp/crdl_design/crdl/ex/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パイオニア株式会社
  4. >
  5. パイオニア 「社会イノベーション2014 老朽化対策展」に出展