【調査レポート】~ソーシャルメディア間の利用者の乗り換え傾向が活発に!~ ソーシャルメディアの利用頻度が低下した理由、約3割が「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」と回答

main image
PR事業を手がける株式会社ベクトル(所在地:東京都港区 代表取締役社長:西江肇司、以下:ベクトル)の子会社 株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己、以下:PR TIMES)は、ソーシャルメディアに登録するユーザー5,616名を対象に『ソーシャルメディアの利用動向調査』を実施致しました。(調査期間:2011 年 3 月9日~3月14 日)

今回PR TIMESが実施したソーシャルメディアユーザー(週1回以上ソーシャルメディアを利用)への調査によると、現在利用頻度の高いソーシャルメディアは、mixi、ブログ、Twitter、Youtubeの順となり、他のソーシャルメディアを大きく10ポイント以上引き離す結果となりました。また、「過去利用していたが現在全く利用していない」または「利用頻度が著しく低下した」ソーシャルメディアが“ある”と回答した人は3人に1人(32.6%)となり、その理由として約3割(28.2%)のユーザーが「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」と回答しました。加えて、利用頻度が著しく低下した(利用しなくなった)時期について、約6割のユーザーが「過去1年以内」と回答するなど、ここ最近におけるソーシャルメディア間の活発な乗り換え傾向が浮き彫りになりました。


調査結果の詳細は以下の通りです。
・調査主旨 日本国内ソーシャルメディアユーザーの利用動向調査
・調査方法 インターネットを利用したアンケート調査
・調査地域 全国
・調査対象 10代~60代・男女
・有効回答数 5,616名
・調査期間 2011 年 3 月9日~3月14 日


【調査結果トピックス】
●現在登録/アカウント開設率の高いソーシャルメディアはmixi(52.4%),Twitter(41.2%),ブログ(40.3%)の順
●現在利用頻度の高いソーシャルメディアはmixi(23.9%)、ブログ(18.9%)、Twitter(17.8%)の順
●「過去利用していたが現在全く利用していない」または「利用頻度が著しく低下した」ソーシャルメディアがあると
回答した人は3人に1人(32.6%)
●利用頻度が著しく低下した(利用しなくなった)理由、「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」が約3割(28.2%)。そのように回答した人の現在利用頻度の最も高いソーシャルメディアランキング、1位mixi、2位Twitter、3位ブログ
●利用頻度が著しく低下した(利用しなくなった)時期、約6割が「過去1年以内」と回答


①現在登録率の高いソーシャルメディアはmixi(52.4%),Twitter(41.2%),ブログ(40.3%)の順
ソーシャルメディアに登録しているユーザーを対象に、「現在登録しているソーシャルメディアは何か」聞いたところ、mixiが52.4%を集め1位となり、Twitter(41.2%)、ブログ(40.3%)がそれに続く結果となりました。
また、男性と女性のソーシャルメディアの利用傾向を比較したところ、男性はTwitter、Facebook、Youtube(アカウント保有)の利用率が女性に比べて高く(8.7ポイント~18.3ポイント)、一方女性は男性に比べてmixiが12.1ポイント、ブログ5.7ポイント高いという結果になりました。

②現在利用頻度の高いソーシャルメディアはmixi(23.9%)、ブログ(18.9%)、Twitter(17.8%)の順
ソーシャルメディアを週1回以上利用しているユーザー(4,194名)を対象に、「現在利用頻度の高い」ソーシャルメディアについて調査しました。調査方法は、現在利用しているソーシャルメディアについて、利用頻度の高い順に1位~3位まで回答した上で、それぞれの回答1件あたり、各3~1ポイント(1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント、)を配分し、ポイントを合算することで算出しました。その結果、現在利用頻度の高いソーシャルメディアとして、1位mixi、2位ブログ、3位Twitter、4位Youtubeとなりました。
(※2つ、3つ以上のソーシャルメディアを利用していない場合はそれぞれ1位、2位のみ回答しています。)

③「過去利用していたが現在全く利用していない」または「利用頻度が著しく低下した」ソーシャルメディアがあると回答した人は3人に1人(32.6%)
ソーシャルメディアを週1回以上利用しているユーザー(4,194人)を対象に「過去に利用していたが現在は全く利用していない」または「利用頻度が著しく低下した」ソーシャルメディアがあるか聞いたところ、約3人に1人(32.6%)が『ある』と回答しました。

④利用頻度が著しく低下した(利用しなくなった)理由、「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」が約3割(28.2%)
「過去に利用していたが現在は全く利用していない」または「利用頻度が著しく低下した」ソーシャルメディアがあると答えた人を対象に、その理由を聞いたところ「飽きたから」と回答した人が40.6%で1位となりました。続いて40.1%を集め「更新(書き込み)・閲覧・参加が面倒になったから」が2位、「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」が約3割(28.2%)を集め3位となりました。
また、比較的少数の意見としては、「訪問者・利用者が少なく参加している実感がわかなかったから」が11.7%、「炎上・荒らしにあったから」が3.2%となりました。

加えて、ソーシャルメディア別にその理由を聞いたところ、mixiとブログが「更新(書き込み)・閲覧・参加が面倒になったから」という回答が多く、GREE、モバゲーが「飽きたから」という回答が比較的多いという結果になりました。


⑤“利用しなくなった”理由について「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」と回答した人で、最も利用頻度の高いソーシャルメディアは、1位mixi,2位Twitter,3位ブログに
“利用しなくなった”理由について「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」と回答した人を対象に、最も利用頻度の高いソーシャルメディアは何か聞いたところ、1位mixi(25.3%),2位Twitter(24.0%),3位ブログ(19.3%)という結果になりました。

⑥利用頻度が著しく低下した(または利用しなくなった)時期、約6割が「過去1年以内」と回答
過去に利用していたが現在は全く利用していない」、または「利用頻度が著しく低下した」ソーシャルメディアがあると答えた人を対象に、各ソーシャルメディア毎に“利用しなくなった”時期について聞いたところ、約6割が「過去1年以内」と回答しました。

調査結果の詳細は以下ページよりご覧いただけます。
http://www.slideshare.net/prtimes/2011413
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社PR TIMES
  4. >
  5. 【調査レポート】~ソーシャルメディア間の利用者の乗り換え傾向が活発に!~ ソーシャルメディアの利用頻度が低下した理由、約3割が「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」と回答