フリースケール、急速に成長するモバイルPOS端末市場に向けて、セキュリティ機能に優れたKinetisマイクロコントローラを拡充

市場で最もセキュアなARM Cortex-Mクラス・マイクロコントローラの量産開始とともに、 次世代モバイルPOSアプリケーション向けの低消費電力製品も発表

2015年11月17日米国Freescale Semiconductor, Inc.発表本文の抄訳です。

フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、ARM® Cortex®-Mテクノロジをベースとする業界で最もセキュアなマイクロコントローラ・ファミリ「Kinetis(キネティス)K8x」の量産を開始したことを発表しました。また、ピン互換性のKinetis KL8xファミリについても発表が行われています。Kinetis KL8xファミリは、Kinetis K8xと同じトップクラスのセキュリティ機能を多数備えつつ、エネルギー効率に優れたARM Cortex®-M0+コアを活用し、POS端末など、セキュアなモバイル・アプリケーションに対応します。

非接触式のキャッシュレス決済の便利さが一般ユーザの間に浸透する中、世界中の小売業者がモバイルPOSソリューションの開発を続けています。市場調査会社IHSによると、モバイルPOS端末の導入数は2018年までに8000万台以上に達するものと見込まれています。市場の急速な成長に対応しつつ、「モノのインターネット(IoT)」時代の最新のモバイル決済技術に求められる厳格なセキュリティ要件とバッテリ寿命要件を満たす技術とソリューションをモバイルPOSシステム・メーカーは必要としています。

Kinetis KL8xマイクロコントローラ・ファミリは、このようなニーズを満たすだけでなく、優れた処理性能、暗号化/改ざん検知機能、超低消費電力性能を兼ね備えており、従来型のモバイルPOS端末やピンパッド(暗証番号入力端末)の枠を超え、スマートフォンやタブレットに接続するタイプのカード・リーダーや、ウェアラブル・テクノロジに組み込むタイプのカード・リーダーなど、消費電力の制約が非常に厳しいアプリケーションにも対応します。

フリースケールのマイクロコントローラ部門マイクロコントローラ・プラットフォーム担当ディレクタであるスティーブ・タテオシアンは、次のように述べています。「新しいマイクロコントローラ製品は、組込みセキュリティ分野におけるフリースケールのリーダーシップを強固にする一方、モバイルPOSシステムの開発において、これまではハイエンド・プロセッサでなければ実現できなかった機能を手軽に利用できるようにします。現在、フリースケールのデバイスは、PCI 4.0認証を取得した幅広いPOSシステムで利用されており、今回の最新Kinetisマイクロコントローラは、IoT時代に必要とされるセキュアなモバイル決済技術の輝かしい未来を約束します。」

Kinetis K8x/KL8xマイクロコントローラ:世界クラスのセキュリティと電力効率
Kinetis K8x/KL8xファミリは、先進的なセキュリティ機能と省電力機能を備えています。主な特長は次のとおりです。
  • ハードウェア非対称暗号- 高速かつコード効率と電力効率に優れたデータ認証を実現し、最新の暗号化プロトコルに対応
  • タンパ検知 - 電圧/周波数/温度の変化や物理攻撃をモニタリング
  • EMV®準拠ISO 7816-3 SIMインタフェース - EMVに準拠したアーキテクチャを採用し、EMVレベル1のソフトウェア・スタックも提供
  • 消費電力2.5µAのスリープ・モード - SRAMコンテンツを維持し、RTCも有効化(KL8x)
  • クリスタルレスUSB On-The-Go(OTG)コントローラ、16ビットADC、各種シリアル通信インタフェース - 低消費電力モードでも自律的に動作可能で、CPUの介入を最小限に抑制

PCI認証を加速するTWR-POS-K81リファレンス・デザイン
新しいマイクロコントローラをサポートする開発ツールとして、フリースケールは、TWR-POS-K81も発表しました。TWR-POS-K81は、包括的なPOS用リファレンス・デザインで、PCI(Payment Card Industry)認証プロセスを加速します。K8xとKL8xの両マイクロコントローラ・ファミリをサポートし、Cirque® SecureSense™テクノロジをベースとするチップ&PIN入力用キーパッドが搭載されています。このソリューションは、PCI PTS要件に準拠しています。TWR-POS-K81モジュールは、NXPの近距離無線通信(NFC)技術を通じて、接触型/非接触型カード・モジュールと接続します。他にも、策定中のPCI PTS 4.x認証向けのアプリケーション・ソフトウェアやドキュメントが包括的に用意されており、秘密保持契約(NDA)の下で利用できます。

供給
Kinetis K8xマイクロコントローラは現在量産出荷中で、1万個購入時の1個あたりの参考価格は4.29ドル(USD)です。開発サポート・ツールとして、TWR-K80F150M Tower開発キットとFRDM-K82F Freedom開発プラットフォームが用意されています。TWR-POS-K81リファレンス・デザインは、2015年12月から提供を開始する予定で、秘密保持契約(NDA)が必要となります。

Kinetis KL8xマイクロコントローラは2015年12月に量産出荷を開始する予定で、1万個購入時の1個あたりの参考価格は2.79ドル(USD)です。2015年12月には、TWR-KL82Z72M Tower開発キットとFRDM-KL82Z Freedom開発プラットフォームも提供を開始する予定です。詳細については、フリースケール・セミコンダクタまたはお近くの販売代理店にお問い合わせください。また、www.freescale.com/kinetisのWebサイトもご覧ください。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、セキュアな組込みプロセッシング・ソリューションによって”Internet of Tomorrow”(モノのインターネットの先にある、よりセキュアなIoTソリューション)を実現します。フリースケールのソリューションは、より革新的で、世界を繋ぎ、私たちの生活をシンプルで安全なものにします。また、世界的な企業の役割として、次世代のイノベータを育むために、科学・技術・工学・数学(STEM)教育に貢献することを約束します。詳細は、http://www.freescale.com/のWebサイトをご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。 ARMならびにCortexはARM Ltd. またはEU/その他の地域における子会社の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
©2015フリースケール・セミコンダクタ・インク
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. フリースケール、急速に成長するモバイルPOS端末市場に向けて、セキュリティ機能に優れたKinetisマイクロコントローラを拡充