六甲オルゴールミュージアム 開館20周年記念特別コンサート 「久石譲。あの夏へ。~オルゴールがひらく記憶の扉~」 オルゴールが奏でる久石譲のメロディーを この夏の思い出に

阪神電気鉄道株式会社 (本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が、六甲山上で運営する「六甲オルゴールミュージアム」(博物館相当施設)では、7月11日(金)より下記の通り夏の特別コンサートを開催します。
詳細はこちら → http://www.rokkosan.com/museum/event/20140521_6434/

■ 特別コンサート「久石譲。あの夏へ。~オルゴールがひらく記憶の扉~」

コンサートの様子(イメージ)

日本を代表する作曲家の1人、久石譲の楽曲を、アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器で演奏します。久石譲の詩情あふれるメロディーとオルゴールの音色で来館者の懐かしい記憶を呼び覚ますと共に、新しい夏の思い出作りにつなげます。
【期間】 2014年7月11日(金)~8月31日(日) 【会期中無休】
【時間】 毎時 30分から各回約15分間
     *入館料のみでコンサートをご覧いただけます。
【曲目例】
「あの夏へ」(映画『千と千尋の神隠し』より)、「SUMMER」(映画『菊次郎の夏』より)、「飛翔」(映画『かぐや姫の物語』より)、「小さいおうち」(映画『小さいおうち』より)

<久石譲プロフィール>
1950年、長野県出身。作曲家。ピアノのソロ演奏や、クラシックの指揮活動、現代音楽の作品を手掛ける他、映画からCM音楽まで幅広く国内外で活躍中。その紡ぎだすメロディーは多くの人々の心を捉える。

ポリフォン54型“ミカド”

■ 久石譲の最新曲をアンティーク・オルゴールで演奏
久石譲が楽曲を手掛けた映画『かぐや姫の物語』(2013年)から「飛翔」のディスク※を本企画に向けて当館で製作し、アンティーク・オルゴールで演奏します。当館では、2005年にオリジナル・ディスクの製作を開始しました。編曲作業からディスクのプレスまで一貫して館内で行っています。これにより、現代の楽曲をアンティーク・オルゴールで演奏できるようになり、現代のミュージシャンを特集するコンサートが可能になりました。今後もこうした技術を活用し、様々な企画に取り組みます。
※オルゴールの演奏をプログラムした金属の円盤。交換することで異なる曲が演奏できる。
【楽器名】 ポリフォン54型“ミカド”
【種 類】 ディスク・オルゴール
【製作年】 1900年頃
【製作国】 ドイツ
【大きさ】 226.0H×96.0W×61.0D(cm)

神戸オルゴール

■ 抽選で来館者に久石譲の神戸オルゴール※をプレゼント♪
特別コンサートの開催期間中、来館者の中から抽選で5名様に久石譲の楽曲の神戸オルゴールをプレゼントします。
※編曲作業から製作まで当館で行っているオリジナル・オルゴール。
【応募期間】 2014年7月11日(金)~8月31日(日)
【応募方法】 館内設置の応募用紙に記入の上、応募。
      *商品の発送を以て発表に代えます。

<六甲オルゴールミュージアム営業概要>
【入館料】 大人(中学生以上)1,030円
      小人(4歳~小学生)510円
【営業時間】10:00~17:00(16:20受付終了)
【所在地】 〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲オルゴールミュージアム
TEL:078-891-1284
FAX:078-891-0111
URL:http://www.rokkosan.com/museum/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 阪神電気鉄道株式会社
  4. >
  5. 六甲オルゴールミュージアム 開館20周年記念特別コンサート 「久石譲。あの夏へ。~オルゴールがひらく記憶の扉~」 オルゴールが奏でる久石譲のメロディーを この夏の思い出に