【美容センサス2015年下期】≪美容意識編≫

女性の悩み1位は「ボディラインのくずれ」、男性は「薄毛・抜け毛」。「本来相談したい相手」の1位は「美容サロンのスタッフ」。

 

 

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)に設置された美容に関する調査研究機関である「ホットペッパービューティーアカデミー」(http://hba.beauty.hotpepper.jp/)は、このたび、全国の人口20万人以上の都市在住者のうち15~69歳の男女7,700人を対象に、美容意識と行動について調査を実施しましたので結果をご報告いたします。

◆【美容に関する意識】~【女性】【男性】~
女性の悩み1位は「ボディラインのくずれ」、男性は「薄毛・抜け毛」。

・「外見を今よりよくすること、若さを保つことへの関心」は女性は約8割、男性は約6割。よりよくすること・関心がある理由として、女性は「自分に自信を持ちたいから」がもっとも高く、男性は「外見に気をつかうのはマナーとして必要だから」がもっとも高い。

・女性の「美容において重要視するポイント」は、全年代において1位は「髪型」。10代は他の世代に比べて「ファッション」を特に重要視する傾向。男性の「身だしなみで気にしているポイント」の1位は「髪型」。年代によって「気にしているポイント」は変化する傾向に(10代~30代「髪型」、40代~50代「体臭・口臭」、60代「歯」)。「体臭・口臭」はどの年代も3位以内に。

・「感じている具体的な悩み」は、女性全体の1位は「ボディラインのくずれ」(44.6%)だが、年代により変化(10代~20代「むだ毛処理・脱毛」、30代~40代「ボディラインのくずれ」、50代~60代「白髪」)。男性の全体において1位は「薄毛・抜け毛」(26.1%)。僅差で「体重の増加」(26.0%)、「体臭・口臭」(25.0%)が続き、ほぼ横並びの状況。「薄毛・抜け毛」は30代以降、ポイントが急上昇。



◆【美容に関する他者への意識】~【女性】【男性】~
「自分の”見た目”を 意識する相手」は、女性は「同性の友人」、男性は「職場・学校の異性」が高い傾向。

・「自分の”見た目”に関して意識する相手」の女性1位は「同性の友人」(46.5%)。一方、男性は「気にする人はいない」(41.1%)に次いで、「職場・学校の異性」(28.4%)となった。



◆【自分の”見た目”に関する相談相手の理想と現状】~【女性】【男性】~
女性・男性ともに、自分の”見た目”に関して「本来相談したい相手」の1位は、「美容サロンのスタッフ」。

・女性は「本来相談したい相手」として「美容サロンのスタッフ」を28.8%が選択したが、現状「相談する相手」では17.5%にとどまる。理想と現状とのギャップは11.3ポイントともっとも大きい。特に10代が顕著。

・男性も女性同様、「美容サロンのスタッフ」を「本来相談したい相手」として選択した人が一番多い。

▼本件に関する詳細はこちらをご覧ください
http://hba.beauty.hotpepper.jp/search/census/2015-2nd-half/4129/

 ▼リクルートライフスタイルについて
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
http://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社リクルートライフスタイル
  4. >
  5. 【美容センサス2015年下期】≪美容意識編≫