12/1発売『WIRED』VOL.20 は「人工知能」と「都市」の2大特集・特別号保存版!

WIRED VOL.20 「人工知能はどんな未来を夢見るか /未来都市TOKYOのゆくえ」

世界をリードするアイデア&イノヴェイションメディア『WIRED(ワイアード)』は、12月1日に雑誌『WIRED』VOL.20を発売します。ライフスタイルからビジネスまで、あらゆるものに組み込まれていく「人工知能(AI)」と、生活の基盤となる「都市」を特集した、全260ページの完全保存版特別号。「これからの暮らし」を考えるために必読の未来ガイドです。

第1特集「人工知能はどんな未来を夢見るか」では、暮らしのすべてを変えうるAIの向かう先を考えます。ケヴィン・ケリー、ベン・ゲーツェル、DeepMindの天才創業者たちのヴィジョンから、PEZY Computingの齊藤元章や「全脳アーキテクチャ」の解明を目指す日本の科学者の挑戦まで。過熱するAIビジネス最前線や、囲碁やポーカーに挑んだAIの記録、さらにはマンガや映画、小説を通してAIを読み解いていきます。

第2特集「未来都市TOKYOのゆくえ」では、建築や都市デザインの最先端を凝縮。伊藤穰一やビャルケ・インゲルスの都市構想や、重松象平×齋藤精一、マリオ・カルポ×豊田啓介、ティム・トンプキンズ×林厚見など、10月に開催された2つのCITYカンファレンスの登壇者による「未来のTOKYOをリデザインする」ための4つの対話を掲載。さらに、山崎亮や太刀川英輔の都市ヴィジョンなど一挙公開。
http://wired.jp/magazine/vol_20/

©2015 CONDÉ NAST JAPAN. All rights reserved.

 


【第1特集】  What A.I. Wants 人工知能はどんな未来を夢見るか

◇ “Cognifying” ケヴィン・ケリー「なぜぼくらにはAIが必要なのか」

AIが世界を覆い尽くしていくことは「Inevitable」(不可避)である。果たして“彼ら”は、どんな未来をもたらすのか。テクノロジーの未来を探し続けた男、『WIRED』US版創刊編集長のケヴィン・ケリーが、最新著作『The Inevitable』(未訳)の一部を『WIRED』日本版のために緊急寄稿。

◇ベン・ゲーツェル 孤高のシンギュラリタリアンの夢想
『WIRED』日本版が9月に行った人工知能カンファレンス「WIRED A.I. 2015」に登壇したAI界の世界的権威、ベン・ゲーツェルに、カンファレンスの参加者から募った質問をぶつけてみた。AIの未来をひも解く29のヒント。

◇ DeepMind 4億ドルの超知能
グーグルが4億ドルで買収したロンドンの人工知能スタートアップ、ディープマインドはいかにして生まれ、何を目指しているのか? 3人の天才創業者たちの半生とヴィジョンに迫る。

◇わたしのシンギュラリティ・それぞれの特異点
アート、スポーツ、ビジネス、社会、クリエイティヴィティ。5つのテーマとAIの未来を、福原志保、為末大、出井伸之、ジェイムズ・バラット、石川善樹に訊いた。

◇世界AI戦争 過熱するビッグビジネスの最前線

◇エクサスケーラー 天才・齊藤元章の肖像

◇囲碁という謎 コンピューター最大の敵に挑んだAIの物語

◇人類、ポーカーにてAIを打ち負かす

◇WIRED A.I. 2015 シンギュラリティに近づいた日

◇読切SF漫画「シンギュラリティ・ロック」 

◇松田卓也「シンギュラリティへといたる道」

◇模倣せよと脳は言う「全脳アーキテクチャ」への挑戦

◇映画にみるポスト・ヒューマン・ラヴ

◇ポスト・シンギュラリティ世代のカルチャーガイド

◇はじめてのAI シンギュラリティ年譜+AI基礎用語  
など



【第2特集】Wired City 未来都市TOKYOのゆくえ

◇MITメディアラボ所長・伊藤穰一がTOKYOに見る夢
バイオロジーの可能性から東京が学ぶべきパリの文化、ウォーカブル・シティ構想まで。伊藤穰一が語る「これからのTOKYO」。

◇ビャルケ・インゲルスのNYC改造計画
ビャルケ・インゲルスが挑む、ニューヨーク「2ワールドトレードセンター」の再開発。政治家やステークホルダーの思惑が絡むこの超難物件を、彼はいかに“エピック”に仕上げようとしているのか。

◇カーラ・マリア=ロススタイン 死の都市TOKYO彷徨記

◇Redefining Design 南條史生「デザインを再定義する」

◇Dialogue 1 Art and Design 重松象平×齋藤精一「ヴィジョンなき都市へのプロトコル」

いま、東京が、建築家が考えなければいけないこととは。ニューヨークを拠点とする建築家・重松象平と東京をベースに活動するクリエイティヴディレクター齋藤精一が語った「東京の課題」。

◇Dialogue 2 Community ティム・トンプキンズ×林厚見 「『余白』という“リアル”・エステート」
タイムズスクエアをコミュニティスペースへと変えたティム・トンプキンズと、東京一面白い不動産サイト「東京R不動産」を手がける林厚見。都市空間を生み出す2人が語る “錬金術”を起こす「パブリックスペースの真のあり方」。

◇Dialogue 3 Programming マリオ・カルポ×豊田啓介「ジャガイモ・建築・シミュレーション」
建築は3次元から4次元に進化している。そのとき、建築家にはどんなマインドセットが求められるのか? 建築の未来をテクノロジーの歴史に読む異色の建築史家マリオ・カルポと、コンピューテーショナルアーキテクチャーの第一人者・豊田啓介による対談。

◇Dialogue 4 Biology デイヴィッド・ベンジャミン×ジェシカ・グリーン×林千晶「微生物から新しいデザインがはじまる」
生物学者ジェシカ・グリーン、デザイナーのデイヴィッド・ベンジャミン、ロフトワーク代表・林千晶。これからのバイオロジーは、建築や都市デザインまでをも変えていく。生物の力に未来をみる3人が語った、その未知なるポテンシャル。

◇From “Clockwork” to “Responsive” 応答する都市
UKのアーバニスト、ダン・ヒルと考える、21世紀の「公共」と都市問題。

◇猪熊弦一郎の透明なる都市

◇コペンハーゲンと豊かさのアーキテクチャー

◇Future City, the Past and the Present 新しいTOKYOのために

◇From ICF

「『郊外』に学べ」と山崎亮は言った/世界の都市総合力ランキング2015/Innovative City Forum 2015「都市の未来」を議論した3日間/太刀川英輔のアジア式“斜めの関係”論/MITメディアラボの寵児、ネリ・オックスマンのヴィジョン

◇林千晶「日本固有のアーキテクチャーを探すために」
など
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. コンデナスト・ジャパン
  4. >
  5. 12/1発売『WIRED』VOL.20 は「人工知能」と「都市」の2大特集・特別号保存版!