中田英寿氏が初監修した、日本酒情報検索アプリ『Sakenomy(サケノミー)』 登場!

日本酒の魅力を世界に発信!年内には英語版も配信予定

(株)エムティーアイは、元サッカー日本代表の中田英寿氏と共同で、スマートフォン向け日本酒情報検索アプリ『Sakenomy(サケノミー)』を開発しました。約1,000種類もの日本酒の情報を簡単に検索でき、自分好みの日本酒をレコメンドしてくれる本アプリは、本日よりiPhone版を、2015年1月(予定)よりAndroid版の提供を開始します。
『Sakenomy』は元サッカー日本代表の中田英寿氏が監修。日本を旅する中で全国各地の酒蔵を巡り、日本酒の価値を再発見した中田氏が、これを“世界にアピールしたい”という想いに至ったことから生まれました。初めてアプリの監修に携わった中田氏は、2012年にロンドンで日本酒を世界の人々に紹介するイベントを行った経験を活かし、アプリのコンセプトや使い勝手、ネーミング、デザインに至るまでアドバイザーとして制作に参画しました。
【世界唯一の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION」の出品銘柄856本の情報搭載!自分好みの日本酒と出会える、世界中の“SAKE飲み”のためのアプリ!最大級の日本酒データベースと日本酒検索アプリ初のレコメンド機能を搭載!】


<『Sakenomy』概要>
【1】日本最大級のデータベースで日本酒情報を検索。“日本酒ラベル認識機能”も搭載
 
→約1,000種類の日本酒情報を搭載。文字検索またはラベルをスキャンし、日本酒の詳細な情報を閲覧可能
【2】飲んだ日本酒を記録。4つの指標で味わいをユーザーが評価できる、便利な「利き酒マップ」
 →飲んだ日本酒の味わい、お気に入り度などを評価・記録し、他のユーザーの結果と比較することができます
【3】日本酒検索アプリ初の、“ユーザーの味覚にあった日本酒レコメンド機能”を搭載
 →ユーザーの日本酒情報の記録から、おすすめの日本酒を紹介します
【4】無料でダウンロードが可能
 →気軽に、より多くの方に利用してもらいたいと願い、本アプリは無料でダウンロードできます。

<世界にはばたく日本酒文化!全世界へ向けて『Sakenomy』多言語版を順次配信>
日本の食文化がユネスコ無形文化遺産に登録され、海外での和食人気とともに、日本酒もまた「SAKE」として注目が高まっています。そのような中、世界50カ国を旅した中田氏の“日本酒を世界に広めたい”という想いを実現すべく、年内の英語版リリースのほか、2020年の東京オリンピック開催へ向けて、仏語、中国語など、海外の様々な言語に対応したバージョンを順次配信する予定です。
日本伝統の“日本酒”に、アプリという最新技術がつながり、各国ユーザーの日本酒選びをサポートすることで、世界中の“SAKE飲み”に、日本が誇れる最高のおもてなしを提供できるよう、努めていきます。

<中田英寿氏が初監修!全国の蔵元からの情報満載の『Sakenomy』>

 

【1】日本最大級のデータベースで日本酒情報を検索。“日本酒ラベル認識機能”も搭載

世界唯一の日本酒コンペティション「SAKE COMPETITION」に出品された選りすぐりの日本酒856本をはじめとする、約1,000種類の日本酒情報を搭載しています。日本酒の名前を検索、または日本酒ラベルをスマートフォンでスキャンするだけで、日本最大級のデータベースから、以下の詳細な情報を閲覧できます。
●味の特徴
●蔵の所在地・生産地
●日本酒度・酸度・アミノ酸度・酒母・使用酵母・原料米・杜氏名・精米歩合・粕歩合・仕込み水 etc.
●利き酒マップ(味わい・香り)上で傾向が近い他の銘柄を紹介

 

【2】飲んだ日本酒を記録。4つの指標で味わいをユーザーが評価できる、便利な「利き酒マップ」

 

飲んだ日本酒の以下の情報を、マイページに記録できます。テイスティングしたお酒の味わいを利き酒マップに記録すると、同じ銘柄を飲んだ他のユーザー(みんなの味覚)や、SAKE COMPETITION審査員(プロの味覚)による利き酒結果と比較することもできます。
●“華やか” “淡麗” “穏やか” “濃厚”の4つの指標で評価できる「利き酒マップ」
●お気に入り度
●飲んだ日時と場所
●味や日本酒情報のメモ
●日本酒やアテ(おつまみ)の写真

【3】日本酒検索アプリ初の、“ユーザーの味覚にあった日本酒レコメンド機能”を搭載

ユーザーが記録した情報をアプリ内のデータベースと照合し、各自の嗜好に合ったオススメの日本酒を紹介することで、ユーザー自身がそれまで知らなかった“自分好みの一本”と出会うことができます。
●アプリ内の「飲んだ」「飲みたい」ボタン、「利き酒マップ」への入力履歴などを分析したオススメの日本酒紹介
●紹介された気になる日本酒は「飲みたい」リストへ保存

【今後の追加予定機能】
①収録銘柄・蔵元を順次増強

さらに多くの日本酒情報を集め、日本酒ファンの期待に応えます。
②英語バージョンの提供
日本へ来た外国人が、『Sakenomy』で「自分好みの一本」と出会えるように、年内に英語バージョンを提供します。
③レコメンド機能の精度をさらに向上
各ユーザーの好みを細かく分析し、日本酒ファンが手放せないアプリを目指します。
④検索した日本酒が飲める飲食店情報の紹介
文字またはラベル検索をした日本酒を取り扱っている飲食店の情報を提供します。

〔iPhone版 アクセス方法〕
App Storeで『Sakenomy』で検索、またはhttp://www.sakenomy.jp/ にアクセス ※Android版は2015年1月対応予定

<「SAKE COMPETITION 2014」 とは>
日本全国から280蔵856種の日本酒が集結し、世界一美味しい市販酒を決める、出品数世界最多、唯一の日本酒コンペティションです。
2014年9月上旬、2日間に渡り予審と決審を実施。有名蔵元や日本酒の専門家の審査を終え、5つの部門(純米部門、純米吟醸部門、純米大吟醸部門、市販価格5,000円未満のFree Style 5000、Free Style)の上位酒が決定しました。2014年10月29日(水)に行われる“SAKE COMPETITION 2014 授賞式&受賞パーティ「蔵元を囲む会」”にて、各部門のグランプリと上位酒を発表します。
「SAKE COMPETITION」を通じて世界一美味しい市販酒を選び、その情報を広く発信することで、日本酒の価値や魅力を国内外に強くアピールします。
*「SAKE COMPETITION」公式ホームページ : http://sakecompetition.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エムティーアイ
  4. >
  5. 中田英寿氏が初監修した、日本酒情報検索アプリ『Sakenomy(サケノミー)』 登場!