マイナンバーの情報漏えい対策機能を強化した「GUARDIANWALL」次期バージョンの先行評価版を無償で提供

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森晶久、以下キヤノンITS)は、情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)」と「WEBGUARDIAN(ウェブガーディアン)」の機能強化を進めています。マイナンバー情報が含まれる外部送信を検知してブロックするなど、情報漏えい対策機能を強化したGUARDIANWALL次期バージョンの先行評価版を10月上旬から無償で提供開始します。
 近頃の頻発する情報漏えい事故が示すように、外部からの攻撃を防ぐ入り口対策だけでは十分な防御ができません。入り口の防御をすり抜ける標的型攻撃やゼロデイ攻撃に対処するためにも、守るべき機密情報の外部流出を防ぐ出口対策の重要度が増しています。特に、2016年から運用が始まるマイナンバー制度では、すべての企業・事業体が適切な情報管理体制を整備することが求められており、情報の出口であるメールとWeb(外部送信)には情報漏えい対策の仕組みが不可欠です。

 キヤノンITSの情報漏えい対策ソリューションGUARDIANWALLは、メールフィルタリングや誤送信対策、メール監査などの機能により、メールからの情報漏えいを防ぎます。また、WEBGUARDIANは業務外のWeb利用の抑制に加え、SNSやWebメールなどの外部送信される情報を検査・制御する、Webからの情報漏えい対策ソリューションです。次期バージョンでは、マイナンバー制度への対応や、暗号化されたWeb通信の検査などの情報漏えい対策機能により、出口対策を強化していきます。

 さらに、人事情報やExchangeサーバーとの連携といった、運用負荷の低減に貢献する機能の開発も進めています。キヤノンITSは、今後もお客さまの要望を取り入れて、最適な情報漏えい対策ソリューションを提供することを目指していきます。

 

■主な新機能
 ・マイナンバー検出: (GUARDIANWALL、WEBGUARDIAN)
  マイナンバー情報が含まれる外部送信を検知・ブロックして情報漏えい防止
 ・HTTPS通信検査: (WEBGUARDIAN)
  暗号化されたWeb通信(HTTPS)のフィルタリングに対応
 ・人事情報連携: (GUARDIANWALL)
  LDAPなどの人事情報と連携し、人事異動を反映したフィルタリングルールを自動生成
 ・ジャーナルメールアーカイブ:  (GUARDIANWALL)
  ExchangeサーバーやOffice365と連携し、ジャーナル形式メールをアーカイブ

■GUARDIANWALL先行評価版の提供について
 キヤノンITSのホームページから申し込み後、先行評価版を無償で利用できます。
 申込開始日 : 2015年9月7日(月)
 提供開始日 : 2015年10月上旬
 申 込 詳 細 : http://canon-its.jp/guardian/product/gw/

■キヤノンマーケティングジャパングループが提供する、マイナンバーソリューション
 キヤノンマーケティングジャパングループは、「ハードウエアソリューション」「収集・管理ソリューション」「セキュリティソリューション」「コンサルティング・BPOサービス」の4つの分野でマイナンバー制度に対応したソリューションを提供していきます。
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノンITソリューションズ株式会社
  4. >
  5. マイナンバーの情報漏えい対策機能を強化した「GUARDIANWALL」次期バージョンの先行評価版を無償で提供