「Pepperが省エネのアドバイス」Pepper を活用したHEMSで3社が協業

HEMSアプリを搭載した Pepper を「PV EXPO 2016 ~太陽光発電システム施工展~」でお披露目!

SBT
2016年4月1日から始まる電力自由化は、生活者がエネルギーを考えるきっかけになり、今まで以上にエネルギー節約(省エネ)のニーズが高まることが予想されます。M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)、エナジー・ソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森上 寿生、以下ESI)、株式会社システムズナカシマ(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:中島 義雄、以下システムズナカシマ)は、ソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」を活用した「Pepper HEMSアプリ」の開発を開始しましたので、お知らせします。「Pepper HEMSアプリ」は、生活者が「快適な住環境のもと省エネを実現できる」ことを目的として開発を進めます。2016年3月2日から4日まで開催される「PV EXPO 2016 ~第7回太陽光発電システム施工展~」では、「Pepper HEMSアプリ」のプロタイトでデモを実施します。

 

HEMS機能とイベントスタッフ機能を備えた Pepper がPV EXPOでお出迎え

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。環境省が「HEMS利用の価値向上のための調査事業検討会」を開催するなど、普及促進が進んでいます。2016年4月1日からは電力自由化が始まり、生活者が電力の契約先を選択することで、よりエネルギーについて考えるようになることが想定されます。また、Pepperは、2016年1月28日から全国100店舗のソフトバンクショップで購入申込が可能となっており、今後、多くの一般家庭に普及するが予想されます。

今回、ESIでは、家のエネルギーと住環境をPepperがマネジメントして省エネをしながら快適な暮らしをサポートすることをコンセプトとしています。

Pepperは、家のエネルギー消費や太陽光発電・蓄電池の状況を把握し家族構成やライフスタイルに合った省エネのアドバイスと、室内の気温や湿度、CO2の情報から季節や天気に応じて適正にアドバイスを行います。

M-SOLとシステムズナカシマの両社がロボアプリの開発を担当し、「PV EXPO 2016 ~第7回太陽光発電システム施工展~」のESI出展ブースにおいては、「Pepper HEMSアプリ」を備えたPepperの胸のディスプレイで、HEMSの情報を参照したり、省エネの呼びかけするなどを体感していただくことが可能です。

ESIが考案した「Pepper HEMS アプリ」では、クラウドサービスとの組合せで下記の機能を提供する予定です。
(1)  エネルギーマネージメントの提供
電力消費状況・太陽光発電状況・蓄電池稼働状況の見える化
天気予報からの太陽光の発電予測・蓄電池充電量予測から、最適な電力供給方法の制御(ESI特許取得)
(2)  住環境マネジメントの提供
室温・湿度・CO2の見える化と快適な住環境にするためのアドバイス

また、出展ブースにおいては、Pepperがお客様を集客して説明を行い、アンケートまで実施します。アンケート結果はリアルタイムに参照することが可能です。

■「PV EXPO 2016 ~第7回太陽光発電システム施工展~」の概要
本イベントは、太陽電池/太陽光発電システムの研究開発・製造に関する国内最大規模の国際商談展です。

 

日時 2016年3月2日(水)~ 4日(金) 10:00 ~ 18:00(最終日は17:00まで)
会場 東京ビッグサイト(ESIは、ブースNo.E55-36に出展)
参加費 無料(事前申込制)
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
公式サイト http://www.pvexpo.jp/

 

ロボアプリ開発における協業について

M-SOLは、サイボウズ株式会社(以下サイボウズ)の業務アプリ開発プラットフォームkintoneを利用したアプリケーション開発や、kintoneをベースにした Pepper 動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」を提供しています。Smart at robo for Pepperは、エンドユーザーの Pepper 活用推進につながるだけでなく、M-SOLのロボアプリ開発効率も飛躍的に向上しました。

システムズナカシマは、kintoneを利用したクラウド版SFA「NICE営業物語 on kintone」を提供しています。kintoneを利用した開発力が評価され、CYBOZU AWARD 2015も受賞しています。

今回、サイボウズ株式会社からの紹介を受け、M-SOLとシステムズナカシマは、「Pepper HEMS アプリ」のロボアプリ開発プラットフォームとして「Smart at robo for Pepper」を利用し、Smart at robo for Pepperだけでは実現できない要件を、kintoneを利用して個別開発しました。

この度、サイボウズパートナー同士の協業に伴い、サイボウズより以下のコメントをいただいています。

「サイボウズは、M-SOLUTIONS株式会社と株式会社システムズナカシマの協業を、心より歓迎いたします。サイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」をベースにしたサービス「Smart at robo for Pepper」はプログラミング経験の有無に関わらず、Pepperの設定が可能となるソリューションです。
少子高齢化が進む日本では、新しい労働力としてロボットが注目を集めており、今回の2社の協業も、国内のロボット活用進展につながるものと確信しております。サイボウズは「kintone」の開発を通じ、M-SOLUTIONSとシステムズナカシマの取り組みを支援してまいります。」
サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 栗山圭太

M-SOLとシステムズナカシマは、今後もそれぞれの強みを活かし、kintoneをベースとしたロボアプリ開発で協業し、ESIと共に「Pepper HEMSアプリ」を軸とした省エネ推進に取り組んでまいります。

■    エナジー・ソリューションズ株式会社について
エナジー・ソリューションズ株式会社は、最新のIT技術を活用して再生可能エネルギーの有効活用と新たなライフスタイルの提案を行い、低炭素社会の実現と地球温暖化防止に寄与することを目指しています。

▼    会社概要
代表者 代表取締役社長 森上 寿生
所在地 東京都千代田区二番町3-10 白揚ビル2F
事業内容 ● 再生可能エネルギーの導入、運用、管理に関するソリューションシステムの開発及びサービスの提供
● エネルギーマネージメントに関するソリューションシステム、スマートハウス総合支援サイトの開発及びサービスの提供
● PPS事業に関するソリューションシステムの開発及びサービスの提供
● 太陽光発電システム設置者を対象としたクラブ、基金団体及び事務局の運営
● 環境保全に寄与する新エネルギー関連商品の取扱い及びサービスの提供
URL http://www.energy-itsol.com

 

■    株式会社システムズナカシマについて

株式会社システムズナカシマは、船舶用推進器のトップメーカである、ナカシマプロペラ株式会社のシステム事業部門が分離し、1985年に独立法人として設立されました。長年にわたって蓄積されてきたコンピュータの利用技術とノウハウを活かし、設計部門向けCADシステムの開発からスタートしました。また、営業担当者ごとに抱える案件情報を社内で共有し商談受注率のアップと営業担当者のスキルアップができる営業支援システムなどの開発も行っています。その他、各種システム開発から導入・運用コンサルティングまで幅広く取り組んでいます。


▼    会社概要

代表者 代表取締役社長 中島 義雄
所在地 東京都千代田区岩本町2-8-8ユニゾ岩本町二丁目ビル2階
事業内容 ● 建築設備用CADシステムの開発/販売
● 建築設備業向け顧客管理システムの開発/販売
● 営業情報管理システムの開発/販売
● スマートフォン向け各種ソフトの開発/販売業務システムの開発・販売 / コンピュータ関連機器の販売
URL http://www.systems.nakashima.co.jp/

 

■    M-SOLUTIONS株式会社について

M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボットアプリケーション開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、ロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、M-SOLは、ロボットアプリケーションの開発とコンサルティングを通じて、お客さまのビジネス拡大や業務支援に貢献します。

▼ Smart at robo for Pepperについて
Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービスです。アプリケーションの開発知識がなくても、Web画面からの操作であいさつやディスプレイ表示などいつでも自由に設定し、Pepperに思いどおりの動きをさせることができるようになります。

Smart at robo for Pepperに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://smartat.jp/robo/

※ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。
※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SBT
  4. >
  5. 「Pepperが省エネのアドバイス」Pepper を活用したHEMSで3社が協業