富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト「フジヤマNAVI」 多言語ウェブサイト開設のお知らせ

~6月の世界遺産登録を見据え、訪日旅行者向けの富士山観光情報を発信~

“富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト”「フジヤマNAVI」〔運営:富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)〕は、4月10日より英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の四ヶ国語のウェブサイトを開設しましたので、お知らせいたします。

 当社では、本年6月にも登録の可否が発表される富士山世界文化遺産登録を見据え、その1年前にあたる昨年6月より「フジヤマNAVI」を立ち上げ、富士山観光ガイドの決定版として多くのお客様にご利用いただいてまいりました。また現在、日本は観光立国の実現に向け、将来的な訪日外国人旅行者数を3,000万人とする「ビジット・ジャパン事業」に取り組んでいる最中です。こうした背景から、その優美な風貌や文化的価値により、広く日本の象徴として知られている、“富士山”を訪れる外国人観光客の今後より一層の増加が予想されます。当社では、従来の日本語版に加え、本サイトにおいても各言語ユーザーのニーズを捉えた情報をタイムリーに発信し、富士山やその周辺エリアの歴史、自然、食などの魅力をお伝えしていきます。


【サイト名称・URL】
■英語版     「Mt.Fuji Explorer」(読み:マウントフジエクスプローラー) http://mtfuji-jp.com
■中国語簡体字版 「富士山资讯网」(読み:フスゥサンズシュィンワン) http://mtfuji-cn.com
■中国語繁体字版 「富士山資訊網」(読み:フスゥサンズシュィンワン) http://tw.mtfuji-cn.com
■韓国語     「후지산 관광 정보」(読み:フジサンクァングァンチョンボ) http://kr.mtfuji-jp.com
(※参考 日本語版 「フジヤマNAVI」  http://www.fujiyama-navi.jp )


【ウェブサイトのポイント】
■英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語の四言語での多言語化に対応。
■富士山の魅力の解説やプロの写真家によるフォトライブラリー、夏の富士登山に関する情報や定番スポットである五合目や富士急ハイランドの情報を提供。
■各言語ごとにユーザーが好む(=日頃慣れ親しんでいる)コンテンツの配置や色調を使用。
■各国語利用者の訪日動機の調査結果(日本政府観光局統計調査より)に基づいた、特集コンテンツの提供(4月末情報拡充予定)

 

 

 

 

<(例1) 英語版トップページ>
すっきりした配置とシンプルな色調で構成。インパクトのある写真をメインに配置。

 

 

 

<(例2) 中国語(簡体字)版トップページ>
賑やかな色使いを用い、また、文字による情報量の多さを意識した構成。

 

 

 

<(参考1) ライブカメラ>

 

 

 

<(参考2) 富士登山情報>

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 富士急行株式会社
  4. >
  5. 富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト「フジヤマNAVI」 多言語ウェブサイト開設のお知らせ