エフセキュア、「2014年下半期脅威レポート」日本語版を公開

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:イングヴァー フロイランド、以下 エフセキュア)は、エフセキュアラボによる「2014年下半期脅威レポート」の日本語翻訳版を公開いたしました。
エフセキュアは毎半期、セキュリティ脅威に関する世界的な状況をまとめた「脅威レポート」を発刊、一般公開しています。このたび、2014年の下半期についての脅威レポートの日本語翻訳版を制作し、提供を開始いたしました。

日本での脅威の傾向

2014年下半期にエフセキュア製品のユーザから当社監視システムに報告された、日本での脅威の統計は次のような順になりました。
 
  1. Worm:W32/Downadup
  2. Trojan:W32/Autorun
  3. Exploit:JS/NuclearEK
  4. X97M.Laroux
  5. Exploit:JS/AnglerEK
  6. Exploit:SWF/Salama
  7. Exploit:Java/Majava
  8. Trojan:HTML/Kilim
  9. Trojan-Downloader:W32/Dalexis
  10. Trojan:JS/Fbook

Downadup:WindowsのMS08-067の脆弱性を悪用するワームで、インターネット、リムーバブルメディア、およびネットワーク共有を介して拡散します。過去7年間、常に世界全体に蔓延しています。

Autorun:多くの場合、感染したリムーバブルメディアとハードドライブを介して感染が拡大するワームのファミリーです。データを盗む、バックドアをインストールするなどの有害な操作を実行することができます。

2014年下半期脅威レポートの日本語版は、こちらでご覧いただけます。
http://news.f-secure.com/ThreatReport2014H2

*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エフセキュア
  4. >
  5. エフセキュア、「2014年下半期脅威レポート」日本語版を公開