「ワールドカップ開催国のブラジルでも肥満問題が悪化」microdiet.netレポート

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「ワールドカップ開催国のブラジルでも肥満問題が悪化」を公開致しました。

http://microdiet.net/abroad/000425.html
main image
2014年FIFAワールドカップ開催国であるブラジルに、全世界の注目が集まっています。

ブラジルといったら、やはりリオのカーニバルのイメージが強いですよね。女性たちは露出度の高いカーニバルの衣裳が良く似合う、健康的なメリハリボディの持ち主ばかりと思いきや、近年ブラジルでも肥満人口が増え、問題となってきているようです。
ブラジルの駅には、なんと「肥満優先席」まで設けられているとか。
http://microdiet.net/abroad/000224.html

ブラジルの国民の半数以上が標準体重を上回り、約17%が肥満といいます。

ちなみに、肥満大国アメリカの肥満率は30%超、長寿世界一の日本は3%ほど(OECD 「肥満と予防の経済学:肥満ではなく健康を(FIT, NOT FAT)」より)。
※WHO基準ではBMI30以上が肥満

ブラジルをはじめとする途上国は、近年の目覚ましい発展と共に、飢餓から肥満へと問題がシフトしていきました。特に肥満率の上昇が著しい国としては、アメリカを抜いて世界トップの肥満国となったメキシコや、ブラジル、中国などです。

このように肥満が増加した背景には、乗り物の普及や労働環境の変化によって、身体を動かす機会が減ったこと、高カロリーの油脂、動物性食品(肉類,魚,卵,乳製品)が安価で手に入るようになったこと、ジャンクフードや砂糖がたくさん入った炭酸飲料が普及したことなどがあります。

途上国や貧困層では、健康の知識や意識がそれほど高くない傾向があり、このことが肥満問題をさらに増長させているようです。これは途上国だけの問題ではなく、安価で高カロリーな食べ物を大量に供給する、先進国側にも原因があると言えます。

ブラジルのソウルフード「フェイジョン」

先進国から輸入した高カロリーで安価な食事よりも、昔からの食文化が健康的な食生活には欠かせません。
ブラジルの食卓に欠かせないのは、「Arroz e Feijao」(アホス・エ・フェイジョン)という豆料理。ブラジルの公用語であるポルトガル語でアホスは米、フェイジョンは豆という意味で、豆の煮込みをご飯にかけていただく、素朴な家庭料理。元はといえば、植民地支配をしていたポルトガルの料理のようですが、現在ではブラジルのソウルフードとなっています。アホス・エ・フェイジョンは、日本で言えばご飯とみそ汁のような存在と言ってよいと思います。

この豆料理には、白・黒インゲン豆、うずら豆、カリオカ豆などが使われることが多いそう。豆は良質な植物性たんぱく質やビタミン・ミネラル、食物繊維が含まれる、栄養価の高いヘルシーな食べ物。日本人が日常的に食べている豆腐や納豆、味噌などの大豆製品は、世界でもヘルシーフードとして有名ですが、ブラジルでも種類は違えど豆が日常食。お米が主食である点も同じです。

ジャンクフードなどの台頭により食生活が変化、そして運動量の低下。主にこれらの要因によりブラジルの肥満率が増加していると考えられています。
世界の他の国々や日本においても肥満率が増加しているのは、概ね同じ理由です。
体を動かし、体に良いものを食べることが大切なのは言うまでもありません。

詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「ワールドカップ開催国のブラジルでも肥満問題が悪化」をご参照ください。

http://microdiet.net/abroad/000425.html

■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。

■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。
個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から25年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

【本件に関するお問い合わせ先】
サニーヘルス株式会社
ネット販売・広報チーム
担当:太田・齋藤
TEL:03-6701-3002
E-mail:pr01.net@sunnyhealth.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. サニーヘルス株式会社
  4. >
  5. 「ワールドカップ開催国のブラジルでも肥満問題が悪化」microdiet.netレポート