「ベルサイユのばら」40周年記念オーディオ・ドラマ、プレイボタンで誕生!! “ベルばら”名セリフであの感動が甦る。愛の名シーンで、女子力アップ間違いなし?!

main image
9月13日から9月24日まで、松屋銀座にて「ベルサイユのばら展」が開催されている。
池田理代子の漫画が連載開始された1972年から40周年を記念し、漫画の原画、TVアニメのセル画、宝塚歌劇の舞台衣裳など、メディアミックスのコンテンツを一挙に集めた最大規模の“ベルばら”展。

エイベックス・マーケティング㈱では、この展覧会にあわせて、“ベルばら”のオーディオ・ドラマを制作し、プレイボタン(※)に収録して、展覧会場と朝日新聞社のECで販売している。
(※プレイボタンは、缶バッジ型のデジタル・オーディオ・プレイヤー。充電式でイヤフォン、ヘッドフォンをプラグインするだけで、約5時間連続再生。充電式)

1979年にNTV系で放映されたテレビアニメ全40話から、物語の主要な登場人物、マリー・アントワネット、フェルゼン、オスカル、アンドレたちの“愛の四重奏”にフォーカスし、感動の名セリフを前篇、後篇2本のドラマとして再構成している。
『ベルサイユのばら 愛と感動の名シーン{前篇}』(83分31秒)(AQZ1-50764)
『ベルサイユのばら 愛と激動の名シーン{後篇}』(96分13秒)(AQZ1-50765)の2タイトル。各\2800(本体価格\2667)
前・後篇ともにアニメの主題歌『薔薇は美しく散る』、エンディング曲『愛の光と影』収録、他、挿入歌として前篇に『私はとらわれびと』、後篇に『愛ゆえの哀しみ』を収録。
愛の名セリフ:
オスカル「この世に愛は二つある。喜びの愛と、そして苦しみの愛だ」
フェルゼン「いいや。この世の愛はたった一つ。苦しみの愛だけだ」
オスカル「私はかつてフェルゼンを愛した。お前に愛されているのを知りながらもフェルゼンを愛した。そんな私でも尚、愛してくれるのか?」
アンドレ「すべてを。命ある限り」

ベルサイユのばら展
http://www.asahi.com/event/berubara40/
朝日イベント・プラス(ECサイト)
http://shop.asahi.com/eventplus/7.1/G12070200/

ベルサイユのばら プレイボタン公式HP
http://avex.jp/verubaraplaybutton/


  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. エイベックス・マーケティング株式会社
  4. >
  5. 「ベルサイユのばら」40周年記念オーディオ・ドラマ、プレイボタンで誕生!! “ベルばら”名セリフであの感動が甦る。愛の名シーンで、女子力アップ間違いなし?!