『ニコ生と選挙 初のネット選挙を総括する』電子書籍配信開始

“選挙に行かなかった人”の分析データ付き

 

 7月21日に投開票された第23回参議院議員選挙は、インターネットを使った選挙運動が解禁されて、初めての国政選挙となりました。今回の参院選の投票率は52.61%と低調な結果となり、ネット選挙は盛り上がらなかったという意見も言われています。ですが、本当にそうなのでしょうか?

 株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川歴彦、以下角川アスキー総研)は、電子書籍『ニコ生と選挙 初のネット選挙を総括する』の販売を、9月3日より順次開始いたしました。

 本書では、ニコニコ生放送を中心に、政党や候補者がどのようにネットを活用したのか、そしてネット選挙をメディアがどのように報じたのか、初のネット選挙にまつわる様々な動きを、ニコニコ動画の七尾 功(ななお こう)政治担当部長が総括します。また、ネット選挙運動が解禁されても、それでも投票に行かなかったのはどういった人たちなのか。角川アスキー総研の独自調査による分析データ集も収録します。

 

 

 

【タイトル】   ニコ生と選挙 初のネット選挙を総括する
【著者】     七尾 功(ニコニコ動画政治担当部長)、角川アスキー総合研究所
【レーベル】    カドカワ・ミニッツブック
【希望小売価格】  200円(販売価格は電子書店によって異なります)
【発売日】     9月3日(BOOK☆WALKER、Kindleストアより。他の書店からも順次配信開始)
【URL】      http://minutesbook.jp/book/39/


【本件に関する報道関係からのお問い合わせ】
     株式会社角川アスキー総合研究所 (TEL:03-5216-8125、Mail:info@lab-kadokawa.com)

 

 

 

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 『ニコ生と選挙 初のネット選挙を総括する』電子書籍配信開始