サッカー1試合でどのぐらいのカロリーを消費している?-- microdiet.netレポート --

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「サッカー1試合で、どのぐらいのカロリーを消費している?」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000427.html

main image
サッカーの試合時間は、前半・後半45分ずつの計90分。
この間動き続ける選手は、一体どれほどのエネルギーを消費しているのでしょうか?

もちろんポジションや個人差があり一概には言えませんが、1試合で約10km走る選手もいます。
体重を65kgと仮定した場合、約1000kcal(キロカロリー)ものエネルギーを消費しています。

試合中は軽いジョギング程度~全速力までを繰り返し、ほとんどの時間において走っています。観戦していても分かるように、サッカーはかなりハードなスポーツです。太っているプロのサッカー選手を見たことがありません。脂肪が付く暇なんてないのでしょう。

一方、一般の人はそこまでハードにエネルギーを消費する機会はそう多くありません。

夏本番直前の今、この体脂肪をなんとか燃焼させなくては…そう思っている人も多いかもしれませんね。
そんなお悩みに、もしかしたら少しは役立つかもしれないのが、燃焼系フード。

食べてすぐにやせるという即効性の面はさておき、食べ物には体脂肪を燃焼させる作用を持つものがあり、科学的に解明されているものがあります。
そんな燃焼系フードの数々をご紹介します!

【唐辛子(とうがらし)】

燃焼系の代表格である唐辛子。唐辛子の入った辛いものを食べると、体が温まりいかにも体脂肪が燃焼しそうですよね。
唐辛子の辛さの元である「カプサイシン」には、代謝をUPさせエネルギーの消費を増やし、体脂肪を燃焼させる効果があります。また、血糖値を下げる働きも。
注意したいのが、カプサイシンの過剰摂取。唐辛子を料理に取り入れる程度であれば全く問題はありませんが、より強い効果を期待し、カプサイシンのサプリメントを規定量以上に飲むなどの行為は危険です。

【赤身の肉】

赤身の肉に含まれる、「L-カルニチン」は、脂質をエネルギーに変換する時に必要な成分であることから「脂肪の燃焼を助ける」とダイエット効果が期待されて一時話題になりました。
日本では50年ほど前から心臓病の治療薬としてL-カルニチンが使われていました。今でも、生まれつき脂肪をエネルギーに変えられない病気(脂肪酸酸化異常症)の治療に使われています。

L-カルニチンを多く含んでいる食べ物・食材の代表的なものは羊肉で、他の食品に比べ突出した含有量。羊肉以外には牛肉や豚肉の赤身の部分にも多く含まれていますが、野菜類やその他の食品群にはほとんど含まれていません。そのためサプリメントなどで摂取している人が多いようです。

【ココナッツオイル】

オイルといったらやせるどころか一段と太りそうなイメージがありますが、ココナッツオイルはダイエットに有効なオイルと考えられています。主成分はもちろん脂肪で、「飽和脂肪酸」が約9割を占めています。この飽和脂肪酸は「中鎖脂肪酸」と呼ばれ、自然界で最も多く含んでいるのが、ココナッツオイル。
一般的な植物油に多い「長鎖脂肪酸」と比べて中鎖脂肪酸は、消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいです。そのため、脂肪が吸収されにくく、しかも体に付いている脂肪は燃えやすくなります。
中鎖脂肪酸は善玉コレステロールの働きを助け、悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。中性脂肪の循環がスムーズになり、血管内の中性脂肪とコレステロールのバランスを保ちダイエットにも健康にも役立ちます。
ココナッツオイルは加熱による酸化にも強いですから、炒め物や揚げ物にはうってつけと言えるでしょう。


さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「サッカー1試合で、どのぐらいのカロリーを消費している?」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000427.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。
個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から25年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。


【本件に関するお問い合わせ先】
サニーヘルス株式会社
ネット販売・広報チーム
担当:太田・齋藤
TEL:03-6701-3002
E-mail:pr01.net@sunnyhealth.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. サニーヘルス株式会社
  4. >
  5. サッカー1試合でどのぐらいのカロリーを消費している?-- microdiet.netレポート --