フェリシモが東北に事業所を設立 「東北からスター商品を生み出すための事業」を開始

フェリシモは、東日本大震災から5年となる2016年3月、東北の事業者の商品開発をサポートする新事業『Startline[スタートライン]』を開始します。ウェブサイトはこちら >>> http://www.startline.info/
フェリシモでは、これまでの5年間の東北での活動(http://www.motzutkit.com/)を踏まえながら「東北の事業者にとって、これから必要になることは何か?」「私たちができることは何か?」について検討した結果、東北の事業者が主役となり、自分たちの力で未来につながる魅力的な商品を生み出せるように、ものづくり、ひとづくりの「サポート」をしていくこと、さらに、そこで生み出された商品が世界中の生活者のもとへはばたいてくためのサポートを目指して、東北に新しい事業所を開設することになりました。

『Startline[スタートライン]』の由来
Startline:スタートラインという名前には「東北の事業者にとってここがスター商品(Star)の始まり(Start)の場所となり、東北事業者→全国の企業→地球上の生活者→未来が線(line)のようにつながっていくように」という思いを込めています。

※東北の事業所につきましては、現在仙台市内にて、事務所設立の準備中です。開所は3月下旬を予定しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社フェリシモ
  4. >
  5. フェリシモが東北に事業所を設立 「東北からスター商品を生み出すための事業」を開始