阪神・淡路大震災をきっかけにはじまり、現在は東日本を応援する『神戸学校』 3月26日(土)227回目の『神戸学校』を開催~ゲストはお菓子研究家の福田里香さん~

フェリシモは95年の阪神・淡路大震災をきっかけに、人々の心の復興につながることを目指し、97年4月より毎月1回、各界の第一線でご活躍中のゲストを迎えてメッセージライブ『神戸学校』を開催しています。
東日本大震災以降は、お客さまからのご参加料全額をあしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児の支援全般に役立てていただいています。神戸学校ウェブサイト >>> http://feli.jp/kobe/

3月26日(土)開催の『神戸学校』は、227人目のゲストとして、お菓子研究家の福田里香さんをお招きし、「私にとっての『お菓子』とは~どきどき、わくわくするスウィーツのみなもと~」というテーマでお話をうかがいます。3月のゲストの詳細はこちら >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr160304/1/

■『神戸学校』 2016年3月 開催概要
ゲスト :福田 里香(ふくだ りか)さん <お菓子研究家>
テーマ:「私にとっての『お菓子』とは~どきどき、わくわくするスウィーツのみなもと~」
日 時: 2016年3月26日(土)13:30~16:00 *13:00開場
場 所: 神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地)
交 通: JR・阪神・阪急・地下鉄「三宮」より徒歩約10分
参加料: おひとり     一般 1,200円(学生 1,000円)
ペア(おふたり) 一般 2,000円(学生 1,600円)

*中学生以下の方は無料
*『神戸学校』の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています

■ゲストプロフィール
福田 里香 (ふくだ りか)さん<お菓子研究家>
お菓子研究家。福岡生まれ。武蔵野美術大学卒。多彩なお菓子レシピを提案して書籍や雑誌で活躍。レシピ本に『自分でつくるグラノーラ』『フレーバーウォーター』(文化出版局)、『フードを包む』(柴田書店)など多数。マンガ好きが高じ、著書に名作マンガのコラム&レシピ『まんがキッチン』(文春文庫)、『まんがキッチン おかわり』、フード理論のコラム集『ゴロツキはいつも食卓を襲う』(共に太田出版)がある。また、民藝にも造詣が深く著書に『津軽の民藝刺繍 こぎん刺しの本』(共著・文化出版局)やDISCOVER JAPANで連載中の「民芸お菓子巡礼」がある。装苑のフードコラム連載は16年目。

 ■『神戸学校』とは
『神戸学校』は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。3月で227回目の開催となります。

■お申し込み方法
神戸学校ウェブサイト >>> http://feli.jp/kobe/からお申し込みいただけます。

■『神戸学校』に関するお問い合わせ
神戸学校事務局 TEL:078-325-5727(平日10:00~17:00)
eメールアドレス: kobe@felissimo.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社フェリシモ
  4. >
  5. 阪神・淡路大震災をきっかけにはじまり、現在は東日本を応援する『神戸学校』 3月26日(土)227回目の『神戸学校』を開催~ゲストはお菓子研究家の福田里香さん~