JAFロードサービス隊員のオレンジ制服をリニューアル! ISO規格に基づいた改良で視認性を向上

JAF
main image
JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗 七生)は、6月1日より全国のJAFロードサービス隊員の制服をリニューアルしました。

新たな制服は、親しまれているオレンジ色の制服の印象を保持しつつ、さらに安全性を高める改良を行いました。高視認性衣服に関するヨーロッパの規格である「ISO 20471」に基づいた、性能の優れた反射材を使用し、基準を満たす面積を取り入れたデザインに変更。また、暗闇で車両のライトに照らされた際に目立つことはもとより、昼間のどのような明るさにおいても視覚的に認識できるよう、この規格に準拠した蛍光色を採用しました。

近年、昼夜を問わず、高速道路上などで停止車両に追突する事故が増加しています。この度の制服の改良により、道路上での視認性を高め、作業現場における「お客様」「周囲の通行車両」「ロードサービス隊員」のさらなる安全確保を目指しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. JAF
  4. >
  5. JAFロードサービス隊員のオレンジ制服をリニューアル! ISO規格に基づいた改良で視認性を向上