エムティーアイの100%子会社エバージーンが、新体制でパーソナル・ゲノム事業を展開

~がん10種の遺伝子解析が実施できる『DearGene スターターキット』発売~

 (株)エムティーアイの100%子会社で、2013年9月に設立した(株)エバージーンは、この度、パーソナル・ゲノム・サービスの新時代を切り開くために、長年国内外の研究機関に最先端の遺伝子解析技術を提供してきたアフィメトリクス社(本社 米国)、およびタカラバイオ(株)と新たな協力体制を確立し、事業の拡充を図ります。
 また上記の協力体制のもと、医師であり遺伝統計学の権威として数多くの研究をリードしてきた(株)スタージェン代表取締役会長の鎌谷直之氏の監修による、新たな遺伝子解析サービス『DearGene(ディアジーン) スターターキット』を、本日より販売します。
 今後、(株)エバージーンは遺伝子解析サービスにより、様々な疾病や体質に関するリスク情報を提供します。
 そして、(株)エムティーアイと(株)エバージーンは、健康増進につながる研究活動を行い、それらの成果を活かし、人々の健康意識の向上や生活習慣の改善に貢献できるような、一人ひとりにあったヘルスケアサービスの提供を目指します。
◆アフィメトリクス社とタカラバイオ(株)の強力なサポート体制で、高精度の遺伝子解析が可能に

 アフィメトリクス社は1994年に多数の遺伝子を同時に解析できる最初のマイクロアレイの販売を開始しました。

 以来、遺伝子解析市場の形成に大きく貢献するとともに、その技術は今まで多くの研究に使われており、国内外の研究者から高い信頼を得ています。
 他方、タカラバイオ(株)は、2000年にアジア最大規模のゲノム解析センターを設立し、最先端の研究をしている大学や企業から遺伝子解析を受託しています。
 現在は、マイクロアレイやシーケンサーなど、最新の機器を用いて、年間数万検体を解析しています。
 熟練した技術者が、検体のバーコード管理から、得られたデータの精度チェックまでを、標準作業書に基づき実施しており、その解析技術は国内外で高い評価を得ています。
 (株)エバージーンは、アフィメトリクス社、タカラバイオ(株)と、研究およびサービスにおいて協力体制を確立し、事業の拡充を図ります。
 今回、(株)エバージーンが新たに販売する『DearGene(ディアジーン) スターターキット』では、アフィメトリクス社製のマイクロアレイ『Axiom®』プラットフォームを採用し、鎌谷氏と共同で開発した(株)エバージーンオリジナルのマイクロアレイを用いて、タカラバイオ(株)が遺伝子解析を実施します。
 得られた解析データは、鎌谷氏が開発したリスク算出ロジックを用い、科学的エビデンスにもとづいた、より信頼性の高い遺伝子解析結果として、顧客に提供します。

◆研究協力者に『ルナルナ』会員1万人が応募!鎌谷氏と共同で行う遺伝子研究から新たなサービスへ

 (株)エバージーンでは、パーソナル・ゲノム・サービスの第一歩として、700万人以上の利用者を誇る、(株)エムティーアイの女性の健康情報サイト『ルナルナ』と、臨床研究を手掛けるつくば国際臨床薬理クリニックと共同で、『ルナルナ』会員を対象にした遺伝子研究を、昨年12月より開始しています。開始時に、研究への協力者を『ルナルナ』会員に募ったところ、1万人を超える応募がありました。

 同クリニックの院長でもある鎌谷直之氏とともに、長年蓄積してきた『ルナルナ』のバイタルデータ(生体情報)などと組み合わせて研究を進め、新たな知見をパーソナル・ゲノム・サービスに追加し、社会に還元することで、人々の健康増進に貢献していきます。

◆将来的には、少子化問題、医療費の削減など、社会問題への貢献も視野に入れサービスを提供
 
(株)エムティーアイでは、これまでも、『ルナルナ』をはじめ、人々の健康増進などを目指した様々なヘルスケアサービスを提供してきました。
 特に『ルナルナ』では、保有するユーザーのビッグデータを生かし、独自の排卵日・妊娠可能日の予測ロジックを導入するなど、長年の研究成果を反映した、より付加価値の高いサービスを提供してきました。
 (株)エバージーンでは、個人の遺伝情報をもとに、一人ひとりにあったヘルスケアサービスを提案し、人々の健康意識の向上や生活習慣の改善に貢献するだけでなく、将来的には、(株)エムティーアイとともに、少子化問題や医療費削減などの社会的な問題の解決にも役立つサービスを目指していきます。

◆『DearGene(ディアジーン) スターターキット』 概要
<商品名> 

『DearGene(ディアジーン) スターターキット』

<サービス特徴>

①自宅で少量の唾液を採取し、送付するだけで、網羅的な遺伝子解析を安価かつ手軽に受けることができるサービスです。
②国内最高水準の遺伝子解析品質(アフィメトリクス社のマイクロアレイ、タカラバイオ(株)の解析、(株)スタージェン鎌谷氏のリスク算出ロジック)での結果を提供します。
③今後、信頼性が確認できた解析項目を追加予定で、その際には、唾液を再度採取する必要なく、結果を確認できます。(追加課金方式で提供を予定)
<解析項目「スターターキット」>
食道がん、胃がん、肺腺がん、大腸がん、前立腺がん、子宮頸がん、乳がん、肝細胞がん、すい臓がん、胆のうがん (計10種)※今後、体質や生活習慣病の項目を順次追加し、追加課金方式で提供を予定
<マイクロアレイ>
アフィメトリクス社製マイクロアレイ『Axiom®』プラットフォームを採用し、鎌谷氏と共同で開発した(株)エバージーンオリジナルのマイクロアレイを使用
<購入~解析結果閲覧までの流れ>
①購入 : Web サイトで会員登録をして購入すると、解析キットが届きます。
②採取 : 送られてきた解析キットの採取容器に唾液を少量入れます。
③返送 : 当社指定の宅配便で同意書と唾液を返送します。
~ 解析 ~
④閲覧 : 解析完了メールが届いたら、WebサイトにアクセスしてIDとパスワードでログインし、解析キット付属のコードを入力して結果を閲覧します。
<解析結果に含まれる情報>
・生涯発症リスク、年代別発症リスク
・疾病に関する一般情報、管理栄養士による食生活アドバイス
・解析した遺伝子に関する情報、リスク算出の根拠となる参考文献 など
<対応デバイス>PC、タブレット、スマートフォン
<販売開始日>2015年4月10日(金)
<販売価格>4,980円(税抜) ※初回販売数2,000個
 <販売サイト>・Amazon ・Yahoo!ショッピング ・楽天市場
<URL>http://www.deargene.jp/

<株式会社スタージェン> http://www.stagen.co.jp
東京女子医科大学教授と理化学研究所ゲノム医科学研究センター長を務めた、鎌谷直之氏の卓越したアイデアと経歴を実現化するために設立。
遺伝統計学と統計学分野の権威として、アカデミアや企業の様々な研究をサポートするほか、疾患の遺伝学的研究の結果を用いた、新薬開発やドラッグリポジショニング、ICTの技術を用いたヘルスケア事業も促進している。
鎌谷直之氏の経歴は、極めて広い分野(応用数学・統計学・遺伝統計学・コンピュータ技術・疫学・リウマチ学・痛風・代謝性疾患・腫瘍学・新薬開発)をカバーし、1982年に最初の癌抑制遺伝子の変化の証拠であるMTAP欠損を、1981年にMTAPをターゲットとした最初のがんの個別化医療のアイデアを報告するほか、クラドリビン(抗白血病薬)、フェブキソスタット(抗痛風薬)開発の初期段階に、ヒト遺伝学のデータを用いて貢献。34のNatureとNature Geneticsを含む600以上のピアレビュー論文を発表している。

<医療法人社団 薬善会 つくば国際臨床薬理クリニック> http://www.tsukuba-icp.jp/index.html
医療法人社団 薬善会により2010年3月に設立された、臨床研究を目的としたクリニック。
これまでに多くの治験、臨床試験を内外の製薬会社、大学、製薬会社以外の民間企業(食品会社を含む)から受注し、成功させている。また、個人のゲノム情報を用いた治験と、臨床研究をクリニックの特徴の一つとしており、ゲノム情報に基づいた臨床試験が可能な、日本では数少ないクリニックの一つ。
【鎌谷直之氏プロフィール】
1973年東京大学医学部を卒業
東京大学附属病院、日立製作所日立総合病院、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター 臨床医、研究者
1979年4月-1982年3月 : 米国カリフォルニア州スクリプス研究所研究員
1989年4月-1990年3月 : 米国ミシガン大学内科客員教授
1998年-2008年 : 東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター・センター長
2010年4月-2011年12月 : 理化学研究所ゲノム医科学研究センター・センター長
現職 : (株)スタージェン 代表取締役会長、医療法人社団 薬善会 つくば国際臨床薬理クリニック院長、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター客員教授、公益財団法人痛風財団理事長

<Affymetrix®(アフィメトリクス)社> http://www.affymetrix.com
米国カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、全世界で約1,100人の従業員を擁する、遺伝子解析のパイオニアである機器メーカー。クリーブランド、オハイオ、サンディエゴ、ウィーン、シンガポールに製造工場を有し、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカの営業拠点を通して解析機器の販売を行っている。同社の技術は、細胞、タンパク質、遺伝子レベルにおける生命システムの、多重および同時分析を可能にし、人々の健康のために、ベンチトップ研究から臨床および日常的使用への迅速な変換を容易にする。その技術は2,300を超えるマイクロアレイシステムとして世界中に出荷されており、その技術を引用した65,000を超える論文が発表されている。製薬企業、診断薬企業、バイオテクノロジー企業との提携だけでなく、学術、政府、非営利研究機関など、より良い世界のためにバイオロジーを活用する道を探求している様々な顧客をサポートしている。
※AffymetrixおよびAxiomは、アフィメトリクス社の登録商標です。

<タカラバイオ株式会社> http://www.takara-bio.co.jp
寳酒造株式会社(現 宝ホールディングス株式会社)のバイオ事業としてスタートし、2002年4月に設立。
バイオ産業支援事業、遺伝子医療事業、医食品バイオ事業の3事業を展開。平成26年3月期の連結売上高は239億円。遺伝子治療・細胞医療の事業化を進めるとともに、バイオ産業支援事業では、世界のバイオ研究者向けに研究用試薬・理化学機器の販売や研究受託サービスを行っており、再生・細胞医療などの最先端の研究分野に向けた、新製品・新サービスの開発に注力している。 

<株式会社エバージーン>
 http://www.evergene.co.jp 
遺伝子解析サービスを個人向けに提供する、株式会社エムティーアイ(東証第一部・コード9438)の100%の子会社。
2014年4月より、先端技術を用いながら、自宅で手軽に利用できる低価格なサービスを実現し、人々の健康意識を高めるきっかけの一つとして注目を集めてきた。国内外の研究者および解析技術者と共同で、サービスの向上を図っている。
●設立年月日:平成25年9月5日                    
●代表取締役:秋田 正倫
●所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー35F    
●事業内容:1.遺伝子解析キットの販売 2.インターネットなどの通信ネットワークを利用したデジタルコンテンツ配信サービス
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エムティーアイ
  4. >
  5. エムティーアイの100%子会社エバージーンが、新体制でパーソナル・ゲノム事業を展開