新卒採用、6年連続増加の見込み 「採用戦線は厳しくなる」企業の7割が回答

~2017 年卒・新卒採用に関する企業調査-採用方針調査(2016 年 2 月調査)~

株式会社DISCO(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、全国の主要企業を対象に、2017年卒者の採用方針について調査を実施しました。(調査時期:2016年2月1日~9日、回答社数:2017年3月卒業予定者の新卒採用を予定している企業1298社)。
*調査詳細は同調査レポート(http://www.disc.co.jp/research-fb/2016kigyou-report2.pdf)をご覧ください。

1.2017 年 3 月卒業予定者の採用見込み
2017 年 3 月卒業予定者の採用数は、引き続き増加傾向を示した結果となりました。
前の年よりも「増加」すると回答した企業が 29.9%であるのに対し、「減少」は 6.5%。リーマンショック後の2011 年卒採用を底に、6 年連続で増加傾向が表れています。

 

 

2.自社の採用活動の見通し
各企業の2017 年卒の採用活動をどのように予想しているのか、その見通しを尋ねたところ、「非常に厳しくなる」(38.4%)と「やや厳しくなる」(38.0%)を合わせて、76.4%が「厳しい」との見方でした。採用数拡大をうけて人材獲得競争の過熱は必至と見られ、内定者の確保に危機感を抱く企業が多いことがわかります。

 


3.採用活動の開始予定時期
自社セミナー・説明会の開始は、3 月中旬が最も多く(22.9%)、昨年よりも開始のピークはやや早まる見込みです。3 月1カ月間の合計は 64.9%で、3 月の集中度合いが増すとともに、エントリーシート受付開始のピークは 3 月上旬(42.0%)、筆記・適性テストの開始は、3 月中旬から 4 月中旬にかけて集中する(51.4%)見通しです。

 

 

4.選考開始と内定出し開始の予定時期
面接の開始は、選考解禁直後の 6 月上旬(14.0%)が最も多いものの、僅差で 4 月中旬(13.5%)が次に多く、6 月の選考解禁前に面接を開始するという企業は、合計で 8 割近い(77.5%)結果となりました。

 

 

5.新卒採用者に占める女性の割合
本年 4 月に「女性活躍推進法」が施行されるなど、女性の活躍推進に改めて注目が集まっています。新卒採用において女性の占める割合(女性比率)を高めたいと考えているかどうかを尋ねたところ、「はい(高めたい)」と回答したのは全体の 4 割強(42.1%)でした。なかでも、「IT」(52.0%)と「製造業」(44.8%)においてポイントが高く、女子学生の採用に積極的な姿勢が見られます。




 




 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. DISCO
  4. >
  5. 新卒採用、6年連続増加の見込み 「採用戦線は厳しくなる」企業の7割が回答