ヒューマンタッチ 国内の人材市場動向数値 (建設業界編)10月

建設業界の転職支援と人材育成のヒューマンタッチ 10月まとめ

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介・エンジニア派遣・行政自治体向けアウトソーシング事業などを行うヒューマンタッチ株式会社は、最新の人材市場に関する公的データをまとめた 『ヒューマンタッチ総研~Monthly Report 2016年10月』 を発表しました。建設業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データもまとめています。
ダイジェスト
1.建設業界のトピックス
■社会資本の老朽化を背景に維持・修繕工事の市場規模が拡大
高度経済成長期に建設された道路、橋梁、トンネル、港湾などの社会資本の老朽化が進み、適切な維持管理や長寿命化が急務になっている。工事種類別の市場規模を見ると図表①のようになる。新設工事の市場規模は景気動向等の影響を受けて大きく変動しているが、維持・修繕工事の市場規模は基本的に大きな変動はなく、2009年の12兆5千億円から2014年には15兆3千億円に拡大している。2033年には道路橋の67%、トンネルの50%、河川管理施設の64%が建設後50年以上を迎えることになり、将来的にも維持・修繕の市場は堅実に拡大していくと考えられる。
また、東日本大震災を教訓とした国土強靭化に向けて防災・減災対策も推進されており、新たな社会資本の整備も我が国にとって重要な課題になっている。

【図表① 工事種類別の市場規模の推移】

出典:建設工事施工統計調査(国土交通省)各年度版より作成


■建設コンサルタント各社では技術者確保のために就業環境改善の取組を強化
このような市場環境を背景に、社会資本整備のための調査、計画、設計及び工事監理をおこなう建設コンサルタント各社の業績は好調であり(図表②参照)、高まるニーズに対応するために、技術者の確保と育成が大きな課題となっている。
建設コンサルタント白書(社団法人建設コンサルタンツ協会)によると、会員企業の技術者数は1999年の47,216人をピークに減少傾向であったが2010年からは増加に転じた。しかし、2014年においても技術者数は39,333人にとどまり、技術者はまだまだ不足している。また、技術者の平均年齢は1999年の36.8歳から2014年には45.4歳に上昇しており、技術継承のための若返りも急務となっている。このような環境の中で、建設コンサルタント各社では技術者確保のための就業環境の改善への取り組みが強化されている。例えば、業界大手である建設技術研究所やオオバ、大日本コンサルタントなどでは地域限定社員制度やフレックスタイム制、在宅勤務制度等が試行・導入され、多様な働き方の実現が目指されている。
また、長年の懸案であった長時間労働を解消するためにノー残業デイの徹底や管理職へのワークライフバランス研修の実施等が各社で推進されており、今後、就業環境の改善が一段と進みそうである。

【図表② 建設コンサルタント主要各社の売上高】

出典:各社の最新決算情報より作成


2.建設業界の最新雇用関連データ (2016年9月30日公表)
(1)建設業の就業者数・雇用者数・新規求人数
◆建設業の就業者数は495万人(前年同月比100.8%)、雇用者数は410万人(同101.5%)と微増
<建設業の就業者数と雇用者数の推移>

出典:総務省「労働力調査」より作成


◆建設業の新規求人数は59,860人(前年同月比108.5%)と増加
<建設業の新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く)>

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成


(2)建設技術職の雇用動向
◆建築・土木・測量技術者の有効求人倍率は4.94倍(前年同月比0.79ポイント上昇)と15カ月連続で前年同月を上回る
◆有効求人数は9カ月連続で前年同月を上回り、建設技術職への需要は高水準が続いている
<建築・土木・測量技術者の雇用関連指標の推移(常用・除くパート)>


<建築・土木・測量技術者の雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート)>

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成


(3)建設技能工の雇用動向
◆建設・採掘の職業の有効求人倍率は3.47倍(前年同月比0.40ポイント上昇)と16カ月連続で前年同月を上回る
◆有効求人数は9カ月連続で前年同月を上回り、建設技能工への需要は高水準が続いている
<建設・採掘の職業の雇用関連指標の推移(常用・除くパート)>


<建設・採掘の職業の雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート)>

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成


【本レポートの全文はこちらから】
ヒューマンタッチ総研 Monthly Report (2016年10月)
http://human-touch.jp/news/ht_soken/m_Report201610.pdf
ヒューマンタッチ㈱は、クライアントをはじめとした各種企業のよりよい人材獲得につながる資料提供を目的に、公的なデータを集計してまとめた当レポートを、毎月発表しています。


会社概要---------------------
ヒューマンタッチ株式会社
●代表者 :代表取締役 髙本 和幸
●所在地 :東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル1F
●資本金 :1億円
●URL     :http://human-touch.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヒューマン
  4. >
  5. ヒューマンタッチ 国内の人材市場動向数値 (建設業界編)10月