「HAKU」が美白ケアのエキスパートへ進化 先端のシミ予防研究から3つの機能型(※1)アイテム誕生

「HAKU アクティブメラノリリーサー・インナーメラノディフェンサー・
メラノディフェンスパワライザー」 2015年3月21日(土)発売


 2015年春にブランド誕生10周年を迎えるHAKUは、単品高機能アイテムの集合体から成る、美白ケアのエキスパートとして進化します。
 既存品である薬用美白美容液、薬用美白マスクに加え、徹底したお客さまの美白ケア意識調査に基づき、さまざまなシミ予防に対するアプローチを提案すべく、新たに機能型(※1)アイテムとして薬用美白化粧水、薬用美白乳液、薬用美白泡状乳液【全3品目5品種 ノープリントプライス】を2015年3月21日(土)に発売します。
※1 美白・保湿効果をもった化粧水・乳液・泡状乳液のこと
* 美白化粧品はメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

《マーケティング強化》
 HAKUは、2005年4月に「シミができる肌は特有の肌状態にある」という知見に基づいた薬用美白美容液「HAKU メラノフォーカス」(販売名:資生堂 薬用エッセンスE)を発売以降、幅広い年代のお客さまからご愛用いただき、9年連続美白美容液市場売上第1位(※2)を堅持しています。また発売以来、累計売上は1,700万本を超え(2014年12月現在:資生堂調べ)、多くの方に支持されています。既存品に加え、今回新たに機能型アイテム※1を発売し、商品ラインナップを強化する他、350万人サンプリングなどの積極的な販売促進活動や、プロモーションモデルの刷新など、マーケティングを強化することで、美白スキンケア市場シェアNO.1を目指します。
※2 インテージSRI美白美容液市場 2005年11月~2014年10月HAKU美容液 販売金額



【商品一覧】全3品目5品種
<商品名>HAKU アクティブメラノリリーサー(医薬部外品)
<分類>薬用 美白化粧水
<容量>120mL
<価格>ノープリントプライス

<商品名>HAKU アクティブメラノリリーサー つめかえ用(医薬部外品)
<分類>薬用 美白化粧水
<容量>100mL
<価格>ノープリントプライス

<商品名>HAKU インナーメラノディフェンサー(医薬部外品)
<分類>薬用 美白乳液
<容量>120mL
<価格>ノープリントプライス

<商品名>HAKU インナーメラノディフェンサー つめかえ用(医薬部外品)
<分類>薬用 美白乳液
<容量>100mL
<価格>ノープリントプライス

<商品名>HAKU メラノディフェンスパワライザー(医薬部外品)
<分類>薬用 美白泡状乳液
<価格>120g
<価格>ノープリントプライス

※お客さまからのお問い合わせは、「資生堂お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120-30-4710」でお受けしています。
 
《発売の背景》
 現代女性たちの美容ケアは化粧品にとどまらず、「美容医療」という領域にまで広がり、美容医療や美容外科の経験者数は増加しています。美しくなるために、積極的に投資し、シミ予防に極めて関心の高い女性たちが増えており、今後さらに女性たちの美容ケアは多様化すると考えられます。
 また、美白ケアを重要視しているお客さまのお手入れ方法を調査(※3)したところ、化粧水などのベーシックケアを最も重視する傾向にあることがわかりました。
 そこでHAKUは、毎日のベーシックケアで効果的なお手入れを望むお客さまに向けて、先進的で高機能な美白ケアを実現すべく新たな3つの機能型(※1)アイテムとして薬用美白化粧水、薬用美白乳液、薬用美白泡状乳液を開発しました。
※3 資生堂調査 2012年6月 20~60代女性 N=500

《商品特長》
 「HAKU アクティブメラノリリーサー」(医薬部外品)は、うるおいを与えながらふきとるようになじませる薬用美白化粧水です。美白有効成分4MSK(※4)と、整肌・保護成分ソフニングリリーサー(※5)を配合し、メラニンを含む不要な角層を取り除き、透明感あふれる、つるつる肌に導きます。
 「HAKU インナーメラノディフェンサー」(医薬部外品)は、うるおいの効果で肌を整え、肌の生まれ変わりをサポートする薬用美白乳液です。美白有効成分4MSK(※4)と整肌・保護成分ディフェンスバイタライザー(※6)を配合し、透明感あふれる、なめらかな肌が持続します。
 「HAKU メラノディフェンスパワライザー」(医薬部外品)は、心地よい炭酸泡(※7)の新感触を持った薬用美白泡状乳液です。美白有効成分4MSK(※4)と、整肌・保護成分ディフェンスバイタライザー(※6)を配合し、透明感あふれる、なめらかで吸いつくような肌が持続します。
※4 4-メトキシサリチル酸カリウム塩
※5 トリメチルグリシン、L-セリン、濃グリセリン
※6 酢酸レチノール、アラントイン、濃グリセリン
※7 炭酸ガス(噴射剤)

《プロモーション・販売チャネル》
 モデルは、松岡 モナ(まつおか もな)さんを起用し、「美しさは、シミをゆるさない」をキャッチコピーに、2015年4月よりテレビCM、雑誌広告、WEB広告を展開します。また、店頭とウェブサイトにて350万人サンプリングを実施し、美白ケアを極めたいお客さまとの接点を広げていきます。
 販売チャネルは、全国のドラッグストア、量販店、化粧品専門店など約16,000店です。併せて、資生堂ウェブサイト ワタシプラスでも販売します。

《参考情報》
【HAKUのこれまでの発売商品】
<発売年>2005年
<商品名>「HAKU メラノフォーカス」(販売名:資生堂 薬用エッセンスE)
<主な配合成分・企画内容>美白有効成分m-トラネキサム酸(※8)配合

<発売年>2007年
<商品名>「HAKU メラノフォーカス2」
<主な配合成分・企画内容>美白有効成分4MSK(※4)配合

<発売年>2009年
<商品名>「HAKU メラノフォーカスEX」(販売名:資生堂 薬用エッセンスa)
<主な配合成分・企画内容>白蓮果(R)HA(※9)配合

<発売年>2010年
<商品名>「HAKU メラノフォーカスEX マスク」
<主な配合成分・企画内容>美白有効成分4MSK(※4)配合

<発売年>2011年
<商品名>「HAKU メラノフォーカスW」
<主な配合成分・企画内容>抗メラノ機能体(※10)配合

<発売年>2013年
<商品名>「HAKU メラノフォーカスCR」
<主な配合成分・企画内容>アンダーシールダー(※11)配合

<発売年>2014年
<商品名>「HAKU メラノフォーカスEX マスク・HAKU iデバイス」限定企画
<主な配合成分・企画内容>iPhone専用アプリを活用した先進的な美白マスク美容ケアを提案

※8 m-トラネキサム酸のm はメラニンの生成を抑える効果を表しています。
※9  ハス種子発酵液、ヒアルロン酸(保湿)
※10 美白有効成分4MSK+美白有効成分m-トラネキサム酸
※11 ホワイトリリー、塩酸グルコサミン、グリセリン(整肌・保護) 



▼ 詳細はこちら(ニュースリリース)
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2387-j.pdf?rt_pr=tr260

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr260

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 「HAKU」が美白ケアのエキスパートへ進化 先端のシミ予防研究から3つの機能型(※1)アイテム誕生