働く女子の9割が怖いと思う「乳がん」!一方で定期検診は4割に満たず…がん保険に加入する女子の3人に1人は「保障内容を理解していない」!

近年、有名人ががんで亡くなったり、罹患したりと、がんにまつわるニュースをよく耳にします。現在、日本人の死亡者数第1位、そして2人に1人ががんに罹る時代。検診技術や治療法も確立され、早期発見すれば治る病気とも言われるようになりました。20歳~60歳の働く女性が、がんについてどんな事を考えているのか、『保険クリニック』では500人を対象に女性のがんについてアンケートを実施しました。
【調査結果概要】
・20歳~60歳の働く女性500人に聞いたところ、「話題になっているから」「女性特有のがんだから」という理由から「乳がん・子宮頸がん・卵巣がん」を怖いと思っている人が多いことが分かりました。(Q1.Q2)
子宮頸がん・乳がんの検診を受けているかを聞いたところ、両方とも定期的に受けているのは28.6%、乳がんのみの定期検診は8.4%で、合計しても37.0%にとどまりました。(Q3)
・自分ががんに「罹ると思う」と回答した人は、「思わない」と回答した人の3倍で、そのうちの80.3%は、身近にがんを経験した人がいることが分かりました。(Q5)
・自分ががんになったら、家族に「言う」人が77.6%で、「治療法等について一緒に考えて欲しい」と望む人が多い一方、4人に1人は「いつも通りでよい」と回答していました。(Q6.Q7)
・自分ががんになったら心配なことは、「治療費がいくらになるか」「治せるかどうか」「再発の心配」が多い回答でした。(Q8)
がん保険に加入している人は、43.4%にとどまり、そのうちの32.3%は保障内容を「あまり理解していない」「まったく理解していない」と回答しました。(Q9)


【調査結果詳細】
Q1.女性が罹る「がん」として怖いと思うものは何ですか。


  乳がん        447人
  子宮頸がん      350人
  卵巣がん       309人
  子宮体がん      306人
  大腸がん       200人
  すい臓がん      180人
  肺がん        164人
  胃がん        163人
  肝臓がん       158人
  皮膚がん       152人
  怖いと思うものはない   13人
  その他          6人

97.4%「がん」は怖い!
20歳~60歳までの働く女性500人にがんは怖いと思うか聞いたところ、97.4%(487人)が怖いと回答しました。
怖いと思うがんの場所は、1位は「乳がん」、2位は「子宮頸がん」、3位は「卵巣がん」の順でした。25歳~54歳までは男性よりも女性の方ががんにかかる率が高く、働く女性が多く気になるのも頷けます。

Q2.Q1の回答に関して、なぜそう思いましたか。
乳がん・子宮がん・卵巣がん
 1.がんは全て怖い
 2.女性特有のがんだから
 3.最近話題になっているから
 4.女性に多いガンだから
 5.身近な人がなったから
大腸がん
 1.がんは全て怖い
 2.女性が罹る割合が高いから
 3.便秘の人が多いから
 4.検診に行きづらいから

「がん」は全てが怖い!
怖いと思う理由を聞いたところ、一番多かった回答は「がんは全て怖い」でした。
回答が多かった部位ごとの理由以外にも、身内や友人が罹患したとの回答も多いことがわかりました。
がんはやはり身近な病気としてとらえられているようです。

Q3.子宮頸がん、乳がんの検診を受けていますか。

  両方とも定期的に受けている    28.6%
  子宮頸がんだけ定期的に受けている   8.4%
  乳がんだけ定期的に受けている     6.2%
  不定期に受けている        31.4%
  受けたことがない         25.4%

4人に1人が受けていない!
子宮頸がん、乳がんの検診を両方とも定期的に受けている人は28.6%(143人)とあまり多くない結果になりました。不定期での受診や、どちらかだけ定期的に受けている方が多く、半数近く(46.0%)を占めました。各年代別の受診率を見ると年代ごとに受診率が高くなりますが、30歳代でも約3人に1人が受けていないのが現実です。

Q4.身近に「がん」に罹った人がいますか。

 

  身近にいない  158人
  父・義父    144人
  祖父        88人
  母・義母      83人
  祖母        78人
  叔母        64人
  叔父        61人
  友人、知人     51人
  従兄弟       20人
  兄弟姉妹      16人
  その他       13人
  子         2人
68.4%は身近にいる!
ご自身の身近にがんに罹った人がいるか聞いたところ、68.4%(342人)いる事が分かりました。その内訳は、
  父、義父   :42.1%
  母、義母   :24.3%
  友人、知人  :14.9%
で、中にはご自身と答えた方も10人いらっしゃいました。
アンケート回答者でがんに罹患された方の年齢は30歳代~60歳代でその内の60%が現在30歳~40歳代の方です。

Q5.ご自身は「がん」に罹ると思いますか。

 

  思う    28.4%
  思わない  11.6%
  分からない 60.0%

         身近にいる  身近にいない
  思う      80.3%    19.7%
  思わない    51.7%    48.3%
思う人は思わない人の約3倍!
ご自身ががんに罹ると思うか聞いたところ、「思う」が142人、「思わない」が58人と、思わないと回答した人の約3倍いる事が分かりました。
「思う」と答えた方の80%は身近にがんを経験したことがある方がいる事も分かりました。

 Q6.もし自分が「がん」になったら、配偶者・パートナー・家族に言いますか。

  言う    77.6%
  言わない    4.6%
  分からない 17.8%

22.4%は「言わない」「言うか分からない」!
もし自分ががんになったら、配偶者・パートナー・家族に言うか聞いたところ「言う」が77.6%(388人)、「言わない」4.6%(23人、「わからない」17.8%(89人)との結果になりました。

Q7.もし自分が「がん」になったら、配偶者・パートナー・家族に何をしてほしいですか。

 

  治療法等について一緒に考えて欲しい  263人
  家事など分担して欲しい        150人
  特になし、いつも通りでよい      128人
  家族や子どもの面倒を見て欲しい    122人
  治療費・生活費等の援助をして欲しい  118人
  人に言わないで欲しい           41人
  病気の話をしないで欲しい         29人
  その他                  4人
4人に1人は、「いつも通りでいて欲しい」!
もし自分ががんになったら、配偶者・パートナー・家族にして欲しいことがあるか聞いたところ、「治療法等について一緒に考えて欲しい」、「家事など分担して欲しい」、「特になし、いつも通りでよい」の順となりました。

Q8.もし自分が「がん」になったら、心配なことは何ですか。

 

  治療費がいくらになるか     361人
  治せるかどうか         335人
  再発の心配           278人
  副作用等の心配         252人
  家族がいつもの生活ができるか  217人
  仕事との両立ができるか     107人
  がん保険が適用になるか       95人
  何もない              17人
  その他               5人
心配なことは「治療費」と「治るかどうか」!
ご自身ががんになったら、心配なことは何か聞いてみました。1位は「治療費がいくらになるか」、2位は「治せるかどうか」、3位は「再発の心配」となりました。がんには治療の副作用、再発や費用、家族の生活など、がんになったら、様々な面に心配が及ぶようです。

Q9.がん保険に加入していますか。その保障内容は理解していますか。


  加入している   43.4%
  加入していない  56.6%

  かなり理解している      6.0%
  だいたい理解している   61.8%
  あまり理解していない   30.4%
  まったく理解していない    1.8%

20歳から60歳の働く女性500人にがん保険に加入しているか聞いたところ、半数以上が「加入していない」ことが分かりました。また、加入している217人のうちの32.3%(70人)が、加入しているがん保険の保障内容を「あまり理解していない」または「まったく理解していない」ことが分かりました。


【調査方法】
サンプル数 : 働く女性500人
年  齢  : 20 歳~60 歳
調査方法  : Web アンケート
調査期間  : 2015 年11月10日~11月13日
U R L    : http://www.irrc.co.jp/pdf/press310.pdf
※本リリースの調査結果や分析をご利用いただく際は、『保険クリニック調べ』と明記ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 保険クリニック
  4. >
  5. 働く女子の9割が怖いと思う「乳がん」!一方で定期検診は4割に満たず…がん保険に加入する女子の3人に1人は「保障内容を理解していない」!