「セレブも実践!1日5食にしてやせる5ファクターダイエット」microdiet.netレポート

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「セレブも実践!1日5食にしてやせる5ファクターダイエット」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000461.html

main image

1日の3回の食事は日本のスタンダード。
でも国によっては食事回数は異なり、スペインでは1日5食がスタンダードだそうです。

しかし、日本の3度の食事量を5回も食べている訳ではありません。

夕食に重きを置く日本に対し、スペインでは昼食がメインで時間を長く取り、コースでしっかりと食べることもあります。会話をしながらゆっくりと食事を楽しみます。
その分、昼食以外の他の食事は、あくまでも軽めの傾向にあります。

そんなスペインの食文化ですが、美に関心の高いハリウッドセレブの間でも、1日5食がダイエットに効果的と、実践する人が続出しているようです。

このダイエット法は、「5(ファイブ)ファクターダイエット」と呼ばれ、空腹に耐える必要がなくストレスが少なく、方法も簡単であることから人気が高まったようです。また、特定の食べ物ばかりに制限されることもなく、食事の楽しみを維持できることもその特徴です。

「5ファクター」とは5つの要素という意味で、「5」という数字がキーワードとなっています。

①食事は1日5回に分けて食べる

5ファクターダイエットのルールの中で、最も驚きなのがこれ。
5回も食べてダイエットになるの?と疑問が湧きますが、5回すべてをしっかり食べるのではなく、これまでの3度の食事量を5食に分けて食べるイメージです。
ですので、量を少し減らした3度の食事+2度の軽食と考えてください。

食事のタイミングは、朝・昼・夜の3度の食事と、朝昼の中間、昼夜の中間の時間にそれぞれ軽食を摂ります。
これにより、ダイエットに付き物の空腹感のストレスを感じることがありません。そして空腹時間を短くすることで1度の食事量は自然と減り、摂取カロリーもそれに伴いダウン。血糖値の急激な上昇も抑え、体脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

2度の軽食に何を食べるかも大切です。
果物、野菜、ナッツ(無塩のノンオイルローストタイプ)、チーズ、ドライフルーツなど、食物繊維やビタミン・ミネラルを補給できる栄養価の高いものを食べましょう。
NGなのは、ドーナツ、ケーキ、クッキー、スナック菓子など、脂質や炭水化物の多いもの。

②食べるものは5つのルールに従って選ぶ

5食とも好きなものばかりを食べていてはもちろんNG。やせるどころか太ってしまいますよね。
食事内容は、炭水化物、食物繊維、良質なタンパク質、良質な脂質、水分の5つを、ルールに従って摂るようにします。
まず、主食となる炭水化物です。
白米・白いパンは避け、雑穀米や玄米、全粒粉パンやライ麦パンなど、血糖値の上昇を緩やかにするものを選ぶようにします。また、豆や芋類、かぼちゃなどの野菜、様々な食品から炭水化物を摂るようにします。

食物繊維は、野菜全般、きのこ、豆類、果物などに多く含まれます。これらの食品を毎食摂るように心掛けましょう。

良質なタンパク質は、脂肪の少ない赤身の肉、皮を取った鶏肉、魚、大豆、卵に含まれています。これらを組み合わせて、朝・昼・夜の3度の食事の際には適量を食べましょう。
量の目安は、1食あたり自分の手のひら(指は含まない)1枚と同じ大きさと厚みです。

良質な脂質は、常温では液体の状態である「不飽和脂肪酸」を中心に摂るようにします。
DHA・EPAの含まれる青魚やエゴマ油・アマニ油、オレイン酸の豊富なオリーブオイル・キャノーラ油などがあります。バターや肉の脂身など、動物性脂肪はなるべく避けるようにしましょう。

水分を十分に摂ることも大切です。
カロリーのない水やお茶などをこまめに飲むようにしましょう。食事に含まれている水分量も合わせて1日に2リットルを目安にします。

③週に5日は簡単な運動を取り入れる

週5日、1日あたり20~30分の運動を取り入れます。
運動と言っても、ジムに行くなど特別なことをする必要はまったくありません。エスカレーターやエレベーターではなく階段を上るようにしたり、電車やバスは一駅手前で降りて歩くようにする、テレビを見るときはストレッチをしながらなど、生活の中で体を動かすように工夫すると無理なく続けられます。

■週1日は好きなものを食べてOK!

週6日はこれらのルールを守りながらも、残りの1日は好きなものを食べ、好きなように過ごしてもOK!
5ファクターダイエットは、少しゆるめでルールが厳しくないので、ストレスが溜まりにくいので続けやすいと思います。
しかも面倒なカロリー計算が必要なく、栄養バランスが取りやすいのも嬉しいところ。
空腹やガマンのストレスでダイエットに挫折した人・しそうな人は、1度試してみても良いかもしれませんね。



さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「セレブも実践!1日5食にしてやせる5ファクターダイエット」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000461.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。



■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から25年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. サニーヘルス株式会社
  4. >
  5. 「セレブも実践!1日5食にしてやせる5ファクターダイエット」microdiet.netレポート