女性誌FRaUによる『フラウ文芸大賞』『女子マンガ大賞』 記念すべき第1回受賞作は?

女性向け月刊ワンテーママガジン『FRaU』(発行・株式会社講談社)は、このたび『フラウ文芸大賞』『女子マンガ大賞』を創設しました。女性による女性のための「絶対に読んでおくべき一冊」をそれぞれ大賞とするほか、準大賞など各賞を選出。受賞作品の魅力を、FRaU本誌最新号(9月号/8月10日発売)やFRaU公式デジタルメディアで紹介しています。
main image

 《両大賞の概要はこちら》

 

『フラウ文芸大賞』は、“女性による女性のための”文芸賞です。FRaU読者の中心層である30歳前後の女性たちが、もっと本を読むきっかけを作りたい。また、心に潤いを与え、少しでも何かの役に立つような本を紹介したいという思いから創設しました。選考基準は、「本の現場にいる女性が、女性のために、心から薦めたい作品」であること。今を生きる女性たちの心に、強く訴えかける作品が受賞作となりました。

『女子マンガ大賞』は大人女子にぜひ読んでほしい作品を“女子マンガ”として選定し、紹介することが目的です。少女マンガ・少年マンガなど読者の性別やジャンルは問わず、最も重要とするのは“とにかく、文句なしに面白い!”こと。そしてその先に「悩みへの回答」や「明日への活力」といった何らかの価値が、読んだ人の心に残ってくれる作品であることです。

大人女子必読の一冊に光をあてる『フラウ文芸大賞』『女子マンガ大賞』に、ぜひご注目ください。

 

《第1回 フラウ文芸大賞 作品名/受賞者(敬称略)》

  • 大賞:『しろいろの街の、その骨の体温の』(朝日新聞出版)/村田沙耶香
  • 準大賞:『嵐のピクニック』(講談社)/本谷有希子
  • 新人賞:『あのひとは蜘蛛を潰せない』(新潮社)/彩瀬まる
  • 海外文学賞:『ブルックリン』(白水社)/コルム・トビーン(著)、栩木伸明(訳)
  • 装丁賞:『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎)/山内マリコ

 

《第1回 女子マンガ大賞 作品名/受賞者(敬称略)》

  • 大賞:『にこたま』(講談社)/渡辺ペコ
  • 女の生き方賞:『姉の結婚』(小学館)/西 炯子
  • パワーチャージ男子賞:『昭和元禄落語心中』(講談社)・雲田はるこ
  • 青春フラッシュバック賞:『かくかくしかじか』(集英社)/東村アキコ
  • 大人ファンタジー賞:『ひきだしにテラリウム』(イースト・プレス)/九井諒子

 

各作品への選評コメントは、以下のFRaU公式ウェブサイト・特設コーナーで公開中!
http://frau-web.net/lifestyle/book/201209frau_bookaward/01.html?utm_source=prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=20130809


8月10日発売のFRaU(フラウ)2013年9月号「本・マンガ」特集では、『フラウ文芸大賞』『女子マンガ大賞』選考会の模様や選評委員の対談を掲載。また、「川上未映子×穂村弘」「平野啓一郎×本谷有希子」「西加奈子×青山七恵」の豪華3対談や百田尚樹さんの自著解説、綾野剛さんと松坂桃李さんによる「心を熱くするヒーロー論」など、読書欲を刺激する記事が目白押しです。

FRaU最新号の目次をチェック!
http://frau-web.net/book/backnumber/201309.html

 

 

[商品情報]
誌名:FRaU(フラウ) 2013年9月号
発売日:8月10日発売(※一部地域により異なります)
価格:¥600(税込)
販売:全国書店、オンラインブックストア等
発行:(株)講談社

[FRaU公式デジタルメディア]
・ウェブサイト「FR@U(アットフラウ)」:http://frau-web.net
・ショッピングサイト「ポチFR@U SHOPPING」:http://frau-shopping.net/
・facebookページ「FRaU」:http://www.facebook.com/frau.magazine
・Twitterアカウント「@frau_tw」:http://twitter.com/frau_tw
・YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/FRaUchannel
・LINE@:公式アカウント>LINE@>メディア、エンタメ>FRaU編集部

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社講談社
  4. >
  5. 女性誌FRaUによる『フラウ文芸大賞』『女子マンガ大賞』 記念すべき第1回受賞作は?