1月24日(土)日食画像研究会主催 2016年インドネシア皆既日食撮影研究例会

ケンコー・トキナー本社KT中野ビルにて

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山中 徹)は日食画像研究会の活動に賛同し、日食画像研究会が主催する、撮影技術例会の会場提供を行うこととなりました。開催日は平成28年2月6日(土)です。

日食画像研究会では、今年3月9日にインドネシアから北太平洋にかけて起きる皆既日食を対象とする撮影技術研究例会を開催します。


今回の皆既日食は皆既の最大継続時間が4分9秒あり、日本からも数多くの観測ツアーが予定されていることから、本会では皆既日食のデジタル機材による撮影・画像処理技術に興味ある方の見学(オブザーバーとしての参加)を募集します。

<概要>
主催:日食画像研究会(Solar eclipse digital imaging and processing network : SEPnet)
日時:2016年2月6日 13:30-17:30
場所:株式会社ケンコー・トキナー セミナールーム
参加費:無料
内容 :本会会員の日食撮影システム・撮影法紹介、ディスカッション

参加資格 :2016年または2017年の皆既日食撮影の遠征を予定されている方。(未経験者向けの撮影教室ではないのでご注意ください。)

申し込み方法 :下記の事務局向けメールアドレスまで、参加者の氏名(複数の場合は全員)、住所を明記の上、申し込み願います。

sepnet.adm@gmail.com

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ケンコー・トキナー
  4. >
  5. 1月24日(土)日食画像研究会主催 2016年インドネシア皆既日食撮影研究例会