日本食を通じた訪日旅行の地方誘致に向けて連携ビジット・ジャパン官民連携事業の一環として、現地の日本食レストランで、日本食の魅力を訴求し、訪日外国人の地方誘客促進

 H.I.S.ANAナビゲーションジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:深木 重和 以下、HAnavi)は、日本政府観光局(以下、JNTO)が実施するビジット・ジャパン官民連携事業の 一環として、株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、 ぐるなび)が展開する、台湾、上海、シンガポールでの「Japanese Restaurant Week(以下、JRW)」と連携した訪日旅行促進キャンペーンにおいて、地方誘致を含んだ旅行商品の企画・販売を 行います。ぐるなびの国内外のレストランネットワークや食のノウハウとの連携により、日本の食を 通じた訪日旅行及び地方都市への誘客を促進していきます。

 HAnaviでは、訪日旅行専用の国内旅行商品として食をテーマとした地方都市を巡る旅行商品を企画・販売します。本企画では、東京・大阪を起点として北海道、新潟、石川、京都、広島、愛媛、福岡、沖縄の中から日本の食をテーマにした4ルート、17コースを設定し、JRW用の予約サイトで 販売します。

JRWのプロモーションとHAnaviの訪日旅行商品の連携により、訪日旅行に対するモチベーションの醸成から日本各地への送客まで一貫した取組を行います。

日本の食を中心とした日本の地方都市を巡る旅行商品の企画と販売

※予約サイトイメージ
 

※ルートのテーマと概要

ルート1: 雪国だから寿司が旨い!
日本三大市場を巡りながら寿司と海鮮を極める旅
東京+札幌+金沢・富山 5~6日間

ルート2: 興奮!超ローカル(B級)グルメの本場へ
東京+広島+福岡+沖縄 5~6日間

ルート3: 寿司と酒の真価に触れる旅
大阪(京都)+札幌+新潟 5~6日間

ルート4: 長寿グルメ!健康に効く美食旅
大阪(京都)+愛媛+沖縄 5~6日間

「Japanese Restaurant Week 」とは
JRWは、ぐるなびが本場日本で本物の和食を体験しよう!」をコンセプトに2013年にシンガポールで
開催を始め、台湾、バンコク、香港で実施。現地での日本の食文化を実体験を通じ、「行ってみたい
日本、もう一度行きたい日本へ。」という気持ちを醸成するためのイベントで、今回は台湾、上海、
香港、シンガポールで10月より順次開催します。そのうち台湾、上海、シンガポールのJRWは
ビジット・ジャパン官民連携事業と連携したイベントとして行います。
今回の取組では、店舗来店者に日本の食材や食文化、食材の産地及び周辺観光地等の魅力を
伝えるとともに、各店舗で日本への旅行などが抽選で当たるキャンペーンやHAnaviの訪日旅行商品
のPRを実施します。また「地方の食の魅力を発見する旅行特集サイト」等のぐるなびの媒体でも情報
発信していきます。あわせて、旅行口コミサイトとも連携し、JRWや地方都市への旅行商品サイトへの
誘導を図ります。

※JNTOとの連携があるエリア

 

「地方の食の魅力を発見する旅行特集サイト」(運営ぐるなび)

上海(簡体字)

PC版:http://www.gudumami.cn/japan-trend-ranking/japantour/
スマホ版:http://www.gudumami.cn/s/japan-trend-ranking/japantour/
台湾(繁體字)
PC版:https://tw.sushiandsake.net/pr/japantour/
スマホ版:https://tw.sushiandsake.net/sp/pr/japantour/
香港(繁體字)
PC版:https://hk.sushiandsake.net/pr/japantour/
スマホ版:https://hk.sushiandsake.net/sp/pr/japantour/
シンガポール(英語)
PC版:https://sg.sushiandsake.net/pr/japantour/
スマホ版:https://sg.sushiandsake.net/sp/pr/japantour/

※サイトイメージ
※台湾(繁体字)サイトは10月1日公開、その他サイトは近日公開予定

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エイチ・アイ・エス
  4. >
  5. 日本食を通じた訪日旅行の地方誘致に向けて連携ビジット・ジャパン官民連携事業の一環として、現地の日本食レストランで、日本食の魅力を訴求し、訪日外国人の地方誘客促進