「GUARDIANセキュリティ サービス」のラインアップを拡充 

新サービス「メール無害化 サービス」を提供開始

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森晶久、以下キヤノンITS)は、2016年11月1日より「メール無害化 サービス」の提供を開始し、「GUARDIANセキュリティ サービス」のラインアップを拡充します。お客さまはメールセキュリティの課題に応じた選択の幅が広がりより安全なメール運用が可能になります。
メールのセキュリティ対策はいまや必須ですが、マイナンバーの取り扱いや標的型メール対策などメール利用業務に求められる課題も多様化しています。
キヤノンITSで提供する「GUARDIANセキュリティ サービス」は、誤送信防止や添付ファイル暗号化、マイナンバー漏えい検知などの課題に応じた6種のサービスメニューを提供してきました。今回7つ目のサービスとして「メール無害化 サービス」の提供を開始します。ラインアップを強化することで、お客さまの課題に応じたサービス提供とコスト最適化に貢献します。今後も、自社研究開発部門の成果による新サービスの投入や、戦略パートナーとの連携サービスなどニーズに応じてラインアップを拡張していく予定です。サービス事業者様に対しては、「GUARDIANWALL」と「GUARDIANセキュリティ サービス」のノウハウを提供し、付加価値の高いメールセキュリティ・サービス提供の支援を行ってまいります。キヤノンITSは「GUARDIANWALL」を中核としたセキュリティ事業で2020年に売上高100億円を目指します。

<「GUARDIANセキュリティ サービス」のラインアップ>

<メール無害化 サービスの価格>
サービス名 初期費用(税別) 月額プラン(税別) 年額プラン(税別)
メール無害化サービス 40,000円/ドメイン 400円/1アカウント 4,000円/1アカウント

※最低契約数は10アカウントからとなります。追加契約アカウント数は、月額プランは1アカウント単位、年額プランは10 アカウント単位となります。最低利用契約期間は1年間となります。

<メール無害化 サービスの概要>
本サービスは、下記の機能を提供します。
(1)メール無害化機能
   ①添付ファイルを除去し、添付ファイル内容(先頭から10KB)をテキスト化し本文へ挿入
   ②HTMLメールをテキストメールへ変換(テキスト化)。
   ③URLリンクを除去し、ハイパーリンクが無効なテキスト文字列に変換(HTMLメールのみ)
(2)オリジナルメール管理機能
   オリジナルメールは、本サービスで2週間保管され、Web管理画面から管理できます。
   ①オリジナルメールの閲覧
   ②オリジナルメールのダウンロード
   ③オリジナルメールの再配送
   ※2週間をこえると自動的に削除されます。(期間中は何度でもダウンロードや再配送可)
(3)ウイルスチェック機能
   受信メールにウイルスが含まれていないかチェックし、含まれていた場合はメールを削除し、
   通知メールを送信
(4)ホワイトリスト機能
   利用者が指定する信頼できる送信元(ドメイン/アドレス)のメールに対して、無害化処理機能を
   バイパスしメールを配送

<メール無害化 サービスのイメージ>



<GUARDIANセキュリティ サービスのラインアップについて>
・メール誤送信対策 サービス : 送信メールを保留して送信者や管理者が誤送信メールを削除
・添付ファイルZIP暗号化 サービス:添付ファイルを自動的に暗号化ZIPファイルに変換
・GUARDIANWALL サービス:フィルタリングやメール保存で情報漏えい対策やメール監査
・アンチスパム サービス:迷惑メールを遮断してウイルス感染のリスクを低減
・マイナンバー漏えい対策メール検知 サービス: マイナンバー情報を含むメールを検知
・標的型メール検知 サービス:標的型メールを検知し、メール件名に警告文を挿入
・メール無害化 サービス:受信メール無害化(添付ファイル削除、HTMLメールのテキスト化)
※GUARDIAN セキュリティ サービスでは、今後もお客さまのニーズに応えてサービスを拡張していく予定です。

<GUARDIANセキュリティ シリーズについて>
GUARDIANセキュリティ シリーズは、キヤノンITSが独自開発・販売を行っている企業向け情報セキュリティ対策製品・サービス群です。国内導入実績No.1(※)を誇る、メールフィルタリング/アーカイブソフト「GUARDIANWALL」をはじめ、Webフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」など、さまざまなセキュリティのリスク対策に役立つソリューションを提供しています。https://www.canon-its.co.jp/products/guardian/
(※)株式会社富士キメラ総研 2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧より
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノンITソリューションズ株式会社
  4. >
  5. 「GUARDIANセキュリティ サービス」のラインアップを拡充