『花椿』4月号は日本初・ヴィヴィアン・サッセン氏によるファッション特集 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

 創刊78年目を迎えた資生堂の企業文化誌『花椿』は現在、"こいする"や"きそう"など、ひとつのことばをテーマにビューティーやファッション、アート、カルチャーなど現代女性の美しく心豊かな生き方に寄与する情報をお送りしていきます。また本誌だけでなく、『花椿』ウェブサイトやスマートフォンに対応した『花椿』アプリを展開し、紙媒体と電子とが融合したコンテンツを随時提供しています。

▼ 花椿ウェブサイト
http://www.shiseido.co.jp/hanatsubaki/?rt_pr=tr283


 『花椿』 4月号のテーマは"Voyage"。 アートフォトグラファーとして世界的に注目を集める、オランダ人カメラマンのヴィヴィアン・サッセン氏による日本の雑誌初となる撮り下ろしのファッション特集です。テーマである"Voyage"をSightseeing=観光(光を観る*)と解釈し、京都を観光する外国人カメラマン、ヴィヴィアン・サッセン氏が、日本独特の光、メーキャップ、ファッション、ポージングを通して異次元な世界観を演出する旅のストーリーとしました。幼少期を過ごした自分の原点である東アフリカで撮影した作品で、世界的な評価を受けるヴィヴィアン・サッセン氏ならではの光の使い方、独特な色彩感覚、画面構成から、日本の新たな風景が見えてくるはずです。
 つづく、歌人・穂村弘の対談連載には美術ライターの橋本麻里が登場。美術を"翻訳する"、その仕事術に迫ります。短編小説連載Storyは多和田葉子による「インド・ゲルマンへの旅」。次から次へとさまざまな出来事に遭遇しては、人々と出会い別れてゆく旅の情景が浮かぶ私的な物語です。ほか、美術家・森村泰昌の「美の毒な人々」やイラストレーター・浅生ハルミンによる「きれいの顕微鏡」なども好評連載中です。どうぞお見逃しなく。(文中敬称略)
*観光という言葉の語源は易経からきており、「観光」=国の光を観る、国の輝かしい場所を観る、といった意味があります。

■Viviane Sassen(ヴィヴィアン・サッセン)
1972年アムステルダム生まれ。現在アムステルダム在住。アーネム王立芸術アカデミーにてファッションデザイン、写真を学ぶ。幼少期を東アフリカで過ごし、2002年よりアフリカでの撮影を開始する。現在、「i-D」「Dazed & Confused」「POP Magazine」、「Purple magazine」などの数々のファッション誌やメゾンのためのシューティング、ファッションブランドのキャンペーンを手がける。また写真家としても数々の写真集、世界中で開催される展覧会ともに高い評価を得ている。2013年には新作『Pikin Slee』『ETAN & ME』を続けて発表。同年にはヴェニス・ビエンナーレにおいて展覧会『LEXICON』を開催。2014年春にはオランダ写真美術館にて個展を開催し、同年秋には東京・恵比寿と東雲のG/P Galleryにて新作展を同時開催。2月3日~4月12日までロンドンのICA(Institute of Contemporary Arts)にて展覧会を開催中。http://www.vivianesassen.com/
*『花椿』2013年4月号~2014年3月号までの表誌を撮り下ろした。


■本誌の主なコンテンツ

Words / 大崎清夏 「うまれかわる」
Creation / 国の光を観る。もって王に賓たるに利ろし。 
Talk / 穂村弘×橋本麻里(美術ライター)
Science & Art / 天然美肌に軽々しあがる(マキアージュ)
Skincare / きれいの顕微鏡 テーマ:肌のバリア機能
Story / 多和田葉子「インド・ゲルマンへの旅」
Moment / 知っているようで知らない色の秘密。
Museum / 「椿会展2015―初心―」 資生堂ギャラリー
Binodoku / 森村泰昌連載美の毒な人々 テーマ:マレーネ・ディートリッヒ

■『花椿』
編集長:石井光学
アートディレクター:澁谷克彦
発行日:毎月5日
発行部数:10万部
発行形態:B5版、カラー44P
配布場所:全国百貨店の資生堂カウンター、資生堂ギャラリーなど資生堂関連施設、代官山蔦屋書店、ナディッフなど一部書店、VACANTなどイヴェントスペース

■WEB『花椿』
本誌特集をウェブならではの表現でより豊かに味わえるSpecialや、特集に協力いただいたクリエーターの創作の秘密に迫るInterview、そして過去の『花椿』を厳選してご紹介するArchiveを軸に、『花椿』の世界観を発信しています。
更新日:毎月5日、15日、25日

■スマートフォンアプリ『花椿』
本誌をそのまま読めるデジタル版『花椿』ほか、ビューティーページで実際に使用した商品の紹介などをiPad、iPhone、Androidでご覧いただけます。
更新日:毎月5日前後
※互換性、Android要件についてはウェブサイト上でご確認ください。

▼ 花椿ウェブサイト
http://www.shiseido.co.jp/hanatsubaki/?rt_pr=tr283

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr283
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 『花椿』4月号は日本初・ヴィヴィアン・サッセン氏によるファッション特集 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中