【LINE】タクシー配車サービス「LINE TAXI」、22都道府県へサービスエリアを拡大

東京版では多くのユーザーにご利用頂き、リピート利用率は34%を記録

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」 http://line.meにおいて、LINEアプリ上からタクシーを呼ぶことができるタクシー配車サービス「LINE TAXI(ライン タクシー)」のサービスエリアを22都道府県*1へ拡大いたしましたので、お知らせいたします。
*1:詳細は、詳細は、「配車エリア一覧」をご確認ください。
 


「LINE TAXI*2」は、外部アプリの追加インストール不要で、LINEアプリ上からタクシーを呼ぶことができるタクシー配車サービスです。ユーザーは、GPS機能の利用や建物情報の入力を行い、乗車位置を指定するだけで、タクシーを呼ぶことができます。
*2:「LINE TAXI」の詳細については、東京版公開時のプレスリリース( http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2015/901 )をご参照ください。    

2015年1月6日より東京版(23区内・三鷹市・武蔵野市)を先行公開して以降、LINE内からタクシーを呼べる手軽さと、
モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」との連携によるキャッシュレスでスムーズな支払フローなどの利便性が好評を得て、非常に多くのユーザーにご利用頂いております。2回以上サービスを利用したユーザーは全体の34%、さらに3回以上サービスを利用したユーザーは15%を超えるなど、高いリピート率を記録しています。

この度のサービスエリア拡大により、22都道府県において「LINE TAXI」の利用が可能となりました。特に、タクシーの通行料が少なく、配車依頼率が高い地方都市においては、従来のように電話でオペレーターに配車希望場所や目的地を説明する必要がなく、LINE上で手軽にタクシーを呼ぶことができたり、悪天候時などにスムーズに配車手配ができたりする本サービスは、幅広いユーザーのニーズに即したサービスであると考えられます。

なお、日本交通株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:川鍋一朗、以下日本交通)との提携により、東京版でサービス対象となっていた約3,340台の車両に加え、全国で日本交通が提携するタクシー事業者129グループが保有する合計約23,000台が順次対象となり、業界最高レベルのタクシー台数でサービス展開を図ってまいります。

LINEでは、今後も、ユーザーの生活に密着した様々な連携サービス・コンテンツを拡充することにより、スマートフォンライフにおける更なる利便性の強化を図り、事業展開を強化・加速してまいります。

【配車エリア一覧】


*上記一覧に記載されているエリア内でも、一部地域は対象外になる場合があります。
*配車エリアの詳細は、「LINE TAXI」内の地図上でご確認いただけます
*配車エリアは今後、順次拡大予定です。

(「LINE TAXI」利用にあたっての注意事項)
*利用には、「LINE」アプリの4.8.0以上へのアップデートが必要です。
*「LINE TAXI」の利用には、「LINE Pay」への登録および、クレジットカード登録が必須となります。
*乗車料金の他に、各タクシー会社の定める配車料金が徴収されます。

 


■LINE公式ブログ関連記事: http://official-blog.line.me/ja/archives/23384934.html

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. LINE株式会社
  4. >
  5. 【LINE】タクシー配車サービス「LINE TAXI」、22都道府県へサービスエリアを拡大