株式会社ケンコー・トキナーと大阪芸術大学による産学協同開発のカメラバッグ、CP+に出展。

2月25日(木)~28日(日)、パシフィコ横浜にて

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都、代表取締役社長:山中 徹)は、学校法人塚本学院 大阪芸術大学(大阪府、学長:塚本 邦彦)との間で、カメラバッグの産学協同開発を行っています。
2015年4月より進めていた企画の中で、3つの試作品が完成しました。
パシフィコ横浜にて平成28年2月25日(木)~28日(日)に開催される、カメラと写真の総合展示会「CP+2016」にて発表いたします。
株式会社ケンコー・トキナーは、カメラと写真の総合展示会CP+(シーピープラス)のケンコー・トキナーブース(ブースNo.G-37)にて、産学協同開発によるバッグの試作品を展示するとともに、その作品コンセプトをステージにて開発を行ったデザイン学科生、開発に使う側の立場で参加した写真学科生とともに発表して参ります。

株式会社ケンコー・トキナー、大阪芸術大学との産学協同開発発表内容

 展示:
ランナーやサイクリングをする人へ向けた「アクティブカメラバッグ」他3種。

 

発表:
ケンコー・トキナーブースステージにて
2月27日(土)13:00-13:30
出演: デザイン学科学生3名 写真学科学生2名

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ケンコー・トキナー
  4. >
  5. 株式会社ケンコー・トキナーと大阪芸術大学による産学協同開発のカメラバッグ、CP+に出展。