相互マッチング型就活サイト「JOBRASS新卒2014」モニターアンケート  4月の就職活動の進捗・内容における調査

~就職活動を振り返って「満足」は4割弱。「不満」を8.2ポイント上回る~

総合人材情報サービスの株式会社アイデム(代表取締役:椛山 亮 本社:新宿区新宿/http://www.aidem.co.jp)は、展開する新卒向けの相互マッチング型就職活動サイト「JOBRASS(ジョブラス)新卒2014」にモニター登録している学生を対象に、就職活動についてのアンケート調査を実施しました。男女計328名の回答から、4月の就職活動の進捗状況や活動内容を調査し、就活生の実態を明らかにしています。
main image

【4月のトピックス】就職活動を振り返って
・就職活動を振り返って「満足」は4割弱。「不満」を8.2ポイント上回る。
・内々定獲得者は「内々定先に納得していないので、就活を継続する」が65.0%。

【4月の就職活動状況】
・就職活動ステータスは「面接・試験段階」が40.5%、内々定獲得者は合計46.0%
・「就職活動を終了した」学生は、就職活動を振り返って「満足」が87.4%
・平均内々定数は「2.12社」、「第一志望の企業」からの内々定も43.0%

4月までの就職活動を振りかえり、今後についての動きを聞いてみました。就職活動についてどのように感じているかは、「満足」・「どちらかといえば満足」をあわせ38.7%が「満足」と感じています。一方「不満」・「どちらかといえば不満」もあわせると30.5%にのぼりますが、満足が8.2ポイント高い結果となりました。
5月以降の就職活動について、内々定獲得者に聞いたところ、「内々定先に納得しているので、就活を終了する」が35.0%、「内々定先に納得していないので、就活を継続する」が65.0%となり、まだまだ就職活動を継続する学生が多いことがうかがえます。

 

4月の就職活動のステータスでは、選考が最終局面に移行し「内々定獲得」24.4% 「内々定を獲得したから就活は終了した」は21.6%となりました。既に内々定を獲得している人は46.0%に達し、
内々定獲得」「内々定を獲得したから就活は終了した」の計は、3月と比較して32ポイント上昇しました。「就活を終了した」又は「内々定獲得」と答えた学生の平均内々定数は2.12社、男性の平均が2.31社に対し女性は1.88社と2社を割っています。


【調査概要】
調査目的:就職活動準備における、就活生の実態を明らかにすること
調査対象:相互マッチング型就活サイト「JOBRASS新卒2014」のモニター会員
      (2014年卒業予定で現在大学・大学院・短大・専門学校に通っている、
                    一般企業などへの就職を希望している学生)
調査方法:Web上でアンケート回答
実施期間:2013年4月30日(火)~2013年5月7日(火)
調査回答:有効回答数328名(内 男性172名 女性156名)
※本調査は小数点以下第2位を四捨五入しているため、結果が100.0%にならない場合があります。

<本件に関する報道関係者のお問合せ先>
株式会社アイデム広報担当:門、望月TEL:03-5269-8780 / E-mail:kouhousitu@aidem.co.jp

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アイデム
  4. >
  5. 相互マッチング型就活サイト「JOBRASS新卒2014」モニターアンケート  4月の就職活動の進捗・内容における調査