早期ヘッドライト点灯で予防安全を~早期ヘッドライト点灯推進特設サイト「JAF Safety Light」公開~

JAF
main image
 JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は11月10日、薄暮・夜間時の交通事故防止を目的に、ドライバーへ早めのヘッドライト点灯を呼び掛ける特設サイト「JAF Safety Light」を公開しました。

 薄暮時はものが見えにくくなり、見落としを原因とする交通事故が多発する時間帯となっており、ヘッドライトを点灯して自分の存在を知らせることが事故防止に有効となります。しかし、本年8月にJAFが実施した「ヘッドライトに関するアンケート調査結果」では、早めのライト点灯が「スモールライト点灯」に留まるドライバーも多く、またその判断基準はそれぞれが感じる「周囲の暗さ」であることから「点灯タイミングが明確でないことに困る」とするドライバーが多いことが判っています。

 JAFではこのような実態を踏まえて、早期ヘッドライト点灯の必要性を中心とした灯火類全般に関する知識や使い方等に関する情報提供を行う特設サイトを公開しました。
 本サイトでは、都道府県毎の日の入り時間と連動した点灯推奨時間や過去にJAF会員向け機関誌「JAFMate」で実施した灯火類に関するユーザーテスト結果等も取り上げています。

 今後は「ヘッドライト点灯状況全国調査」をはじめとし、灯火類全般に関する情報提供を行いコンテンツの充実を図るとともに、全国で実施している交通安全講習会等で広く啓発を行い、薄暮・夜間時の交通事故防止を目指して参ります。

◇JAF Safety Light ヘッドライトの使い方交通安全情報サイト
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety_light/index.html
◇ヘッドライトに関するユーザーアンケート調査
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/environment/enq/2014_08.htm


【背景】
 平成25年の月別交通事故死者数は10月から12月にかけて増加傾向を示し(平成25年の交通事故死者数のうち同年10月から12月にかけての交通事故死者数が占める割合は29.7%)、中でも12月は最も多い数となっています(平成25年の交通事故死者数のうち同年12月の交通事故死者数が占める割合は11.2%)。また、時間帯別死亡事故の発生状況では16時~19時台までが他の時間帯と比べて突出しているのも特徴とされています(時間帯別死亡事故件数のうち、16時~19時台の死亡事故件数が占める割合は24.1%)。※出典:警察庁
 これは、季節により薄暮時間帯が変動し、クルマの利用時間と歩行者や自転車利用者の時間帯が重なることが原因の一つとされ、その対策として車の被視認性の向上が有効とされています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. JAF
  4. >
  5. 早期ヘッドライト点灯で予防安全を~早期ヘッドライト点灯推進特設サイト「JAF Safety Light」公開~