「fico」×『MonoMax』限定レザー長財布で”デキる男”完成!

モノ雑誌人気No.1『MonoMax』3月号は2月10日(水)発売です!

雑誌『MonoMax』と人気の皮革小物ブランド「fico」がコラボレーションしてレザー長財布を製作。収納力抜群なのにスリムな長財布は、デキるビジネスマンにぴったりです!完全別注品のため、予約分は既に完売。WEB販売用にキープしている在庫も残りわずかとなりました。詳細は話題のトピックス満載のニュースサイト『treasures』でご覧ください!
ビジネスマンにとって重要な小物、財布。人は見た目が○割、というタイトルの新書の流行も記憶に新しいですが、いくら仕事の腕が立っても、支払いの時にチープな財布を取り出すと見くびられてしまうかもしれません。

そんな気が抜けない小物、財布ですが、ニュースサイト『treasures』では「fico(フィーコ)」と『MonoMax』がコラボして作り上げた、大人の男にふさわしい長財布を見つけました。

「fico」とは、モノ雑誌『MonoMax』の恒例企画である“最優秀モノ”でも数々の受賞歴を誇る皮革小物ブランド「GANZO」の姉妹ブランド。素材選びから裁断や縫製といった一連の製造工程を熟練職人が手がけた、高品質なメイド・イン・ジャパンの皮革小物がそろいます。
 


 

『MonoMax』別注企画第6弾として誕生したのは、8レイヤー長財布。注目すべきポイントは、その収容力です。
 



内部に設けられた収納スペースは8ヵ所。カード用ポケットも12ヵ所作りました。小銭入れは取り出すさにも配慮して、片方だけ笹マチ式の仕上げに。たくさん入れてしまった時にも対応できるように、財布を留めるホックも2個取り付けています。
 



そんな収納力を感じさせないスリムな見た目も魅力。素材で使用したコンチャレザーは、「二度なめし」という手法で、ワックスを革の内側にも外側にも浸透させたもの。磨くとイタリアンレザーを彷彿とさせるようなツヤが生まれます。容量が大きいにも関わらず、スッキリとしたシルエットが実現させられたのも、丈夫でしなやかなコンチャレザーのお陰なのです。
 



こちらの8レイヤー長財布は『MonoMax』完全別注品のため、予約分は既に完売。WEB販売用にキープしている在庫も残りわずかとなりました。
今年はますます腕が立つビジネスマンを目指したいという方も、これを胸元から出せば、とりあえず形は”デキる男”を気取れるはず!完売前に『宝島社ストア』のチェックをお忘れなく。

「fico」×『MonoMax』/8レイヤー長財布
http://store.tkj.jp/shopdetail/000000000961/ct278/page1/recommend/

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドトピックスが満載のニュースサイト『treasures』/
http://treasurenews.jp/archives/11567/


 

 



『MonoMax』3月号(宝島社)
定価:850円(税込)
2016年2月10日(水)発売
※左は『MonoMax』2月号表紙

 

 

 

 


 


 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 宝島社
  4. >
  5. 「fico」×『MonoMax』限定レザー長財布で”デキる男”完成!