【イベント案内】フィリピン現地報告会 『復興への道のりを支えて-台風30号から9カ月』 8/22(金)10時30分~ 

被災地タクロバンで活動した日本人職員の報告

学校再開の日、元気に登校する子どもたち(2014年1月撮影)©UNICEF Philippines/2014/JReyna



公益財団法人 日本ユニセフ協会(会長:赤松良子)は、8月22日(金)、ユニセフハウス
(東京都港区)で、前ユニセフ・フィリピン事務所 井本 直歩子 教育専門官による現地
報告会を開催いたします。


2013年11月8日にフィリピン中央部を襲った史上最大規模といわれた台風30号。子ども
590万人を含む1,400万人が被災し、400万人が家を失うなど、甚大な被害をもたらしました。
あれから9カ月。日本のみなさまを含む国際社会からの支援を受け、被災地は復興への長い
道のりを歩んでいます。ユニセフは被災直後から、子どもたちに感染症予防のための
予防接種活動の実施、安全な飲料水の提供、心のケア、学校の再開などの支援事業を行って
きました。

被災から1カ月経った2013年12月から2014年7月まで、ユニセフ・教育専門官として、
最大の被災地であったレイテ島のタクロバン現地事務所で勤務されていた井本直歩子氏の
帰任にあたり、ユニセフ・フィリピン現地報告会を開催いたします。教育専門官である
井本氏は、教育部門全体の支援調整と情報取りまとめを担い、被災地の教育復興に従事
されてきました。

お母さんのお墓を毎日訪れている兄弟。(2014年3月撮影)© UNICEF/NYHQ2014-0261/Pirozzi


「子どものストレスを軽減するためにも、できるだけ早く学校を再開させ、トラウマ
(心的外傷)を取り除くための授業をしていく必要がありました」と、赴任直後に語った
井本氏。被災から2カ月ほどたった1月6日、新学期がスタートし、ほとんどの学校が一斉に
再開され、子どもたちの笑顔を見たときには、とてもうれしかったと言います。


報告会では、被災直後と現在のタクロバンの様子、子どもたちが直面している課題と
ユニセフの教育や心のケアの取り組み、また現地で行われている防災・減災教育についても
ご報告いただく予定です。


なお、被災直後から当協会はフィリピン台風緊急募金の受付を開始し、これまでに国内の
個人・企業・団体・学校のみなさまから、11億1,920万8,970円(2014年8月4日時点)を
お預かりいたしました。あたたかいご支援をお寄せいただいたみなさまに心よりお礼
申し上げると同時に、現地での活動をご報告させていただきたく存じます。

報道関係のみなさまにおかれましては、本報告会のご取材にくわえ、開催告知にもご協力を
いただけますよう、お願い申し上げます。


+ + +

● ユニセフ・フィリピン現地報告会 ●
『復興への道のりを支えて-台風30号から9カ月』

日時:2014年8月22日(金)10時30分~11時45分(開場:10時00分)
場所:ユニセフハウス1階ホール
(〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 JR品川駅または都営浅草線高輪台駅より徒歩7分)

前 ユニセフ・フィリピン事務所 教育専門官 井本 直歩子氏


登壇者:前 ユニセフ・フィリピン事務所 教育専門官 井本 直歩子(いもと なおこ)氏
プロフィール:
東京都出身。ユニセフ・スリランカ事務所教育担当官(2007~2010年)、ハイチ事務所
教育担当官(2010~2012年)として勤務。2013年12月から2014年7月まで、フィリピン事務所
にて、台風30号で被災したタクロバンで教育部門の支援を担当。2011年4月には、東日本
大震災の緊急・復旧支援活動に応援派遣、教育部門の支援を担当した。アトランタ五輪
(1996年)競泳代表選手・400メートル自由形リレーで4位入賞。




◆お問い合わせ先:日本ユニセフ協会 広報室行◆

TEL:03-5789-2016  FAX:03-5789-2036 jcuinfo@unicef.or.jp


■ご芳名:
■貴社名:             ■ご所属部署名等:    
■TEL:           ■FAX:
■携帯電話: ■E-mail:
■撮影  □ あり (スチール/ムービー)  □ なし


※準備の都合上、ご参加をご検討いただけるみなさまにおかれましては、8月22日(金)
午前9時までにお申込をいただけますようお願い申し上げます。空席があれば、当日の
ご参加も可能です。




■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会
のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ
活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人日本ユニセフ協会
  4. >
  5. 【イベント案内】フィリピン現地報告会 『復興への道のりを支えて-台風30号から9カ月』 8/22(金)10時30分~