【株式会社ゴールドウイン/株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン】シチズンサイエンス社(仏)とラグビー向けウエアラブルセンシングテクノロジーの共同開発で合意

効果的なフィジカルトレーニングやゲーム戦術に活用可能なチーム全員の生体情報をリアルタイムで計測

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)およびグループ会社である株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン(本社:東京都新宿区/社長:森本邦夫)は4月16日、シチズンサイエンス社(仏)とウエアラブルセンシングテクノロジーを利用し効率的なトレーニング、試合戦術を実現するための計測ディバイスを搭載したゲームシャツとソフトウエアの共同開発を行うことに合意しました。
また、フランスの都市・青少年・スポーツ大臣 パトリック・カネール氏とティエリー・ダナ駐日フランス大使が立ち会いのもと、署名式が執り行われました。

※写真後列左から

ティエリー・ダナ駐日フランス大使
パトリック・カネール都市・青少年・スポーツ大臣
パスカル・フュルス 在日フランス大使館貿易投資庁・ビジネスフランス参事官 貿易部長

 ※写真前列左から
株式会社ゴールドウイン 代表取締役社長 西田明男
シチズンサイエンス社長  ジャン=リュック・エラン氏
株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン 代表取締役社長 森本邦夫


今回、共同開発するのは効果的なトレーニングや試合戦術の分析を行うために、GPS機能に加え、十数種類の生体と活動情報をリアルタイムで、しかもチームメンバー全員(最大25名)のデータを計測することが可能な計測ディバイスを搭載したラグビー用シャツとソフトウエアです。

ラグビーはチームスポーツの中でもランやタックル、スクラムなど激しい体のぶつかり合いや高い運動パフォーマンスが要求されます。リアルタイムで個々の選手の状況を把握することはチーム力を引き出す上で有効であり、このウエアラブルセンシングテクノロジーによって得られるデータをフィジカルトレーニングやゲーム戦術に活用し、チーム強化につなげることが可能となります。

 「スポーツのある豊かな暮らしを築きあげること」を企業理念としている当社は、この共同開発を通じて新たなスポーツウエアの価値を提供し、すべてのスポーツを愛する方々をサポートしていきたいと考えています。


*シチズンサイエンス社
スマートファブリックの概念と開発を専門として2008年に設立されたフランスの会社です。
マイクロセンサは、着用者の体温、心拍数、速度、位置、加速度の監視を可能にする、ファブリック内に取り付けています。
企業のコンソーシアムによって行われ、強くBPIフランスでサポートされているスマートクロージングと呼ばれる工業用織物プロジェクトを、リード。プロジェクトの使命は、開発、概念化、そしてフランスのスマートファブリック産業を開発することです。
プロとアマチュアの両方の選手がスマートクロージングプロジェクトの最初のターゲットオーディエンスです。

 
*株式会社ゴールドウイン
1951年、富山県小矢部市にメリヤス製造所として創業。
「スポーツのある豊かな暮らしを築き上げること」を企業理念とし、社名ブランドの「GOLDWIN」の他、ライセンスとして「エレッセ」、「チャンピオン」、「ザ・ノース・フェイス」、「ヘリーハンセン」等の有力ブランドのスポーツウエア、スポーツ用品を製造・販売をしています。

 
*株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン
株式会社ゴールドウインのグループ会社で日本国内において「カンタベリーオブニュージーランド」のラグビージャージやスポーツウエア、カジュアルウエアの製造・販売をしています。カンタベリーブランドはニュージーランド カンタベリー州にてウールニットメーカーとして創業。日本代表やイングランド代表、アイルランド代表など世界のトップチームへユニフォーム供給するなど、世界中のラガーマンに愛用され、信頼されているブランドです。
*「カンタベリーオブニュージーランド」 WEBサイト  http://www.goldwin.co.jp/canterbury/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ゴールドウイン
  4. >
  5. 【株式会社ゴールドウイン/株式会社カンタベリーオブニュージーランドジャパン】シチズンサイエンス社(仏)とラグビー向けウエアラブルセンシングテクノロジーの共同開発で合意