新井風愉監督によるスペースシャワーTVの新STATION IDが 7月13日よりオンエアスタート

APOGEEのニューアルバム収録曲「 Twilight Arrow 」を用いた、日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVの新STATION ID「Clash Dance/Flash Face」7月13日よりオンエアスタート!
main image
本格再始動したAPOGEEのニューアルバム収録曲「 Twilight Arrow 」を用いた、日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVの新STATION ID「Clash Dance/Flash Face」が完成いたしました。今回の作品は、同じく本日解禁されたAPOGEEの新作ミュージックビデオ 「Twilight Arrow 」を手掛けているロボット所属の映像作家 新井風愉氏の演出によるもので、ミュージックビデオの世界観を踏襲しながら、ミュージックビデオとは異なる構成や振り付けで、音楽と映像の一体感を表現しています。

本作品は、7月13日よりスペースシャワーTVの番組間でランダムにオンエアいたします。

別々の場所で踊る男女を1枚のガラス板に映し、その像を実際に撮影したものです。光のコントロー ルにはプロジェクターが用いられました。アナログな手法ならではの映像のゆらぎと音楽との一体感がおりなす一瞬を捉えた作品となっています。

▼APOGEE
2003年に結成された、永野亮(Vo. & G.)、間野航(Dr. & Cho.)、大城嘉彦(Syn. & G.)、内垣洋祐(Ba. & Cho.)の4人からなるバンド。
2006年にSingle「夜間飛行」でデビュー以降、「Fantastic」「Touch in Light」「夢幻タワー」と3枚のAlbumを発表。2014年8月6日に、5年振りとなる待望のニューアルバム「OUT OF BLUE」をリリースする。
徹底的に作り抜かれた無駄のないスリーピースと圧倒的な存在感を放つシンセサイザーの音色に、純粋に美しい歌声とメロディが創り出すユニークなサウンドは、ロックという形だけにとどまらない普遍的な「歌」としての心地よさをも併せ持つ。ニューウェーブ等80年代音楽の色濃い影響を受けながらも、ブラックミュージックやエレクトロニカを含めた数多くの音楽要素をハイブリッドさせた彼らの音楽は現在も多くの人々から支持されている。
http://apogeepoint.com

▼新井風愉(あらいふゆ)
映像作家/CM ディレクター。1979年生まれ。武蔵野美術大学映像科卒。2002年からROBOT所属。佐川急便TVCMなど話題のCM・映像作品の演出を多数手掛ける。永野亮 のMV「はじめよう」で文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞、ネピア「Tissue Animals」でアヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ、One Showシルバー、ADFESTブロンズなどを受賞。
http://araifuyu.com

-----STATION IDとは
番組間で 放送されるステーション(放送局)のアイデンティティやメッセージを伝えるイメージ映像。番組では表現できない部分を補い、時には凝縮してスペースシャワーTVを視聴者に伝えます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社スペースシャワーネットワーク
  4. >
  5. 新井風愉監督によるスペースシャワーTVの新STATION IDが 7月13日よりオンエアスタート