【H.I.S.SNS 旅トレンド調査・特別編】映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」連動企画 台湾人がオススメ観光地を厳選!行ってみたい“台北以外”の観光スポット5 選

1 位は空に一斉に打ちあがる天燈(ランタン)が幻想的な“あの”人気イベントが開催される街

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下H.I.S.)は、現地台湾人がお勧めする観光スポットから、日本に住むお客様に「行ってみたい」と思うスポットに投票頂くキャンペーンを実施しました。海外旅行先として人気の台湾は、一般的に最大都市「台北」の情報が多いのですが、現地に住む台湾人だからこそお勧めできる台北以外の魅力溢れるスポットが上位に並びました。そのランキング結果を発表します。
尚、今回の投票は、2016 年春に公開予定の、日本文化を好む台湾人女性と、日本人男性の恋愛を描いたノンフィクション映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。(以下ママダメ)」にH.I.S.が協力していることから、現地に住む台湾人映画スタッフに台北以外のお勧め観光スポットを厳選して頂き、H.I.S.のSNS ファン(※1)と、映画協賛パートナーである株式会社ディノス・セシールの「ディノス」会員に投票いただきました。
\台湾人がオススメ観光地を厳選!行ってみたい“台北以外”の観光スポット5 選/:http://bit.ly/1Jf2qVy
 

 本キャンペーンでは、台湾北部にある台湾最大で深緑色が美しい淡水湖、「日月潭(にちげつたん)」や、幾度とない地殻変動により出来上がった岩層が美しい、台湾中部にある自然豊かな「太魯閣(たろこ)渓谷」、100 を超える屋台が並び深夜2 時頃まで賑わう六合夜市(ろくごうよいち)が有名な台湾南部に位置する都市高雄(たかお)など、台北以外の魅力溢れるスポットが候補に並びました。

  以下、ランキング結果となります。
  本キャンペーンの結果を受け、1 位に輝いた十分(じゅうふん)での天燈(ランタン)上げ体験をツアーに盛り込んだ新商品を造成し販売いたします。今回のランキングを参考に、ぜひ台北以外の街の魅力を楽しんで頂ければと考えております。

≪投票キャンペーンランキング結果≫
1 位 【ノスタルジックな街巡り】台北郊外に位置する平渓(へいけい)エリアの十分(じゅうふん)、深坑老街(しんこうろうがい)、猴硐(ほうとん)猫村
 台北の隣に位置する新北市・平渓エリアのお勧めスポットが堂々第1 位に輝きました。賑わいを楽しむだけでなく、旅の合間にノスタルジックな気分になれる街を気軽に巡れる、これも台湾の魅力の一つです。そこで最初のお勧めスポットが十分。台北から電車で1 時間半程の距離にあります。単線のすぐ脇に並ぶ商店、1 時間1 本しか電車が来ない線路を行き交う人々、加えて名物の天燈(ランタン)上げも情緒抜群です。続いて、十分からまっすぐ西に位置する深坑老街。十分から深坑老街まではバスで約1 時間です。赤レンガの建物が並ぶ深坑老街は豆腐の街としても有名です。台湾B 級グルメの筆頭格、臭豆腐にも是非チャレンジしてみてください。そして3 つめが、今、世界から“猫好きが集まる村”として注目を集める猴硐。ここは深坑老街とは逆に十分をまっすぐ東、十分からは電車で20 分程、台北からは40 分程の距離に位置します。かつて炭鉱で栄えた村は、今や猫と、商店が扱う猫グッズで猫村の名に恥じない癒しスポットとなっています。賑やかな台北とは異なりノスタルジックな雰囲気漂う街が票を集め、堂々1 位という結果となりました。中でも夜空に舞う天燈の景色が人気でした。
【お客様の声】・ノスタルジックなこの街、興味津々です。
・すごくきれいで大好き。何度やっても神秘的。お祭りの時にまた行きたい。

1 位を記念して、十分でH.I.S.オリジナルイベント・夜の天燈(ランタン)上げ体験付き特別ツアー登場!

1 位に輝いたのは、ノスタルジックな雰囲気が楽しめる十分、深坑老街、猴硐猫村の平渓エリアです。賑やかな台北から電車で1 時間半程度と、程近い位置にありながらも、情緒溢れる街並みが広がります。中でも注目を集めたのが、十分で行われる天燈(ランタン)上げです。天燈に自分の願いを書いて火種の紙に火をつけ、天燈が熱気で膨らみ始めたら空へと飛ばす、台湾の伝統文化です。うまく飛ばすことができれば、願い事が叶うと言われています。夜空に一斉に打ち上がる天燈(ランタン)は圧巻で、また幻想的な雰囲気を醸し出します。

皆で夜空に一斉に天燈(ランタン)を打ち上げよう!台湾料理含む6 回の食事付!
台湾北部の台北・九フン・十分3 都市周遊
【成田発着】ファンタスティック台湾4 日間 http://bit.ly/1RR34LP 3.98 万円~4.98 万円
※年に一度、十分で開催される「平渓天燈節」に参加するツアーではありません。H.I.S.オリジナルイベントにて天燈上げを体験頂きます。
 

2 位 【海の絶景&温泉の旅】台湾北部の人気スポット、野柳(やりゅう)、金山(きんざん)温泉

台北市街を巡るだけでは物足りない、という方にお勧めのスポット、台北市のお隣、台湾最北部の新北市にある野柳と金山温泉で、海の絶景を楽しんだ後、金山温泉でゆっくりと一日の疲れを癒すプランがお勧めです。台北からバスで「金山方面行」に乗り1時間半程、野柳にある野柳地質公園は、風化や海により浸食されてできた奇岩が立ち並び、風光明媚な景色が広がります。気の遠くなるような年月の海蝕、風蝕を経て作られた芸術的な海岸景色にも、圧倒される事間違いありません。
ひとしきり景色を堪能した後に向かうのは、野柳のほど近くにある金山温泉。九州ほどの広さの国土に100箇所以上の温泉地を持つ温泉天国・台湾にあって、金山温泉はアクセスの良さに加え、4種類の源泉を満喫できる温泉地として人気です。日本式から大規模なスパまで、施設の豊富さも嬉しい、オススメのスポットです。行ったことがある方から「また行きたい」という声を多く集め、2位にランクインしました。
【お客様の声】
・行きました!あと5年は持たないかもと言われているので行っておいて良かったです。また行きたい!
・野柳は一度行ったけど、すごく良かったなぁ。その時は帰りに基隆夜市に寄ったのだけど、今度は金山温泉とセットっていうのもいいな!
 

3位 【台湾のビーチリゾートを満喫】台湾島最南端、
墾丁(こんてい)

 沖縄より南に位置しており、暖かい国として知られる台湾ですが、観光地としては台北や高雄といった都市部がメジャーであり、ビーチリゾートとしての台湾はあまり認知されていないかも知れません。そんな中、台湾随一のビーチリゾート、墾丁が堂々3位にランクインしました。
 台北からは新幹線を使えば2時間程度で行く事ができます。サーフィンのメッカでもある墾丁は白砂の美しい海、近くには生い茂った熱帯林や神秘的な鍾乳洞などがあり、まさにアジアのビーチリゾート。水族館や夜市もあり観光スポットには事欠きませんが、中でも「日落海岸(サンセットコースト)」と呼ばれる墾丁でみる夕日はお勧めです。南の島のような、青く綺麗な海を楽しみたいという声が多く寄せられました。
【お客様の声】台湾にもこんな綺麗な海あるんですね。個人でも行ってみたいですね。
 

 

4位 【台湾南部巡り】台北に劣らぬグルメ・名所の宝庫!六合夜市(ろくごうよいち)、神農街(しんのうがい)、東港(とうこう)
 台湾南部は、かつてのオランダ統治時代、日本統治時代と西洋と東洋の文化が交わった歴史があり、結果、台北に劣らない多くの観光スポット、グルメが生まれました。そんな台湾南部のお勧めスポットひとつ目は、国際空港のある高雄。台湾南部と言えば高雄、高雄といえば六合夜市、という定番スポットです。高雄市街の中心にあるアクセスの良さ、賑わい、シーフードの豊富さから、ぜひ訪れたいスポットです。そして高雄から特急列車で30分程の台南、そこからタクシーで20分もあれば神農街へ行く事ができます。台南の最新エリアである海安路から小さな路地・神農街に入れば、築200年も越えようかという建物が並ぶ町並み、燈籠でライトアップされる夜は必見の美しさです。最後に特にお勧めなのが東港。この港はマグロの水揚げで有名で、市場付近では日本の食通も唸らせる黒マグロのお刺身に舌鼓を打つことができます。行ってみたいという声の他、南部経験者の「ぜひ皆にお勧めしたい」という熱い票を集めました。
【お客様の声】南部の方がお勧めです!天気はいいし美味しい物もたくさんありますよ!台北だけではなく、南に是非来てみてほしいです!
 

5位 【台北近郊の定番スポット巡り】基隆(きりゅう)の廟口夜市(びょうこうよいち)&九フンの観光スポット巡り

台湾北部で、台北と並ぶ人気の観光エリアの基隆と九フン。台湾南部の高雄に次ぐ台湾第2の港町として有名な基隆でお勧めなのは廟口夜市です。情緒満点の市場を囲む黄色い提灯、天婦羅と呼ばれる台湾風薩摩揚げ、鰻のフライなど名物グルメの数々。また、基隆から程近く、数々の映画の舞台として有名な九フンも、台湾のお勧めスポットとしては外せません。海外の映画賞を受賞した台湾映画の舞台となった事で、台湾国内でも観光地としての地位を確立しました。日本の人気アニメ映画の舞台になったともいわれ、高い知名度を誇ります。この九フンで楽しむのは、情緒溢れる古い建物が織りなす懐かしい空気と、その雰囲気をゆっくりと堪能させてくれる茶芸館の数々。台北からの日帰り観光スポットして知られる基隆、九フンですが、台湾旅行のメインにおいても十分楽しめます。
【お客様の声】すごくロマンチックな感じがするから、是非行ってみたい!

【H.I.S.SNS旅トレンド調査・特別編】映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」連動企画
台湾人がオススメ観光地を厳選!行ってみたい“台北以外”の観光スポット5選:http://bit.ly/1Jf2qVy

 映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」公開前 H.I.S.×ディノス×クレディセゾン コラボプレゼントキャンペーン:
http://mama-dame.com/campaign1/





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エイチ・アイ・エス
  4. >
  5. 【H.I.S.SNS 旅トレンド調査・特別編】映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」連動企画 台湾人がオススメ観光地を厳選!行ってみたい“台北以外”の観光スポット5 選